飲む親子丼!? ダシのいらない「焼き鳥缶のみそ汁」【PR】 | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

飲む親子丼!? ダシのいらない「焼き鳥缶のみそ汁」【PR】

2021.10.27PR

「みそ汁ってダシをとるのがたいへんだから、アウトドアではちょっとね…」と思っているみなさん。実はダシをとらなくても、おいしいみそ汁は飲めるんです。たとえば、この「焼き鳥缶のみそ汁」。味のついた焼き鳥がダシがわりになるから、ダシがいりません。コツは、塩味の焼き鳥缶を使うことと、焼き鳥の味を生かすためにあっさり系の米みそ(熟成期間の短い白いみそ)を使うこと。一口すすると、あ、この味は…。そう親子丼です。塩味がしっかり効いていて、アウトドアで体が疲れたときにグっとくる味です。インスタントラーメンなんか食べるよりよっぽどいいヨ。簡単だし、みそは体にいいし。

さて、この料理を作ってくれたのは、みそ大好きの料理家・蓮池陽子さん。山菜やキノコのシーズンは山に入り浸りというアウトドア派であり、アウトドア系イベントでの料理経験も豊富です。そんな陽子さんが、これから月に4回、Facebookの「みそパル」というページで、キャンプにぴったりの「ソトみそスープ」を提案していきます。その中から厳選したメニューをこの「bepal.net」(毎月)と『BE-PAL』本誌(隔月)でも紹介します。「スープ」というからには、和風のみそ汁だけでなく、洋風、中華、エスニックにも挑戦予定。みその持つポテンシャルに驚くはずです。乞うご期待!

【第1回 焼き鳥缶のみそ汁】

●材料(1人分、約400mlのロッキーカップ1杯)

・塩味の焼き鳥缶…1個

・卵…1個

・米みそ…大さじ1

・青ネギ…1本の半分程度

・七味…ひとつまみ

●作り方

1、ロッキーカップに水(180ml)と焼き鳥缶を入れて火にかける。

2、みそを入れる。

3、沸騰したら卵を入れて卵をといて、10秒くらいで火を止める。

4、刻んだ青ネギと七味をかけてできあがり。

 

協力:みそ健康づくり委員会

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。