アウトドアにおすすめのカセットコンロ20選!用途や選び方のポイントも | バーナー・燃焼器具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアにおすすめのカセットコンロ20選!用途や選び方のポイントも

    2022.04.25

    外で料理をして外で食べるというのは、アウトドアの醍醐味です。それだけで、いつものメニューや「焼いただけ」のものでも、格段に美味しく感じられるから不思議ですよね。

    そんな、アウトドアでの調理の際に便利なのが、カセットコンロです。これがあると、外での食事作りが一気に快適になりますよ。

    キャンプやアウトドアでカセットコンロは本当に必要?

    キャンプやアウトドアで料理したりお湯を沸かしたりするのに、バーナーやカセットコンロが使えると非常に便利です。もちろん、焚き火や炭火で調理することもできますし、それもアウトドアの楽しみ方のひとつではあります。

    しかし、急に雨が降ってきたり、たくさん遊んで疲れて火をおこすのが面倒に感じたりする時もありますよね。 そんな時に、手軽に使えるカセットコンロは大変重宝します。タープの下のテーブルや、正しく換気をすればテント内でも使うことができ、疲れた時や急ぐ時にも、火をおこさずすぐに調理することができます。

    キャンプ初心者から経験者まで、またファミリーでのキャンプにも、大変メリットの大きいアイテムと言えるでしょう。

    キャンプやアウトドアで使えるカセットコンロの選び方の基準

    カセットコンロは、各メーカーからたくさん発売されています。いざ買おう!と思っても、あまりに多くてどれがいいか迷ってしまいますよね。 そこで、キャンプやアウトドアで使う場合のカセットコンロの選び方の基準を、「ファミリー向け」と「初心者向け」とに分けて整理します。さらに、サイズや火力など、スペックごとの選び方のポイントについてもご紹介します。

    ファミリー向け

    ファミリーキャンプで使用するなら、おさえておくべきポイントは「料理のしやすさ」「安定感」です。

    火を使う調理を同時進行できるツーバーナーのカセットコンロは大変便利です。おうちのキッチンでお料理するように、効率よく作業ができます。コンパクトさには欠けますが、車で移動するファミリーキャンプならさほど気にならないでしょう。

    もしシングルバーナーをすでに持っているなら、カセットコンロを買い足して、シングルバーナーとカセットコンロを併用するという方法もあります。別々でも2口分あれば、作業効率はツーバーナーと変わりません。むしろ、サイト内動線のいいように配置できるので、自由度は高まります。

    シングルバーナーは軽量で、折りたたむと非常にコンパクトになるため、携行性の良さが際立ちます。一方のカセットコンロは、安定感と手軽さがあります。両者を使い分ければ、人数の増減や料理に力を入れるか否か、サイトの利便性の違いなど、キャンプスタイルの変化に対応しやすくなります。

    初心者向け

    初心者キャンパーが使うなら、「扱いやすさ」が重要になってきます。 バーナーを使ってのキャンプは憧れるけれど、慣れていないのでちょっと不安…というキャンプ初心者の方には、まずはカセットコンロをキャンプで使ってみることをおすすめします。

    慣れないうちは、テントを立ててサイトを整えるだけでもクタクタになってしまいます。その状態で次は火をおこして料理を…となると、せっかくのキャンプを楽しむ余裕がなくなってしまうかもしれません。手軽で扱いやすく、安定した火力を得られるカセットコンロの安心感は、初心者キャンパーには嬉しいものです。

    荷物をあまり増やしたくない時や、自宅での収納場所の確保が難しい時は、ミニサイズのカセットコンロを使うという選択肢もあります。カセットコンロは折りたためませんが、スタイリッシュな薄型のものや小型のものなら、収納の場所もとらず、軽量で持ち運びも楽々です。

