家族でもひとりでもOK!クロスオーバー3列シート車はいかが?「マツダ/CX-8」 | BE-PAL

家族でもひとりでもOK!クロスオーバー3列シート車はいかが?「マツダ/CX-8」

2017.12.31

クルマの骨格となる車台の共通化や、1台で何役もこなすクルマを求めるユーザーのニーズにともない、近年とくに増えてきたのが「いいトコどり」のクロスオーバー車。

そこで、マツダの最新モデル、CX-8の可能性を編集部・沢木がテスト!

マツダ/CX-8 ¥2,960,000~

編集部 マツダは、CX-8をクロスオーバーSUVと定義していますが…。
沢木 でも、最大で7人が乗れて、しかも3列目は補助用じゃなくてしっかり作られていますよね。たためばラゲッジをかなり広く使えるし、実質的なミニバンと捉えたほうが早いのでは?
編集部 なるほど。確かに、2列目と3列目の背もたれを前に倒すと、ほとんど段差のない広いラゲッジになりますもんね。
沢木 その状態でなら、前輪を外した自転車を余裕で2台積める。開口部付近には床下収納もあるから、3列目の片側だけたたんで荷物を工夫すれば、キャンプにだって行けちゃいますよ〜!

ミドルサイズSUVのCX-5が大きくなった印象。それでも天井高を後ろまで高くすることで、3列目の居住性を確保している。

2~3列目をたたんだ状態。荷室長は最大で2,080㎜もあるので、スキー板も積める。

どーです、この広さ。天井高を除けば、箱型ミニバンと遜色ない寝室となり、車中泊も余裕。

リアゲートの傾斜も極力抑えている。

 

上質なつくりで運転も楽しい!

編集部 それはすごい。そのうえ最低地上高は200㎜もあって、4WDも選べるというSUV的な特徴も備えている。これなら、オフロードも安心ですね。
沢木 しかもマツダの4WDシステムは、27個のセンサーでドライバーの意図と走行状況を瞬時に検知して、スリップを防いでくれる。エンジンはディーゼルで力強いし、運転も楽しめるミニバンというキャラクターは、ありそうでなかったですから。
編集部 最近のマツダ車に共通する、スポーツカーみたいなスタイリングも魅力のひとつ。
沢木 アウトドア向きのクルマって昔はどれも武骨なデザインで、そこに僕らは道具らしい魅力を感じていたんだけど、最近は垢抜けたものが主流。選択肢が少ないのだから、どうせだったらCX-8みたいな、突き抜けたかっこよさを追求するのもアリだと思うんです。

視界は広くとった設計で抜群に運転しやすい。

シートの形やペダルの配置にもこだわっており、理想的な着座位置を実現。

3列目の左右にも小窓があり、じつに開放的だ。

リアウインドーにはサンシェードも!

ディーゼルとは思えないほど静かだ。

 

マツダ/
CX-8 XD Lパッケージ(4WD)

●全長×全幅×全高:4,900×1,840×1,730㎜
●車両重量:1,900㎏
●最低地上高:200㎜
●最小回転半径:5.8m
●乗車定員:6名
●総排気量:2,188cc
●エンジン:直列4気筒DOHCターボ
●JC08モード燃費:17.0㎞/ℓ
●価格:¥3,880,000

マツダ http://www.mazda.co.jp/

◎構成/櫻井 香 ◎撮影/見城 了、篠原晃一

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿写真

『 SUV・ミニバン 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。