いま穴をあけるなら、電動ドリルよりブッシュドリル! | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • いま穴をあけるなら、電動ドリルよりブッシュドリル!

    2020.02.14 BE-PAL公式通販

    木工で穴をあけるというとキリか電動ドリルが思い浮かぶ。キリは小さい穴しかあけられないという難点があり、電動ドリルは器具そのものが高価で、電気がないと使えないという難点がある。第三の選択肢としてこの「ブッシュドリル」はいかがだろうか。キリより太い穴(直径約2cm)があけられ、電気がいらない。動力はもちろん人力(腕力)である。上部の穴に直径2cmほどの棒を差してグリグリと回転して穴を空けていく。棒は落ちている枝でよい。電動ドリルより軽くてコンパクトで収納場所をとらないのも利点といえる。では何に穴をあけようか。そういえば実家の母に鍋の柄を直してくれと頼まれていたので、硬い木の棒を柄にして、その柄に穴をあけてどこかにひっかけられるようにしたい。あとは、ふだんアウトドアで使っているまな板にも穴をあけておこう。それと子どものおもちゃ箱の側面に穴をあけて指をかけて持ち運べるようにしておこう。穴は偉大なり。穴あけ万歳!

    ちょうどよい直径のハンドル(木の枝)を探そう。

    穴あけは人を笑顔にする。

    4,840円

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    ブッシュドリル

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    子どもだけでなく大人も楽しい!アウトドアフィールドで遊べるおもちゃ「アウトドアトイシリーズ」

    2023.01.29

    飾りじゃないのよこのツノは!卓上ギアハンガー「ツノクランプ」はシルエットも美しい

    2023.01.28

    キャンプの名脇役にも影の主役にもなる!便利な”高機能系”キッチンバサミを使ってみよう

    2023.01.26

    夢の「Myサウナテント」が買える!? 渋谷ロフトのサウナイベントでチェック

    2023.01.21

    【売り切れ続出】キャンパーに大人気!あれこれ使えるダイソー「シリコーン保存袋」

    2023.01.16

    傘をさしたまま写真が撮れる「GLIDER ハンズフリー傘ホルダー」をレビュー!

    2023.01.12

    z