    サイズ

    利用人数や、どのような鍋をのせるのか、どんな調理で使うのかを考えながら選ぶと、使い勝手の良いカセットコンロを見つけることができます。

    ソロキャンプ、デュオキャンプの場合

    ソロやデュオ(2人)といった少人数のキャンプであれば、シングルバーナーや、コンパクトサイズのカセットコンロがおすすめです。なかには1kg以下の軽量タイプもあるので、持ち運びしやすいものを選びましょう。

    また、折り畳み式のカセットコンロで、収納はコンパクトになり、広げると一般的なサイズになる製品もあります。

    3~4人家族の場合

    家族など3~4人で使用するなら、カセットコンロの一般的なサイズである約30×30cmのタイプを選びましょう。価格、種類も豊富なので選ぶ楽しみも広がります。屋外で使用する場合は、アウトドアでの使い勝手に配慮されたモデルを選ぶといいでしょう。

    土鍋など重さのある調理器具を使うことが多い場合は、高さ10cm以下の薄型タイプがおすすめです。重心が低いので安定感があり、がたつきを気にせずに使用できます。

    大グループの場合

    大人数で鍋料理や鉄板料理を楽しみたい場合は、約50×30cmほどあるワイドタイプを選びましょう。

    人数が増えると、使用する鍋なども大きくなります。耐荷重が大きいもの、安定性のあるものを選ぶと、ダッチオーブンや重たい鉄板も安心して使用することができます。

    また、カセットボンベが2本付けられる、ツーバーナータイプのカセットコンロを選択肢のひとつにしてもいいでしょう。サイズや重量はかさばりますが、キャンプでの調理環境は便利なものになります。

    火力

    アウトドアシーンでカセットコンロを使用する場合は、火力が十分であるかのチェックも大切です。

    カセットコンロの火力の単位は、kcal/hで表記されています。これは、1時間に消費するガスのカロリーを表したもので、数値が大きいほど火力が強いという意味になります。

    キャンプでの調理に使用する際には、2500kcal/h以上のものであれば問題なく使用できます。これは、家庭用の一般的なガスコンロと同程度の火力です。

    3500kcal/h以上の高火力タイプは、強い火力で料理を仕上げたいというキャンパーにおすすめです。

    2000kcal/h以下になると、火力はやや弱くなりますが、お湯を沸かしたり、軽い調理には対応できるので、使用用途に合わせて選びましょう。

    kcal/hの表記のほか、ヒートパネルを搭載しているかもチェックしておきましょう。ヒートパネルは、カセットボンベを適度に温める装置で、ガス消費を抑えつつ、火力を安定させます。

    風に強い設計のものを選ぼう

    キャンプなど屋外でカセットコンロを使用する場合は、風の影響で火が安定しないことも多くあります。そのようなシーンでの使用に備えて、風防機能が備わったものを選ぶと、屋外での調理のストレスは軽減されます。

    風によって火が安定しなかったり消えてしまうのを助けてくれる風よけのトップカバーがついているものや、風で炎が消えにくいように、炎長が短い多孔式バーナーなどが搭載されている製品もあります。また、五徳の内側と外側に風よけが設置され、二段階で風を遮る仕組みを取り入れているものもありますので、火力のチェックとともに、風防機能も確認しておきましょう。

    燃焼継続時間

    カセットボンベ1本あたりの燃焼時間のことを「連続燃焼時間」といいます。

    最大火力で使用した場合で60分前後となっている商品が多いのですが、使用するカセットコンロのガス消費量によって異なります。火力を表すkcal/hの数字が小さいカセットコンロのほうが、燃焼時間は長くなります。

    製品のなかには、3~4時間連続で使用できるロングタイプもあります。持参するカセットボンベの数を減らしたい、燃料面でコスパが高いものを選びたいという人におすすめです。調理中の燃料切れを心配せずに、ゆっくりと調理に集中できるよう、燃焼時間もしっかりチェックしておきましょう。

