焼き杉で作るポータブル箱火鉢

2015.11.07

手指を温め、簡単な調理もこなす日本古来の暖房器具、火鉢。野外に持ち出せるサイズにアレンジしたら、体を外と中から温める和製ストーブになりました。

【材料】

DMA-_DSC3781

幅10×長さ80㎝、幅7×長さ140㎝、幅4×長さ80㎝の3種のスギ板(厚さ1㎝)、火鉢の縁につける補強用の細めの黒竹約40㎝、取っ手用の細い枝約20㎝、5㎜厚の耐火ボード約40×50㎝、5㎜厚の銅板約30×45㎝。

【道具】

DMA-_DSC3861

右から金属の指さし金がね、直線定規、のこぎり、金かな槌づち、木工用接着剤、釘頭が折れる隠し釘、ゴムバンド、ペンチ、鉈なた、クラフトナイフ、電動ドリル、サンドペーパー、釘大小各種、真鍮のワイヤー ブラシ、バーナー、カッター、金やすり。

【木枠展開図】

DMA-木枠展開図修正

【鉄板展開図】

DMA-銅板展開図

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。