• ホーム
  • 自作・DIY
  • 【子育てパパ長野修平の青空日記vol.5】フルーツ絵の具であぶり絵画

【子育てパパ長野修平の青空日記vol.5】フルーツ絵の具であぶり絵画

2016.02.27

ミカンと炎で描くあぶり出しは、冬の遊びの代表格。あぶることで見えなかった秘密の文字や絵が現われる仕掛けは、子供のみならず、大人もワクワクするもの。そんなどこか懐かしい遊びに長野親子が挑戦してみました。

【ロールスクリーンを作る】

キャプチャ

1

酸味のあるフルーツを使用。皮を剥いてざく切りしたら、ガーゼに包んで果汁を搾る。リンゴは一度すってから搾ると楽。

キャプ2チャ

右からユズ、ミカン、キウイ、レモン、オレンジ、ピンクグレープフルーツ、リンゴ。微妙な濃淡は、まさに水墨画の世界!?

キャプチャ5

ロールスクリーンにするため、窓の大きさに合わせて紙をカット。まずはベースになる木の枝を黒い絵の具や墨汁で描く。あぶり出しが目立つよう、薄めにしておく。

キャ4プチャ

枝の周りにバランスよく果汁で葉っぱや花を描く。もちろん、子供の大好きなクマさんや意味不明(!?)な記号だって構いません!

キ6ャプチャ

水分が抜けるまで風通しのいいところで十分乾かす。丸まらないよう、下に洗濯ばさみなどを留めておもり代わりにするといい。

キ2ャプチャ

遠火で端からゆっくりとあぶっていく。紙が縮まらないよう、ピンと張りながらあぶるのがこつ。焦げには要注意!

Before

Before

After

After

あぶっていくと枯れ木にだんだん葉が生えてくるさまが楽しい。上下の縁をの¥りで貼り袋状にして竹を通すと、ロールスクリーンに!

【教えてくれた人】

DMA-_DSC4113

 

 

 

 

長野修平さん
枝、流木などの自然素材を用いたクラフトに定評があるネイチャークラフト作家。料理の腕もプロ級。

●過去記事
【子育てパパ長野修平の青空日記vol.4】子どものアートを飾ってファイリング2016年2月20日
【子育てパパ長野修平の青空日記vol.03】わら細工でエコライフ2016年2月13日
【子育てパパ長野修平の青空日記vol.02】雪中基地作り2016年2月6日
【子育てパパ長野修平の青空日記vol.01】寒い冬場はまきストーブでホッコリ!

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 【子育てパパ長野修平の青空日記vol.5】フルーツ絵の具であぶり絵画

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事