    ガスボンベの着脱方法

    カセットコンロを安全に使用するためには、カセットボンベを正しくセットすることがとても大切です。誤った装着は、ガス漏れや火災の危険につながることもあります。

    おすすめはマグネット着脱式のもの

    マグネット式の着脱タイプのものであれば、マグネットの力でボンベをしっかり固定し、正しくはめ込んでくれるので、操作ミスを防ぐことができます。

    過去のモデルはレバーでの着脱が主流でしたが、現在はマグネットでの着脱が一般的です。磁力でカセットボンベを固定するため、着脱も簡単で、初めてカセットコンロを使う人にもおすすめです。

    安全性

    ガスや火を扱うからこそ、重視したいのは安全性の高さです。利便性だけでなく、安全性に関する機能についても着目して選びましょう。

    圧力感知安全装置付きが安心

    必ずチェックすべきなのが、カセットコンロに備わっている安全装置です。「圧力感知安全装置」が搭載されたタイプは、過熱により一定水準まで内部圧力が上昇すると、自動的にボンベが外れるようになっています。

    このほか、火力調整つまみが正しい位置(消)に戻っていないとボンベがセットできない「容器装着安全装置」など、安全への配慮が多いものを選ぶと心強いでしょう。

    PSLPGマークがついた製品を

    輸入品などの商品も多く出回っているカセットコンロですが、日本での販売が認められている商品には、経済産業省が認めた証である「PSLPGマーク」がついています。購入時は「PSLPGマーク」の有無も確認しましょう。

    手入れのしやすさ

    使用後のカセットコンロは、吹きこぼれや油がはねた跡などの汚れが多数付着しています。特に、五徳や汁受け部分は汚れがたまりやすいので、簡単に取り外しができるものを選ぶと、掃除がしやすく便利です。

    簡単に手入れできるものを

    各パーツの材質や塗装によってもお手入れのしやすさは変わってきます。トッププレートにフッ素加工が施されているものは、汚れのふき取りも簡単です。少ない手間で、カセットコンロを清潔に保つことができます。

    持ち運びや収納のことを考えると、専用のケースが付属しているものを選ぶのもいいでしょう。コンパクトにまとまりますし、キャンプの準備、片付けもスムーズになります。

    キャンプやアウトドアでカセットコンロを使う時の注意点

    使い勝手が良く、大変便利なカセットコンロですが、キャンプやアウトドアで使う場合には注意するべきポイントがあります。

    家庭用カセットコンロは屋外では火力不足に

    家庭用のカセットコンロは室内での使用を想定した作りになっており、キャンプやアウトドアで使用する環境によっては、火力不足に注意が必要です。

    風が強いと炎が横に流れて熱が逃げる、火が弱い、すぐに消えるなどの困った状況にもなりかねません。そんな時は、風防や多孔式バーナーが備わった、高火力で炎の立ち消えをできる限り防ぐことができるモデルを使用することで、屋外でも安定した火力で調理できます。

    使い方を間違えると危険!

    アウトドア用のものとは違い、家庭用のカセットコンロは風に弱いため、風防で覆いたくなってしまいますよね。 また、焼き肉ではコンロ以上の大きさの鉄板をついついのせてしまうこともあるでしょう。規定以上の大きさの鉄板や鍋を置くと、鉄板や鍋底がカセットボンベ上に覆い被さることがあります。

    このように風防を設けたり、規定以上の大きさの鉄板や鍋を置いたりした状態のまま加熱してしまうと、設計上想定されていた空気循環によるガスボンベの冷却がうまく機能せず、ガスボンベが高温になりすぎて爆発するなどの大事故になりかねません。

    カセットコンロは、便利で簡単に使える反面、使い方を間違えると危険であることも理解しておきましょう。

    屋外用カセットコンロは災害時の備えにも

    カセットコンロは、専用のケースがついているものや、収納時に場所をとらない小型のものもあります。コンパクトにまとまり持ち運びしやすいので、災害時に持ち出す荷物に入れておけば、避難先でもあたたかい食事やお湯を手軽に作ることができます。

