• ホーム
  • キャンプ場
  • 「ネスタリゾート神戸」に、オートキャンプ可能な新エリアが誕生!

「ネスタリゾート神戸」に、オートキャンプ可能な新エリアが誕生!

2020.03.31

関西で有名な冒険型テーマパーク・NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)に、新しくオートキャンプエリアが誕生。キッズ専用の遊びプログラムも加わり、空の冒険アクティビティも順次オープン予定だ。様々な世代に支持される施設の魅力を紹介する。

1年中楽しめる、全天候型テーマパーク

迫力満点なバギーは、難易度のことなる5つのコースから選択。

約230万㎡にも及ぶ広大な敷地内では、カヌーに乗ったり、動物と触れ合ったりできる施設がある。また野菜の収穫体験や、ハーネスをつけて利用する本格的なアスレチック、オフロードを走り回るバギーなど、様々なアクティビティも体験できる。

体験は1回20分。保護者同伴なら、小学生以下での体験可能。

アウトドアテーマパークの弱点とも言える荒天の日であっても、屋内でボルダリングや、バーチャルスポーツを体験できる施設もあるので安心。夏季はスライダー付きのプールも営業しているので、1年中いつでも楽しめるアウトドアリゾートだ。

子ども向けの「冒険」プログラムもスタート

このプログラムは保護者の同伴なしでも体験できる。

子供たちが1人でカヌーに乗ったり、魚釣りをしたり、動物達を触れ合ったりなど、自ら考えて体験できるプログラム「キッズあそびプログラム」がスタート。

ファミリーの来場が多い長期休業などに合わせて開催していく予定で、春のオススメは、2020年に生まれた動物の赤ちゃんと触れ合える「ひつじミルクやりたいけん」や、針を使わない仕掛けを用いたニジマス釣り体験などだ。

自分で釣ったニジマスは、味も格別!

対象は1DAYパスを購入した4歳〜小学生までの子供たち。工作やおやつ作りのワークショップもあるので、来場前にチェックしておきたい注目のプログラムだ。

今春登場のアクティビティにも注目!

うつ伏せの体勢で、森中を飛び回る。

新しい大自然体験のテーマは“鳥”。「スピード・ホーク」という施設では、本物の鷹になったような気分で森を滑空する。日本最大高低差32mのルートを、鷹匠の操る鷹のように、日本最速で滑り降りていく。風を切り、森を飛び回る感覚は、今まで経験したことのない貴重な体験になること間違いなし!

もう1つ、4人同時に体験できる「スカイ・イーグル」というジップラインも必見。大空を飛ぶ鷲のように、日本最長約560mのコースを一気に滑空する。家族や友人と一緒に大空を飛ぶ興奮は、きっと想像をはるかに超えた感動体験だ。

限定10区画のオートキャンプサイトで、夜も大自然を満喫

テントのレンタルもあるので、友人を誘って気軽にキャンプできる。

アウトドアのアクティビティ施設が終了する夕方以降は、キャンプで自然を体験してみてはいかがだろうか。全面芝生のキャンプサイトは、頭上を遮るものがないので、夜は満点の星空を楽しむこともできる。

「延羽の湯 野天閑雅山荘」までは、無料周遊バスも利用可能。

キャンプサイトの利用者は、同施設のホテルにある温泉「瑞穂の湯」も無料で利用が可能。リゾート敷地内には、朝10時から24時まで利用できるスパ施設も併設。大自然で遊んだ後に、ゆったりとした癒しの時間を提供してくれることだろう。

利用シーンに合わせて、ホテル・コテージも選択できる

キャビンは4〜8名での利用が可能。様々なタイプがある。

NESTA RESORT KOBEでは、オートキャンプの他にもホテル・コテージ・キャビンなど、利用シーンに合わせて様々な宿泊施設が利用できる。キャビンでは、テラスでBBQを楽しめるようになっており、流行りのグランピングが楽しめる造り。

ホテルの客室は、ゆったりとした空間。

ホテル「ザ・パヴォーネ」内にはミキハウス子育て総研認定のウェルカムベビールームもあり、幼児を連れた家族にも優しい設計。レストランもあり、3世代で楽しめるリゾートとなっている。

関西都市圏から車で1時間弱なので、日帰りもOK

園内には、無料で楽しめる遊具もあり、家族で散策するのも楽しい。

同施設は京都・大阪・神戸・姫路から、いずれも車で1時間圏内の位置にあるため、日帰りでの利用も可能。また、大阪駅・三宮駅発着の直通バスもあるので、車以外でのアクセスも良好。一度は訪れてみたい、今注目のアウトドアテーマパークだ。

施設概要

NESTA RESORT KOBE

兵庫県三木市細川町垂穂894-60
TEL:0794-83-5000
駐車可能台数:3,000台

施設の詳細はこちら
https://nesta.co.jp

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • キャンプ場
  • 「ネスタリゾート神戸」に、オートキャンプ可能な新エリアが誕生!

関連記事

『 キャンプ場 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプ場 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプ場 』新着編集部記事

おすすめ記事