キャンプで缶詰を使って簡単にできる!お手軽アヒージョのレシピ3

2020.08.07

料理家
華表由夏(とりい ゆか)
青森生まれ、東京育ち。地図好きがこうじて世界の郷土料理を出すお店を営む。その後、飲食店のレシピ開発や広告のスタイリング、料理教室などに携わる。『こどもDIY部』で子ども向けの教えない料理教室“タベルノクラス”を開催している。

缶詰でお手軽アヒージョ

キャンプがはじめての方にもおすすめレシピをご紹介!缶詰をつかったアヒージョ、とにかく簡単すぐ出来るので3種類ご紹介します。そのままでもおいしい缶詰に、ほんの少しトッピングを加えるだけでお酒がすすむ一品に。

簡単ですが、気を付けないといけない点もいくつかあるので必ず目を通してくださいね。

・缶詰と火が直接触れないようにすること。温度が上がりすぎないように、炭の場合は火が落ち着いてから缶詰をのせるようにしましょう。ワンバーナーを使う場合は、バーナーパットを挟むといいですよ。

・火にかけた缶詰に、素手で触らないこと。見た目以上に、缶詰は熱くなっています。焚き火用の手袋を使うか、トングを使ってください。

・長時間熱しすぎないこと。これも温度が上がりすぎる原因に。危ないですし、煮詰まると塩っ辛くなっちゃいます。

・未開封で火にかけないこと。中身が膨張して爆発することも!危険なので絶対にしないようにしてください。温めるときは、必ず蓋を開けてから。これ鉄則です。まわりについてるラベルも必ずはがしてくださいね。

それでは作っていきましょう。

定番のオイルサーディンのレモンバター

定番のオイルサーディンに、レモンを絞ってさっぱりと。

材料

オイルサーディン 1缶
レモン 1/2
バター 10gくらい
あればハーブ(今回はタイムを少し)

マッシュルームとXO醤

XO醤には、干しエビや貝柱、ニンニクなどの旨味がたっぷり。少し加えるだけで、味に深みが出ます。

材料

マッシュルームの水煮(ホール) 1缶
オリーブオイル 大さじ1くらい
XO醤 大さじ1弱

カニ味噌缶とニンニク

カニ缶より手頃なカニ味噌缶。ニンニクとオイルを加えるだけでご馳走に!ご飯と混ぜてリゾットにしても美味しいです。

材料

カニ味噌 1缶
オリーブオイル 大さじ1くらい
チューブニンニク 適量

作り方

それぞれ缶詰を開けて水分が多すぎる際には少し減らしてから、調味料をすべて入れ火にかける。

ぐつぐつしてきたら召し上がれ!熱いので火傷に気をつけてくださいね。

一緒にパンを焼いて、つけながら食べると手が止まりません!あまった場合には、パスタやうどん等を茹でて和えるとぺろっと食べられちゃいます。

撮影/西山輝彦 https://www.plog.tokyo/blog

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事