    屋外用カセットコンロは、キャンプやアウトドアといったレジャーだけでなく、災害時の備えとしても役立つのです。

    アウトドアにおすすめのカセットコンロ

    イワタニ / Iwatani

    カセットフー タフまる

    TOUGH MARU/CB-ODX-1

    風は防ぎ空気だけを通すダブル風防ユニット搭載で、遮風効果の高さが魅力です。さらに多孔式バーナーなのでひとつひとつの炎口が小さく、風の影響で炎が消えにくいのも特徴です。耐荷重20kgあるためダッチオーブンなど重さのある鍋の使用も可能。本体サイズは341(幅)×283(奥行)×129(高さ)mmで重量約2.4kg。カラーはブラックのみ。別売りのカセットフー専用アクセサリーシリーズは、焼肉や鉄板焼、たこ焼きや網焼きのプレートもあるので、組み合わせればアウトドアでの料理をより楽しむことができるでしょう。持ち運びに便利な専用キャリングケース付き。

    空気は通すが風は通さない「ダブル風防ユニット」搭載。

    耐荷重20kgで、ダッチオーブンでの調理も可能です。

    持ち運びに便利な専用キャリングケース付き。


    イワタニ / Iwatani

    カセットフー マーベラスⅡ

    CASSETTE FEU MARVELOUS Ⅱ/CB-MVS-2

    取り外し可能なトップカバーとバーナー周りを囲む風防のW風防のため、風の強い日のアウトドアでも快適に使用が可能です。また、282個の炎口から3.5kW(3,000kcal/h)という高火力で炎が出るので、安定的な燃焼を実現します。さらに残り少ないガスボンベでも内圧を上げて最後まで火力を維持することができる、ヒートパネルを搭載。ガスを無駄なく消費することが可能です。本体サイズは収納時380(幅)×329(奥行)×110(高さ)mmで重量は約2.8kg。カラーはシャンパンゴールドのほか、同社創業90周年記念として2019年12月に9色のカラーリングで限定モデルが展開。風防の役割も担うトップカバーを閉じて収納できます。本体に取手が付いているので屋内外への持ち運びに便利です。

    風の影響を抑える多孔式バーナー。

    火力を落とさずガスを無駄なく消費するヒートパネル方式。

    取手付きで持ち運びしやすく、縦置き可能で省スペース収納。


    イワタニ / Iwatani

    カセットフーBO(ボー)EX

    CASSETTE FEU BO EX/ CB-AH-41

    同社シリーズ最強を誇る火力は、最大発熱量4.1kW(3,500kcal/h)。ヒートパネル搭載でドロップダウンが防がれ、ガスが空になる直前まで変わらない火力を保てます。ダブル風防でアウトドアでの使用も心強いです。本体サイズは337(幅)×302(奥行)×93(高さ)mmで重量は約1.9kg。カラーはヘアラインシルバーのみ。樹脂内部に空気層を設け、外部からの衝撃を吸収する専用キャリングケース付き。

    屋外使用でもしっかり風を防ぐダブル風防搭載。

    強火と効率の良い熱伝導により「煮る、焼く、炒める」が自由自在。

    専用キャリングケースで持ち運びしやすいです。


    イワタニ / Iwatani

    カセットガス スモークレス焼肉グリル“やきまる”

    CB-SLG-1

    直火なのでプレートの温度上昇が早く、お肉をこんがり美味しく焼くことができます。バーナーとプレートの間に適度の熱がこもる構造になっており、プレート表面を高温化させず約210~250度Cでコントロールすることで脂の煙化を防ぎます。プレート下の水皿に脂を落とす構造で煙の発生を極力抑え、屋外はもちろん室内でも手軽に焼肉が楽しむことができます。本体サイズは303(幅)×278(奥行)×149(高さ)mm、プレートサイズは直径233mmで重量は約2.0kg。カラーはブロンズ&ブラックのみ。コンパクトサイズで収納・持ち運びにも便利です。

