• ホーム
  • 料理・レシピ
  • ダイソーメスティンで作る!湯切り不要、15分でできるトマトクリームパスタ

ダイソーメスティンで作る!湯切り不要、15分でできるトマトクリームパスタ

2020.08.10

私が書きました!
アウトドアライター
斎藤純平
キャンプに関する記事を中心に執筆しているアウトドアライター。趣味はキャンプ・国内旅行・バイク・スキューバダイビング。温泉や神社を巡るのも好きで、そこそこ詳しい自信あり。どこにも定住しない自由気ままな生活を目指すため、ライターとして活動している。

湯切り不要の超簡単レシピ

ダイソーメスティンはパスタ1束を茹でるのにちょうど良いサイズ感です。ただし、2つに折って入れる必要があります。

発売されると同時に大きな話題を呼び、今もなお入手困難な状態が続いているダイソーメスティン 。

今回はこのダイソーメスティンを使用して作る、「エビとベーコンのトマトクリームパスタ」のレシピをご紹介します。

パスタといえば、手軽に美味しく作れる料理の定番。しかし、野外でパスタを作る際にネックとなるのが「湯切り」です。炊事場があるキャンプ場であれば問題ないでしょう。炊事場までの往復が面倒なだけで済みます。しかし炊事場がない場所ではどうでしょうか。

今まで沸騰していたお湯をその辺に撒いて捨てるという選択肢は、自然を愛するキャンパーにはないはずです。そのような、お湯を捨てる場所がないシチュエーションでも作れるのが、湯切りのいらないパスタ。

今回ご紹介するパスタはお湯を捨てる必要がないだけでなく、材料もいたってシンプル、そして誰でも簡単に作ることができる料理です。

そしてもちろん、分量などはダイソーメスティンに合わせています。すでにダイソーメスティンを持っている方も、これから購入する予定の方も、ぜひこのレシピを試してみてください。

このレシピの材料

今回使用するすべての食材。

  • パスタ(1.6mm)…100g
  • むきエビ………….5尾
  • ベーコン………….20g
  • 玉ねぎ……………..1/4玉
  • ニンニク…………..1/2片
  • トマトジュース…200ml
  • 生クリーム……….50ml
  • 水…………………….50ml
  • 塩…………………….少々
  • コンソメ…………..小さじ1/2
  • オリーブオイル…大さじ2/1

このレシピの特徴は、湯切りがいらないことに加えて、とにかく手間を省いているところにあります。

むきエビを使用することで殻をむいたり手を洗う手間が省略され、トマトジュースを使用することにより、つぶれやすいトマトを持ち運ぶ必要がなくなります。

ゴミを最小限におさえるために、缶ではなく、パックのトマトジュースを選んでいることもポイントです。

生クリームは値段が高いので、牛乳とバターを混ぜて使用しても構いません。

食材の下ごしらえをする

下ごしらえはこれだけ。2分あれば完了します。

まずはすべての食材をカットします。それぞれのカットのしかたは以下の通りです。

  • 玉ねぎ……….荒めのみじん切り
  • ベーコン……1cm幅の短冊切り
  • ニンニク……みじん切り

カットするのはこれだけなので、家で済ませておくのもいいでしょう。

具材を炒める

ニンニクが底に焦げつかないように注意。

まずは、メスティンにオリーブオイルとニンニクを入れて、中火で炒めます。

ニンニクの色が茶色に変わってきたら、むきエビ・ベーコン・玉ねぎを投入し、玉ねぎがきつね色になるまでかき混ぜながら加熱してください。

このあとにトマトジュースを入れて茹でるので、この時点では生っぽくても大丈夫です。

炒め終わったら、トマトジュース・牛乳・水を入れ、続けて塩・コンソメを追加。

この段階で、パスタ以外の材料をすべて入れてしまいます。

この状態で、沸騰するまで待ちます。

なお、トマトジュースはドロドロしているため、激しく沸騰させると周りに飛び散る可能性があります。

やけどをしたり服を汚してしまう危険性があるので、火力はトマトジュースが静かに沸騰する程度に調整してください。

パスタを折って投入する

普通の長さのパスタを2つに折って、ギリギリ入りました。

トマトジュースが沸騰したら、茹でる前のパスタを2つに折って入れます。

パスタを折るときは、破片が周囲に飛び散らないように注意してください。ビニール袋などのなかで折ると確実です。

パスタを投入したら、パスタ同士がくっつかないように、柔らかくなるまで箸でかき混ぜます。

茹で具合にムラが出ないように、パスタを底の方からかき混ぜます。

パスタが茹で上がるまでは、メスティンの底に焦げ付くことがないように、たまにかき混ぜてください。

パスタが茹で上がったら完成

適度に水分が抜けて、ソースにとろみがついています。

パスタの袋に記載されている茹で時間が経過したら完成です。

底にたまっているソースをスプーンですくって上にかけると、見た目がつややかで美しく仕上がります。

お好みで粗挽きのブラックペッパーやバジルなどを加えると、さらに個性的で面白みのある味になるのでおすすめです。

時間がたつにつれてどんどん水分が抜けていくので、出来上がったら早めにお召し上がりください。

食材を切って入れるだけ!15分で作れるお手軽料理

別の皿に盛りつけてみました。

最小限の手間と短い時間で作れてしまう、エビとベーコンのトマトクリームパスタ。

材料が少ないので、荷物の量が限られているキャンプツーリングで作る料理としてもおすすめです。

一般的なメスティンよりも小型のダイソーメスティンに合わせたレシピではありますが、味が濃厚でソースにとろみがあるので、実際に食べると量が少ないと感じることはありません。

もちろんトランギアなどのメスティンでも、まったく同じレシピで再現できるのでぜひお試しください。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • ダイソーメスティンで作る!湯切り不要、15分でできるトマトクリームパスタ

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事