【SMALL TALK】Vol.1
「Yogee New Waves」
角舘健悟インタビュー

うまいとんかつ屋は
味噌汁もうまい!

『b*p』vol.9号の「Small Talk」(P.94)にご登場いただいた角舘健悟(かくだて・けんご)さんは、

シティポップ界の注目度ナンバーワンバンド「Yoggy New Waves」のフロントマン。

2013年に発足した若いバンドながら、フジロックやサマソニなどの大型フェスにも参戦

人気急上昇中の要注目バンドだ。

はっぴいえんど、松任谷由実、サニーデイ・サービスから影響を受けた

現代のポップミュージックは、一度聴くと、ぜったいにクセになる。

「ヨギーいいよね!」

が2016年フェス&音楽好きたちの合言葉になりそうな予感もする。

 

そんな注目株の角舘さんは、大の肉好き。

見た目は食になんて興味なさそうな雰囲気なのに(筆者の個人的意見)、

実はおいしいお店にめちゃくちゃ詳しかった!

 

味噌汁で店の本質がわかる!

 

「高校生のときからグルメな友人と情報交換していて。

学校帰り、ビリヤードして、その後に飯を食べに行く、みたいなのが定番の遊びだったんです。

最近は、ライブで地方に行ったときに街散策しながら、飛び込みでお店に入ることもありますよ。

長野の松本で行なわれる『りんご音楽祭』に出たときに食べた蕎麦もおいしかったなぁ」

 

学生時代には、とんかつ屋さんでバイトするほどのとんかつ好きで、

名店のみならず、町の小さい定食屋さんにまで詳しい。

 

「とんかつ屋さんって、とんかつがうまいだけじゃなくて、サイドメニューもポイント。

味噌汁がおいしい店って、本物って感じがするんですよ。

横浜にある『勝烈庵』は、かつはもちろん赤だしの味噌汁が絶品! 

あと、江古田の『おそめ』は、定食が650円ぐらいで、かつもボリュームがあるし、

味噌汁がめちゃくちゃうまいんですよ」

 

あれも、これもとおすすめのお店が、どんどん出てくる! 

とんかつ以外にも、御茶ノ水の『豚野郎』や

神楽坂の『鶴肴』などジャンル問わず、食に詳しい角舘さん。
最近いちばんヒットしたのは、子どもの頃に父親が連れて行ってくれたお店。

 

「新宿の『ビリー・ザ・キッド』は、父が行きつけの店です。

ずっと行ってなかったんですけど久しぶりに行ったら、ハンバーグが驚くほどおいしかった! 

500gもあるのにペロっといけちゃいましたよ。

朝4時までやっているのもいい。僕も行きつけになりそうです」

 

デートが街の中華料理屋でもOK!?

 

デートだったら、どんなお店に行くんですか? と訊ねてみると

「おいしい店なら、どんな雰囲気でも、関係なくないですか?」との答え。

ちょっと背伸びするようなお店でも、「シャツさえ着ていればOKですよ~」というフラットさなのだ。

 

「山崎まさよしさんの『中華料理』という歌に『中華料理はいけるかい?』って歌詞があって、

それを聞いて『コレだよ!』と思いました。

ちょっと女性が行きにくそうな店でも、おいしかったら一緒に笑えるし、

イマイチだったとしても、それをネタにできちゃうような関係がいいですよね」

 

●角舘健悟 Profile
1991年生まれ。東京都出身。都会におけるPOPの進化をテーマに活動する「Yoggy New Waves」のフロントマン。2015.12.02にnew ep『SUNSET TOWN e.p.』を発表。

http://yogeenewwaves.tokyo/

 

◎文=中山夏美(フェス&食担当ライター)撮影=田渕睦深

 

 

»【SMALL TALK】Vol.2 王舟インタビューはこちら!

»【SMALL TALK】Vol.3 蓮沼執太インタビューはこちら!

»【SMALL TALK】Vol.4 「Homecomings」畳野彩加インタビューはこちら!

»【SMALL TALK】Vol.5 「bonobos」蔡忠浩インタビューはこちら!