ホットサンドメーカーで簡単! キャンプで本格アップルパイ

2019.11.23

私が書きました!
料理家
華表由夏(とりい ゆか)
青森生まれ、東京育ちの36歳。地図好きがこうじて世界の郷土料理を出すお店を営む。その後、飲食店のレシピ開発や広告のスタイリング、料理教室などに携わる。『こどもDIY部』で子ども向けの教えない料理教室“タベルノクラス”を開催している。

季節ごとの食をdelivery華表由夏の子どもと作るキャンプ料理「ホットサンドメーカーでフロマージュアップルパイ」

キャンプでお馴染みのホットサンドメーカー。食パンを挟んで焼くだけで、どうしてあんなにも美味しくなるんでしょう。食パンだけではなく、肉まんを挟んで焼いたり、おもちを焼いたり、皆さんそれぞれにオリジナルレシピがありそうですね。

今日はパンではなく、冷凍パイシートを使って簡単アップルパイを作ります。キャンプでアップルパイといえば、ダッチオーブンで作ることが多いのではないでしょうか。意外と手間がかかりますよね。その手間も皆でつくると楽しいのですが、今すぐに食べたいときってありませんか?試しに、ふと手元にあったバウルーのホットサンドメーカーで作ってみたら、ふわっとキレイに焼きあがりました。以前にも紹介したことのある使い方なのですが、紅玉りんごをよく見かける時期になったので、パイの王様!?アップルパイで再度作ってみましょう。

アップルパイで思い出すのは、本の世界。幼いころの絵本にはじまり児童書や、有名な赤毛のアンでもアップルパイは登場しました。私が料理をはじめたきっかけは、本に出てくる料理を食べたかったからなんですが、失敗もたくさんしました。今振り返ってみると、パイ生地なんて手でこねすぎて、でろでろになっていたと思います。それでも自分で作ったお菓子に感激したものです。今でもアップルパイが出てくる本は沢山あるので、ぜひお子さんと一緒に作ってみてくださいね。オーブンがないおうちでも、コンロがあれば大丈夫!それでは作り方です。

材料

フィリング   リンゴ 1個 ※紅玉など酸味のあるものがおすすめ
        バター 5g
        砂糖  大さじ2(20gくらい)
        レモン汁 小さじ1
        シナモン お好みで
チーズクリーム クリームチーズ 50g
        砂糖 大さじ1(10gくらい)
冷凍パイシート 食べたい分(ほどよく解凍させる)

作り方

まずはフィリング作りから。ホットサンドメーカーで挟みやすいように、リンゴを小さめのいちょう切りにします。鍋にバターを溶かし、リンゴと砂糖大さじ2を入れて弱火で炒めます。しんなりしてきたらレモン汁とシナモンを3回くらい振り入れて、全体をなじませます。お皿に広げ、粗熱をとっておきましょう。

チーズクリームをつくります。柔らかくしたクリームチーズに砂糖大さじ1を混ぜ合わせておきます。

ホットサンドメーカーのサイズに合わせてカットしたパイシートを敷きます。その上に、チーズクリーム、リンゴの順に載せていきます。

上からパイシートを重ね、蓋をしめます。パイシートはきれいに1枚のものでなくてもオーケー。半端なサイズのときには、端を少し重ねて焼くとしっかりくっつきます。

ひっくり返しながら10分くらいかけて、じっくり弱火で焼き上げます。焦げやすいので、気になったらたまに中を確認しながらで大丈夫。両面に美味しそうな焼き色がついたら出来上がり。あけた瞬間、パイがふわっと膨らむのが見どころです!フィリングとチーズクリームは多めの分量になっているので、ヨーグルトやパンにのせてもどうぞ。またアップルパイ以外にも、あんこ&チーズや、ミートソースを入れてミートパイにしても美味しいですよ!

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事