• ホーム
  • 料理・レシピ
  • チャーハンより簡単!ダッチオーブンで作る「豚キムチと梅干の炊き込みご飯」

チャーハンより簡単!ダッチオーブンで作る「豚キムチと梅干の炊き込みご飯」

2020.08.21

料理家
華表由夏(とりい ゆか)
青森生まれ、東京育ち。地図好きがこうじて世界の郷土料理を出すお店を営む。その後、飲食店のレシピ開発や広告のスタイリング、料理教室などに携わる。『こどもDIY部』で子ども向けの教えない料理教室“タベルノクラス”を開催している。

チャーハンより簡単!残ったお肉で簡単に美味しくできる!

キャンプと言えば、やっぱりお肉。炭火で焼いたお肉は、なんであんなに美味しいのでしょうねー。じゅうじゅうと焼ける音までご馳走です。

ただ意外に難しいのが火加減。気が付くと焦げる寸前!なんてこともしばしば。片づけを始めたいときには不向きなのもネック。そこで今回のレシピの登場です。焼き肉のたれを使って、お肉をたっぷり入れた炊き込みご飯を作っちゃいます。

お肉が残ってしまったときにも、おすすめ。バーベキューって、ついついお肉を買いすぎてしまいますよね。残ったお肉で2日目に作りたい場合には、あらかじめタレにつけておきましょう。焼いてしまったお肉でも大丈夫です。

お鍋で炊くご飯は、お米の炊き具合が不安かもしれません。慣れるまでは蓋を開けて確認しながら炊いても問題ありませんので気楽にいきましょう!

お肉がしっかり入っていると、食べ盛りの子どもたちも大満足。レシピではダッチオーブンで作っていますが、炊飯器でも作れますのでおうちでも作ってみてくださいね。個人的にはチャーハンより楽な気がしています。

材料

豚肉 200g
焼き肉のたれ 大さじ2
ごま油 大さじ1 
お米 2合(浸水して水を切ったもの)
水 360cc
キムチ 100g
梅干し 2ケ
ネギ 適量

作り方

ごま油をしいたフライパンで豚肉を焼き、焼き肉のタレを絡め粗熱をとっておく。
※焼いてからタレに漬けておいたお肉を使う場合には、下記の炊飯時にごま油をいれる。

ダッチオーブンにお米、水、フライパンのタレを先に入れたら軽くまぜる。さらに梅干し、キムチ、お肉をのせて中火にかける。
※ダッチオーブンは蓄熱量が高く、今回は量も少ないので強火でなくて大丈夫。あまり早く沸騰しすぎると炊きあがる前に水分がとんでしまうことも。

沸騰したら弱火にし、10分ほど炊いたら蓋をあけて表面の水分が飛んでいるか確認しましょう。それから火をとめて10分ほど蒸らしたら完成!

蓋をあける際に蒸気が逃げてしまうので、しめたらもう一度火をつけてから蒸らしましょう。5秒くらいで十分。おこげが欲しいときには、この時に30秒くらい強火にかけます。
※蓋をあけたときに表面がブクブクとしていたら、まだ炊きあがってないので1分ずつくらい弱火で炊き続けて、様子を見ましょう。

豚肉の脂に、梅干しの酸味が意外に合います。刻んだネギをちらしてどうぞ。鋳物のダッチオーブンは錆びやすく、食材の保管には向かないので、残ったときには必ず別の容器にうつしてあげてくださいね。

撮影/西山輝彦 https://www.plog.tokyo/blog

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • チャーハンより簡単!ダッチオーブンで作る「豚キムチと梅干の炊き込みご飯」

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事