• ホーム
  • 自作・DIY
  • 【子育てパパ長野修平の青空日記vol.21】ランタンに行灯。和物で夏を先取り。

【子育てパパ長野修平の青空日記vol.21】ランタンに行灯。和物で夏を先取り。

2016.06.18

風を感じる風鈴、水が揺らめく金魚鉢。日本には古くから夏に涼を呼ぶ工夫が伝えられています。梅雨に入り、夏はもう目の前。懐かしさを感じる和の道具で、夏を先取りしてみませんか?

【金魚鉢ランタン】

材料

キャ2プチャ

ビーチグラス(なければビー玉 やおはじきなどでも可)、金魚鉢、 薬瓶(金魚鉢に入る瓶)、照明用の 電球&コード付きソケット、ひも。

キャ3プチャ

キャプチ6ャ

金魚鉢の中央に薬瓶を置き、その周りにビーチグラスを入れ隙間を埋める。底にもあらかじめ敷いておく。

キャプチャ9

中央の瓶に電球をセットしたソケットをかぶせ、動かないようその上にもビーチグラスを置いて固定する。

キャプ10チャ

鉢の周囲にひもを巻き、4か所に写真のようにひもを通す。その4本を上部で1本にまとめて吊るす。

完成!

完成!

ビーチグラスの透け感は照明にぴったり。水を入れて濡らすと、より透き通って、またひと味違う風合いになる。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 【子育てパパ長野修平の青空日記vol.21】ランタンに行灯。和物で夏を先取り。

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事