秋冬キャンプにおすすめ!『きのことアーモンドのガーリックオイル煮』 | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

秋冬キャンプにおすすめ!『きのことアーモンドのガーリックオイル煮』

2021.11.03

『いろいろきのことアーモンドのガーリックオイル煮』を使ってオープンサンドを作りました。

森の恵みを贅沢に。スキレットで煮込んだ「きのこ」をオープンサンドに

オイルでじっくりとうまみを引き出して、おいしいきのこ料理になりました。

天然のきのこの多くは、9月から11月に旬を迎えます。キャンプ場近くの道の駅などに立ち寄ると、天然のきのこを目にするのもこの時季ならでは。

ここでは、「いろいろきのことアーモンドのガーリックオイル煮」を使って作るオープンサンドのレシピを紹介します。

この『きのことアーモンドのガーリックオイル煮』は使い勝手がよく、アレンジのきく、とても便利な料理なんです。

例えば…

・アヒージョのように
・生野菜や温野菜と一緒に
・ご飯と炒めて
・ピザの具として
・ホットサンドの具として
・スープの実として

など、とにかくアレンジ次第でいろいろと使えるので、多めに作っておくのもおすすめです。

きのこは3種類以上合わせると美味しさも栄養も倍増

今回使用したきのこ類。舞茸、えのき茸(ブラウンえのき)、エリンギ、マッシュルーム、しいたけ、ハナビラタケ、ぶなしめじ。

ここでは、ぜいたくに7種類のきのこを使って作っていますが、そのとき手に入る好みのきのこでOKです。ただし、きのこはできれば3種類以上入れるのがおすすめです。それは、3種類以上きのこを入れることにより、それぞれが持つうま味や食感、風味、栄養の相乗効果でとってもおいしいオイル煮に仕上がるからです。

【いろいろきのことアーモンドのガーリックオイル煮のレシピ】

今回使用した材料です。

【材料】作りやすい分量

・ぶなしめじ 1/2株
・エリンギ 1~2本
・ハナビラタケ 1株
・舞茸 1/2株
・えのき茸 1/2株
・しいたけ 2~3個
・マッシュルーム 5~6個
・ニンニク 2片
・鷹の爪 1本
・塩 少々
・ブラックペッパー 少々
・醤油 少々
・オリーブオイル 大さじ5~6

<下準備>

・きのこ類は水で洗うと風味が落ちてしまいます。汚れが気になる場合は、濡れふきんなどを使ってやさしく汚れをふき取ります。

・ぶなしめじやえのき茸など、石づきが付いているきのこは包丁で石づきをカットしほぐします。

・ほかのきのこは、それぞれ大きめにカットします(少し上のにある「材料の写真」のきのこのカットを参考にしてください)。

・ニンニクはみじん切りにします。

・鷹の爪は中の種を取り除いておきます。

<作り方>

(1)スキレットにみじん切りにしたニンニクと鷹の爪、オリーブオイルを入れ火にかけます。ニンニクの香りが立つまで弱火でじっくりと温めます。

(2)(1)にしいたけ、エリンギ、舞茸、ぶなしめじ、ハナビラタケ、マッシュルーム、最後にえのき茸。この順番でスキレットに入れていきます。

(3)火加減は弱めの中火、(2)の状態でそのまま動かさず1分ほど焼きます。1分経ったらそっと場所を変え、そのまま1分焼く。この作業をきのこ全体に火が通るまで繰り返します。炒めるというよりじっくりと焼き、オイルで煮ているようなイメージです。

途中、オリーブオイルの量が足りなければ、オリーブオイルを足します。この時点で大さじ2ほどオリーブオイルを足しました。

(4)全体に火が通ったら、アーモンドを入れ、塩、胡椒し、香りづけ程度に醤油を垂らし火を止めます。

アーモンドにもしっかりオイルをからめます。

きのこ類を入れ、炒め終わるまでの火加減は強めの中火で行ないます。火が弱いと、きのこから水分が出てしまい、うま味が流れ出てしまいます。これが美味しく仕上げるためのポイントです。

【いろいろきのことアーモンドのオープンサンドのレシピ】

オープンサンドに使用した材料です。

【材料】

・いろいろきのことアーモンドのガーリックオイル煮 適量
・好みのパン(ここではライ麦パン)人数分
・ベビーリーフ 適量
・マスタード(あれば)適量

<作り方>

(1)パンを軽くトーストします。

(2)トーストしたパンにマスタードを塗り、ベビーリーフなどのグリーン野菜をのせます。

好みですが、パンにマスタードを塗ったほうが風味が増します。

(3)(2)にガーリックオイル煮のきのことアーモンドをたっぷりとのせます。

(4)ブラックペッパーをかけたらできあがりです。

きのこは天日干しで旨味、栄養がUPします

きのこは日光にあてるだけでビタミンDの量が増えます。さらに、天日干しにすることで旨味や香り、食感がよくなります。天日干しにする時間は30分ほどでOKです。テントの設営などしている間にきのこを干しておけば旨味、食感がグンとよくなりますよ。

きのこは、倒木や切り株などにできることから「木の子」と呼ばれるようになりました。今が旬のきのこ。キャンプ場までの道すがら天然のきのこが売られていたら是非、天然のきのこで作ってみてください。

私が書きました!
料理研究家
小牧由美
東京を拠点に食に携わる仕事で20年以上活動。その間、ヴィーガンカフェの店長を務め、レシピ・商品開発から体調改善に特化したメニューを考案し、カウンセリングにも従事。現在は、野菜や果物を中心とした植物性食品の料理やヴィーガンレシピの創作、商品開発などを行なっている。http://yamabon.jp/
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。