いま穴をあけるなら、電動ドリルよりブッシュドリル! | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2020.02.14

    いま穴をあけるなら、電動ドリルよりブッシュドリル!

    木工で穴をあけるというとキリか電動ドリルが思い浮かぶ。キリは小さい穴しかあけられないという難点があり、電動ドリルは器具そのものが高価で、電気がないと使えないという難点がある。第三の選択肢としてこの「ブッシュドリル」はいかがだろうか。キリより太い穴(直径約2cm)があけられ、電気がいらない。動力はもちろん人力(腕力)である。上部の穴に直径2cmほどの棒を差してグリグリと回転して穴を空けていく。棒は落ちている枝でよい。電動ドリルより軽くてコンパクトで収納場所をとらないのも利点といえる。では何に穴をあけようか。そういえば実家の母に鍋の柄を直してくれと頼まれていたので、硬い木の棒を柄にして、その柄に穴をあけてどこかにひっかけられるようにしたい。あとは、ふだんアウトドアで使っているまな板にも穴をあけておこう。それと子どものおもちゃ箱の側面に穴をあけて指をかけて持ち運べるようにしておこう。穴は偉大なり。穴あけ万歳!

    ちょうどよい直径のハンドル(木の枝)を探そう。

    穴あけは人を笑顔にする。

    4,840円

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    ブッシュドリル

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    釣りから生まれた「どこでもカラビナ」が超おすすめの理由!

    2024.06.14

    パワーアークの“充電しながら使えるネッククーラー”がパワーアップ!冷却プレートの面積も拡大

    2024.06.10

    バッテリーにもランタンスタンドにもなるOD缶…!?

    2024.06.09

    登山向けサングラス7選|紫外線・砂埃対策に必須!おすすめ偏光・調光サングラス

    2024.06.09

    パラコードを使う際の結び方!キャンプで活躍する7つの方法を紹介

    2024.06.08

    顔も体も、食器も服も洗える!天然由来成分100%「ドクターブロナー マジックソープ」の限定セットが狙い目

    2024.06.05

    スノーピーク「ソリッドステーク」特集!大人気ペグの魅力を解説

    2024.06.04

    モンベルの日傘が大人気!サンブロックアンブレラの魅力とは

    2024.06.01