【長野修平の 青空工房 第5回】 しなりと張りが決め手の 和製ホロテント | BE-PAL

  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 【長野修平の 青空工房 第5回】 しなりと張りが決め手の 和製ホロテント

【長野修平の 青空工房 第5回】 しなりと張りが決め手の 和製ホロテント

2016.09.10

竹の撓りを利用して、なんとテント作りに挑戦することにした長野さん。竹の器や小物は何百個と作ってきたものの、ここまでの大物(雨樋は除く)は初挑戦! どんなオリジナルテントができ上がるのでしょうか。

短物に鉈、長物割るなら専用機 竹を割るのに便利なのが、両刃の竹専用鉈と、 竹割り機(写真上段)。鉈は両刃だと左右均等 に割ることができる。柄と鉈に角度がないた め、杭の先端なども削りやすい。竹割り機は、 長い竹を均等な幅に割るための道具。今回は 6つ割り(直径18㎝¥5,000前後)を使った が、5つ割りから10分割りまである。どち らもホームセンターで購入可能。

短物に鉈、長物割るなら専用機
竹を割るのに便利なのが、両刃の竹専用鉈と、竹割り機(写真上段)。鉈は両刃だと左右均等に割ることができる。柄と鉈に角度がないため、杭の先端なども削りやすい。竹割り機は、長い竹を均等な幅に割るための道具。今回は6つ割り(直径18㎝¥5,000前後)を使ったが、5つ割りから10分割りまである。どちらもホームセンターで購入可能。

径4㎜のロープ、ショックコード (テントポールに使われているゴム)、 スーパーボール、仕上げ用紙やすり、 竹割り機、ポリエステル布(5×3m)、 竹びき鋸、竹鉈、クラフトナイフ。+ 竹、メッシュ布地。

径4㎜のロープ、ショックコード(テントポールに使われているゴム)、スーパーボール、仕上げ用紙やすり、竹割り機、ポリエステル布(5×3m)、竹びき鋸、竹鉈、クラフトナイフ。+竹、メッシュ布地。

竹加工の基本

キャプ36チャ

繊維が真っすぐな竹は、上に鉈を当て、木の棒や木槌で叩くときれいに割れる。ただし、節から遠いほうから鉈を入れること。

キャプ33チャ

細い竹を割り出したいときも、まずは2等分ずつに割っていくと左右均等に割れる。最初から細く割ろうとすると裂けやすい。

ポール作り

キャ55プチャ

竹の先端に竹割り機を当て、木の枝などで叩いて刃を入れる。

キャ66プチャ

刃が入ったら、足で竹を押さえながら刃を下に動かして割り進む。

キャプチ99ャ

堅くて進まない場合は、木などに端を当てて固定し、逆手で割る。

キャプ666チャ

 

割ったら節を落とす。鉈で軽く2~3回叩けば落とせる。

キャ6666プチャ

竹の割り口に鉈の刃を斜めに当て、前方に押し、ささくれを削る。

キ9999ャプチャ

竹の両端を斜めに削って杭状にし、土に差し込みやすくする。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 【長野修平の 青空工房 第5回】 しなりと張りが決め手の 和製ホロテント

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。