    取り外し可能なフッ素加工アルミトッププレート。


    イワタニ / Iwatani

    炉ばた焼器 炙りや

    CB-ABR-1

    手軽なカセットガス仕様で、卓上で七輪焼きが楽しめる機器です。網焼きと串焼きの1台2役をこなします。直火を使わず、ガスの炎で輻射板を赤熱させた輻射熱で焼くので、食材がムラなく美味しく焼くことができるのが特徴。火力が無段階で調節可能なので、食材に合わせた適切な焼き方が選べます。ガスを無駄なく消費できるヒートパネル方式で、最後まで火力を維持してくれます。本体サイズは409(幅)×214(奥行)×134(高さ)mm、焼き網サイズは約280×180mmで重量は約2.4kg。カラーはメタリックブラウンのみ。

    網を外してステーを立てれば、串焼きも楽しめます。

    火力調節がしやすいので、食材を焦がさず中まで火を通せます。

    別売りで専用の替え網があるので、使用頻度が高くても安心。


    イワタニ / Iwatani

    カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ(えんたこ)

    CB-ETK-1

    直火ならではの火力で、本格的なたこ焼きが誰でも失敗なく作れます。プレートには切り溝が付いているため、一つ一つの枠切りが簡単です。また、フッ素加工のプレートなので、こびりつかずに簡単に返せます。バーナーはU字型となっており、ムラなく焼くことができ、かつ電気式のものと比べても短時間で出来上がります。プレートだけを外して丸洗いできるので、後片付けも楽々です。本体サイズは348(幅)×231(奥行)×133(高さ)mmで重量は約2.2kg。

    プレートに切り溝がついているので、きれいな大玉が作れます。

    返しやすいフッ素加工プレート。

    プレートだけを丸洗いできるので、後片付けがラクラク。


    イワタニ / Iwatani

    カセットガス テーブルトップBBQグリル

    CB-TBG-1

    2バーナー×2グリルで様々な調理を楽しむことができる多機能グリルです。テーブル直置きで使用も可能です。遮風性の高い深型汁受けと多孔式バーナーで、アウトドアでもムラなく強い火力を保てます。また、最後まで火力を落とさず、ガスを無駄なく消費できるヒートパネルを搭載しています。さらに左右26cm四方の広いグリル・バーナーで同時調理が可能な点も魅力の一つです。本体サイズは使用時627(幅)×439(奥行)×409(高さ)mmで重量は約7.7kg。カラーはチャコールグレーメタリックのみ。フッ素コートされた専用グリルプレート付き。

    グリルとバーナーの組み合わせで、料理のバリエーションが広がります。

    フラットな底面でテーブルでの調理も安定感抜群です。

    本体上蓋が風防の役割を果たすので、アウトドアでも活躍します。


    イワタニ / Iwatani

    カセットガス テーブルトップBBQこんろ

    CB-TBG-2

    簡単・便利なツーバーナー。テーブルに直置きして使用することが可能です。アウトドアだけでなく、カバーをはずして二口コンロとして室内で使用することもできます。また、水皿を深くすることで風の影響を最小限に抑える構造になっているだけではなく、5,600kcal/h×2口の強い加熱能力をもったバーナーで、アウトドアでも安定した燃焼を可能にしています。火力を落とさず、カセットボンベのガスを最後まで使い切ることができるヒートパネル搭載です。本体サイズは使用時627(幅)×439(奥行)×409(高さ)mmで重量は約6.9kg。カラーはフレッシュグリーンのみ。

    カセットガス使用で準備も片付けも簡単。

    料理に合わせて火力調節も自在。

    別売りのグリルプレートを使ってBBQも楽しめます。


    イワタニ / Iwatani

    カセットガス スタンドBBQグリル

    CB-SBG-1

    取り外し可能なスタンドで、スタンド型でもテーブル直置きでも使用が可能な2WAY仕様。組み立て・折りたたみも簡単です。折りたたむとキャリー形式になり、タイヤ付きで持ち運びも楽々。別売りのカセットフー専用アクセサリーシリーズを組み合わせることにより、屋外での料理の幅が広がり、調理を楽しむことができます。本体サイズは816(幅)×519(奥行)×1072(高さ)mmで重量はスタンド装着時で約11.3kg。カラーはサンセットオレンジのみ。フッ素コートされた専用グリルプレート付き。

