残暑の疲れを癒そう~ココナッツウォーターで作る『マチェドニア』と『アイスバー』 | BE-PAL

  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • 残暑の疲れを癒そう~ココナッツウォーターで作る『マチェドニア』と『アイスバー』

残暑の疲れを癒そう~ココナッツウォーターで作る『マチェドニア』と『アイスバー』

2020.08.27

私が書きました!
料理研究家
小牧由美
東京のフードビジネス業界で20年以上活動。その間、ヴィーガンカフェの店長を務め、レシピ・商品開発から体調改善に特化したメニューを考案し、カウンセリングにも従事。現在は、一人一人のライフスタイルに合わせたカラダを整える食事やセルフケアの方法の提案やオリジナルレシピの創作、商品開発をおこなっている。http://yamabon.jp/

ココナッツウォーターがベースの『マチェドニア』とマチェドニアで作った『アイスバー』。

『マチェドニア』ってナニ?

マチェドニアは、イタリアやスペイン、フランスなどで食べられている、さまざまなフルーツを混ぜ合わせたフルーツポンチのようなデザートです。

メリットいっぱいのココナッツウォーターで『マチェドニア』を作ってみよう!

・ココナッツウォーターは人間の体液と成分がほぼ同じ

ココナッツウォーターには、電解質(イオン)やミネラルが豊富に含まれています。ココナッツウォーターは、浸透圧が人間の体液に近く、その昔、脱水症状を起こした際に、生理食塩水の代わりに静脈点滴として使用されていたことがあるほどです。

・ココナッツウォーターは発熱、熱中症時の飲み物として推奨されている

熱中症で筋肉がけいれんした際に即効性のある飲み物として効果が期待されています。また、二日酔いの時の飲み物としても効果があるといわれています。

・ココナッツウォーターは少量の塩分を含んでいる

ココナッツウォーターは、ココナッツの果汁に塩分が含まれている、とても珍しい飲み物です。

・疲労回復効果やデトックス効果

ココナッツウォーターに含まれている豊富な栄養は体に吸収されやすいため、早期の疲労回復やむくみ解消、デトックス効果が期待できます。

一般的には、数種類のフルーツに”シロップ”や”リキュール”などを混ぜ合わせて作るマチェドニアですが、ここではこの時期に最適な”ココナッツウォーター”を使って残暑を乗り切るレシピにして紹介します。

好みのフルーツで作りましょう。おすすめのフルーツはパイナップル。ココナッツウォーターと相性がとても良いフルーツです。

『ココナッツウォーター de マチェドニア』と『アイスバー』のレシピ

【材料】
※150ml程度の容器8個とアイスバー4本分

ココナッツウォーター(無添加) 500~700ml程度
パイナップル 1/4~1/2個
キウイ 2個
ブルーベリー 1/2パック
ラズベリー 5~6粒
レモン 1個分
ミント 適宜
メープルシロップ 大さじ1~ 好みで

【準備する道具】

マチェドニアを入れる容器(今回は、ガラス容器、メスティンは冷却用として使用)
アイスバーの型
ボウル

【ココナッツウォーター de マチェドニアのレシピ 】

①好みのフルーツを食べやすい大きさにカットします。

マチェドニアを入れる容器とのバランスを考えてフルーツをカットしましょう。

②ボウルにココナッツウォーターと①のフルーツを適量入れ、優しく混ぜ合わせます。味をみて、甘味が足りなければメープルシロップ、酸味をプラスしたい場合には、レモンのしぼり汁を入れて好みの味にします。※酸味を効かせると味がしまります。

③ ②を冷やして味をなじませます。この時、メスティンを使うことで、マチェドニアを短時間で冷たくすることができます。キャンプなどのアウトドアで作る時には、メスティンを使って冷やすのがおすすめです。

蓋をして冷蔵庫やクーラーボックス、氷などで冷やします。キンキンに冷やすのが美味しさのポイントです。

④容器を準備して、彩りのバランスを考えながら器に盛り付け、③のココナッツウォーターを注ぎ入れ、ミントを飾れば完成です。

もちろん容器に詰めたものをそのまま冷やしてもOKです。

ココナッツウォーター de マチェドニアはアイスバーにしても!

【アイスバーのレシピ】

①フルーツをアイスバーの型のサイズに合わせて、食べやすい大きさにカットします。
②アイスバーの型にキウイ以外のフルーツを彩りよく散らします。

③中央にアクセントのキウイを載せたら、味を整えたココナッツウォーターを注ぎます。フタをして冷凍庫で冷やして固めます。

冷凍庫で完全に固まるまで冷やします。だいたい5時間くらいが目安です。

スイーツ感覚で食べたい時には、甘味をプラスしましょう。

【おまけ情報】フルーツのミニ知識~パイナップルの扱い方

パイナップルをまるまる1個買ってきた時には、葉の部分(クラウン)を取り除いて、一定時間逆さまにしておくと甘さが均一になります。

葉は素手だと痛いのでタオルで覆ったり、手袋などをはめてケガのないようにします。

葉っぱを握って手前に捻るように回します。

包丁を使わなくても、葉と実を分けることができます。

パイナップルは、収穫後に追熟することはないので、買ってきて置いておいても甘味が増すことはありませんが、逆さまに保存することで甘味が全体に広がるといわれています。

皿の上などで逆さま(葉を取った部分を下に)にして甘味を均一にしましょう。

『マチェドニア』をアウトドアに持って行こう!

ココナッツウォーターは、汗をかいた時の水分・ミネラル補給に最適な飲み物です。ココナッツウォーターをベースにフルーツたっぷりで作った『マチェドニア』は残暑の疲れを癒してくれます。自分、家族はもちろん、仲間と集まるアウトドアの差し入れに『マチェドニア』!なんていかがですか?

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • 残暑の疲れを癒そう~ココナッツウォーターで作る『マチェドニア』と『アイスバー』

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。