THE PARK SHOP|Parkboy Skateboard 購入する

スケートボードって、実にクリエイティブな遊びなのだ!

スケートボードは、感性を刺激し、思考を解放する道具であると仮定してみる。

 

大仰に始めてみたが、現在のカルチャーシーンにおいて、

スケーターが多く活躍している。

スケーターとしてプロになったりスポンサードを受けなくても、

若い頃にスケートに勤しんでいた人たちは、

なぜかクリエイティブな仕事や活動をしている人が多い。

 

まずスケートは決して便利ツールでもない。

結構難しいので、不特定多数に受け入れられない。

一番創造的なのは、単純な乗り物なので遊び方に自由度が高いこと。

ストリートをフィールドと見立てて、町をいろいろな角度から見るようになる。

だからクリエイティブなマインドが鍛えられていく。

 

そんなスケートボードを、なるべく小さな頃から遊び道具としておけば、

色々な可能性が広がるかもしれない。

シンプルなデザインなので、

ステッカーチューンというお手軽なところから始めてみるいい。

耐荷重は90kgなので、実は大人がはまってしまうこともある。

単なる遊び道具といえばそれまで。

しかしそれを使う人には無限な可能性も持っている、かも。

 

THE PARK SHOPとは?

2014年にスタートした公園(PARK)がテーマの

ライフスタイルブランド「THE PARK SHOP」。

公園から想像される子供やスポーツ、散歩、ピクニックなど

様々なイメージを基に、

キッズウエアやライフスタイル雑貨などを中心に展開している。

 

シーズンごとに、世界の何処かの公園がテーマになっている。

これまでは15FWシーズンがニューヨーク「Central Park」、

16SSシーズンがニューヨーク「Brooklyn Bridge Park」、

今季16FWシーズンがヴァンクーヴァー「Oppenheimer Park」となっている。

公園は世界共通して憩いの場。

公園や街ごとに、どんな特徴があるのかも注目してみたい。

 

【スペック】

01=レッド、02=ブルー、03=イエロー

幅13×長さ43×高さ8.5cm。耐加重は約90kg。ハードメープル、鉄、他。中国製。

Shopping

THE PARK SHOP|Parkboy Skateboard

税込 各 3,024円

購入ページへ進む

※Shoppingの商品は(カートマーク)リンク先の「大人の逸品 小学館PAL SHOP」でご購入いただけます。