    スタンドを外してテーブル置きでの使用もできます。

    簡単に折りたためて、タイヤ付きで持ち運びに便利。

    同社カセットコンロと同等の安全装置を搭載。


    キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

    炉端焼 卓上カセットコンロ

    M-6303

    バーナー2本を熱した輻射熱で焼き上げるので、食材がムラなくふっくら焼けます。ステンレス製の焼網は、サビや汚れに強いです。焼網を外し専用の焼き鳥スタンドにつけかえることで、串焼きも楽しめます。水受け用のトレーは取り外し可能。水を張っておけば、アクや余分な脂を受け取るので後片付けが簡単。輻射板も取り外してお手入れ可能です。本体サイズは391(幅)×227(奥行)×136(高さ)mmで重量は約2.4kg。

    ガスで簡単着火。手軽に網焼きが楽しめます。

    付属の焼き鳥スタンドを使用して串焼きも可能。

    取り外し可能なトレーで後片付けが簡単。


    キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

    風月 卓上カセットコンロ<ジュニア>

    M-6349

    軽量かつコンパクトなカセットコンロで、持ち運びしやすいです。家庭での少人数鍋やソロキャンプにも最適。同社製品の風月卓上カセットコンロの安全設計はそのままに、災害時や緊急時に持ち出しやすいサイズになりました。出力2.1kW(1,800kcal/h)で、強火から弱火まで簡単に火力調節可能。別売りの同社ガスカセットボンベCB-120を使えば本体にボンベがすっきり収まります。本体サイズは225(幅)×190(奥行)×105(高さ)mmで重量は約1.0kg。

    ひとり鍋に適したコンパクトサイズ。


    キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

    風月 卓上カセットコンロ

    M-6348

    3.5kW(3,000kcal/h)のハイパワーで、スピーディに調理できます。つまみを回せば強火から弱火まで簡単に火力調節可能。カセットボンベのガスを無駄なく消費するヒートプレート付きで、最後まで火力を維持できます。汁受け皿付きでお手入れしやすく、鍋物や焼肉などをアウトドアでする際にも活躍します。ガス通路遮断型の圧力感知安全装置や容器セット安全装置付きの安心設計。本体サイズは340(幅)×280(奥行)×90(高さ)mmで重量は約1.5kg。

    高火力でスピーディに調理。強火から弱火まで簡単に火力調節可能。

    安定感があるので大人数で鍋を囲めます。


    スノーピーク / snow peak

    HOME&CAMP バーナー

    GS-600SL

    家でもキャンプでも使える、スノーピークらしいシンプルなデザインのカセットコンロ。体の脚を含めた4つの支点で支えるので、大きめの鍋を置いてもしっかりと安定します。輻射熱を考慮しているため、卓上でも安心して使用できます。コンロ部分を収納すると直立するので、収納でも場所をとりません。本体サイズは、301(幅)×346(奥行)×120(高さ)mmで、重量は1.4kg。カラーは、シルバー、ブラック、カーキの3色展開。

    安定感のある五徳は、大きめの鍋を置いても安定しやすい。

    五徳部分を、カセットボンベをセットする本体部分に格納可能。

    収納後は直立するので、収納でも場所をとらず、バッグにも納まるコンパクトなサイズ(90×120×255mm)に。


    キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

    ポータブル カセットコンロ

    UF-28

    薄型・軽量でコンパクトなため、アウトドアのフィールドにも持ち出しやすいカセットコンロ。火力は3000kcal/hで、キャンプはもちろん、防災用にも。圧力感知安全装置を搭載、カセットボンベは簡単にセッティングできるマグネット式なので、使い方も簡単。本体サイズは、約342(幅)×270(奥行)×86(高さ)mm、重量は約1.5kg。カラーはブラックのみ。

