• ホーム
  • SUV・ミニバン
  • 「レンジローバースポーツSVR」ジャングルからサーキットまで!?「最速のレンジローバー」がスゴイ!

「レンジローバースポーツSVR」ジャングルからサーキットまで!?「最速のレンジローバー」がスゴイ!

2016.07.08

1970年以来、進化を続けるレンジローバー

軽く堅牢なオールアルミ製モノコックボディをまとう。立ち気味の着座姿勢で、ボディーの四隅まで見渡せる「コマンドポジション」は、レンジローバーの伝統だ

軽く堅牢なオールアルミ製モノコックボディをまとう。立ち気味の着座姿勢で、ボディーの四隅まで見渡せる「コマンドポジション」は、レンジローバーの伝統だ

膝まで浸かる沼地やサッカーボール大の岩が転がる荒れ地を走ることはなくても、極限の状況に耐えられるクルマに乗っているだけで、大きな安心感を得ることができる。
渡河水深限界や岩場を乗り越えるクリアランスを確保したSUV(スポーツ多目的車)は決して多くはないけれど、4WD性能に限っていえば、駆動力を緻密にコンピュータ制御することで想像以上に悪路を走れるようになっている(ただし過信は禁物)。今や売れ筋のSUVは悪路走破性に加え、舗装路での乗り心地にも優れ、インテリアも居心地の良さを重視しているクルマがほとんどだ。
その先駆けとなったのが、1970年に登場した初代レンジローバーだ。

軽快感を高めたレンジローバースポーツ

隙間なく積める広大なラゲッジもレンジローバーの伝統。後席は6:4の分割可倒式。サイドサポートが張り出しているため、たたんでも平らにはならない

隙間なく積める広大なラゲッジもレンジローバーの伝統。後席は6:4の分割可倒式。サイドサポートが張り出しているため、たたんでも平らにはならない

1960年代にイギリスの自動車ブランドが集まってできたブリティッシュ・レイランドに属し、もともとイギリス版ジープであるランドローバーシリーズ(のちにディフェンダーと改称)をつくっていたランドローバー社は、卓越した悪路走破性を誇るフルタイム4WDを活かしながら、乗用車と同じ感覚で扱える装備を備えたレンジローバーを開発。
「砂漠のロールスロイス」の異名を得て、イギリスのカントリージェントルマンを中心に人気を博した。現行モデルは4代目で、3代目からちょっぴりカジュアルなレンジローバースポーツも加わった。
カジュアルといってもその装備は実に豪華で、インテリアのレザーやパネルの素材は豊富なバリエーションから選べ、自分仕様をオーダーできる。そしてもっともハイスペックなモデルが、レンジローバースポーツSVRだ。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • SUV・ミニバン
  • 「レンジローバースポーツSVR」ジャングルからサーキットまで!?「最速のレンジローバー」がスゴイ!

関連記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿写真

『 SUV・ミニバン 』新着編集部記事

おすすめ記事