    最大火力は3000kcal/h、アウトドアシーンでの調理にも活躍してくれます。

    カセットボンベの取り付けはマグネット式で簡単。取り外しも新機能搭載でレバーを押すだけです。


    アラジン / Aladdin

    ポータブルガスカセットコンロ ヒバリン

    SAG-HB01

    日本の古き良き文化を現代に取り入れたいという想いから誕生した本製品は、日本の伝統的なコンロとも言える“火鉢”や“七輪”を融合させたような、ユニークで新しい形の火鉢型カセットコンロ。「ヒバリン」という商品名の由来は、「火鉢」と「七輪」を掛け合わせたネーミング。本体サイズは、278(幅)×295(奥行)×188(高さ)mm、重量は2.8kg。基本カラーはレッドとイエロー。

    焼き網や輻射プレートなど、料理の幅が広がる「グリルキット」が付属。グリルキットを使用すると、直火では火力が強すぎて焦がしてしまいがちだった餅や魚を焼いたり、スルメを炙ったりすることが可能。

    中央がやや凹み、バーナー部を囲むように設計された天板形状により、火が消えにくくなっています。


    ソト / SOTO

    レギュレーター2バーナー GRID

    ST-526

    二口のコンロを備えながら重さは2.25kgと、薄型で軽量。コンパクトに持ち運べるので、荷物を少なくしたい人におすすめです。マイクロレギュレーターの効果で、高火力を発揮し、安定した火力を維持します。ガスボンベを縦向きにセットすることが多い一般的なツーバーナーとは違い、横向きにセットするのが特徴。重心が低く、安定感があります。本体サイズは、473(幅)×252(奥行)×145(高さ)mm、重量は2.25kg。

    点火装置内蔵で、器具栓つまみを回して点火ボタンをカチッと押すだけなので、簡単に点火できます。

    ステンレス製で錆びにくく丈夫。フラットは1枚板なので、ラクに拭き取れてお手入れも簡単です。

    収納バック付きなので、片付けはそのままの形状で入れるだけでOK。


    ソト / SOTO

    ツーバーナー

    ST-527

    ファミリーやグループでのキャンプに最適な二口コンロのツーバーナー。火力は3,300kcal/h×二口で、さまざまな調理に対応可能。風防がしっかりしているので、風のあるシーンでも安心です。収納時は高さ約9.5cmとコンパクトにまとまります。本体サイズは、545(幅)×330(奥行)×540(高さ)mmで、重量は5.1kg。カラーはブラックのみ。

    2口コンロは同時調理が可能なので、キャンプ料理の幅も広がります。

    収納時のサイズは、545(幅)×33(奥行)×95(高さ)mmと、非常にコンパクトに。


    ユニフレーム / UNIFLAME

    ツインバーナー

    US-1900

    スタイリッシュで軽量ながら、最高火力は3,900kcal/hというハイパワーバーナー。火力調整もしやすく、とろ火も可能。パワーを持続させるパワーブースター(加温器)搭載で、いつでも高火力を保つことができます。五徳部分は高強度となっており、鍋径約26cmの鍋を並べて使用可能。フタは取り外し可能で、約33cmまでの鉄板等が使用できます。汁受け部分は汚れに強いステンレス製。本体サイズは、540(幅)×320(奥行)×290(高さ)mmで、重量は約3.9kg。

    軽量&ハイパワー&使いやすい、3拍子揃ったキャンプストーブ。

    パワーを持続させる銅製ブースター(加熱器)が搭載。

    重量は約3.9kgと軽量のため、屋外での持ち運びも便利です。


    グリーンウッド

    カセットコンロ

    GC-TH1

    シンプルでスタイリッシュなビジュアルですが、最大火力は3,000kcal/hとパワフルなカセットコンロです。汁受け部分はホーロー加工されているため、汚れが落としやすくお手入れも簡単。サイズは、330(幅)×274(奥行)×86(高さ)mm、重量は1.6kg。カラーはブラウンとベージュ。

    カセットボンベはマグネット着脱式のため、簡単に着脱できます。

    高さは約8.6cmと非常に薄型なので、収納もかさばりません。


    東海

    卓上コンロ コン郎ミニ

    TC-18H

    コンパクトでソロキャンプや一人鍋にもぴったり。ミニサイズながら、最大出力は1,800kcal/h、圧力感知安全装置、容器セット安全機構も搭載されています。本体サイズは、約245(幅)×195(奥行)×89(高さ)cmで、重量は0.9kgと軽量。

    コンパクトサイズなので、持ち運びも楽々です。


     

    「イワタニ/カセットフー タフまる」の使用レビュー

    野外料理に必要なクッキングギア。ホワイトガソリンや灯油を使うバーナー類ほか、アルコールストーブなどが挙げられますが、ガスを使うタイプも人気です。

    入手が容易なカセットガス缶

    アウトドアクッキングで使うガスと言えば、まず挙げられるのがアウトドアガス缶(OD缶)です。山登り等で使用されることが多く、ワンバーナーを使って作ったラーメンやコーヒーは登山愛好者に人気があります。

    アウトドアガス缶はスポーツ用品店やアウトドアショップといった専門店ほか、Webショップなどでも購入できます。コンビニやスーパーなどではほとんど販売されていないので、事前に入手しておく必要があります。

    一方、家庭でも使われるカセットガス缶(CB缶)は、コンビニやスーパー、100円ショップなどでも販売されており、アウトドアガス缶に比べて入手が容易です。

    アウトドアガス缶もカセットガス缶も、気温がマイナスになるような寒い時期での屋外使用を想定した低温時対応ガス(パワーガスなど)がありますが、温暖な時期であれば普通のガス缶で十分。寒い時期は使わないという人なら、手に入りやすさでカセットガス缶を選択するのも大いにアリです。

    カセットこんろ式が使いやすい

    カセットガス缶を使用した調理器具は、大別して3つのタイプに分類できます。まずは自宅でも使うようなカセットこんろ式のもの。次にコンパクトに収まるシングルバーナー式。そしてカセットガス缶をふたつ利用したツーバーナー式のもの。

    なかでも使いやすいのがカセットこんろ式です。使い方に迷うこともなく、家族も安心して使用することができます。ひとつ注意が必要なのは、家での鍋料理などで使用している通常のカセットこんろは屋外での使用を想定して作られていないので、風で火が消えてしまう危険性があること。そこでオススメしたいのが、アウトドア用途で作られたカセットこんろです。

    キャンプシーンに最適な「カセットフー タフまる」

    カセットこんろ・カセットボンベの国内シェアトップメーカー、岩谷産業株式会社(イワタニ)では、アウトドアユースに適したカセットガス式こんろを販売しています。そのひとつ、「カセットフー タフまる」は、風を通さない仕様で、野外でも使うことができます。

    BE-PAL編集部でも愛用!

    BE-PAL編集部の倉庫にはカセットフー タフまるが保管されており、撮影やイベントなどで実際に使用しています。バーベキューや焚き火料理がメインであっても、ちょっとお湯を沸かしたり、スープを温めたりするときに便利です。

    お昼どきの設営や、撤収で忙しい朝は簡単な調理で済ませたいもの。そんなときに、ぱっと取り出してサッと片付けできるので、とても重宝しています。

    実際に利用して分かった! カセットフー タフまるのココがスゴい!

    外側風防と内側風防の2段構え!

    屋外での風は、カセットこんろにとって大敵。知らずしらずのうちに火が消えて、ガスだけ噴出し続けたりしたら事故の元です。カセットフー タフまるは、外側風防と内側風防を備えており、風に強いのが特徴です。それでいて燃焼に必要な空気を的確に取り入れることができます。この『空気は通しても、風は通さない! 「ダブル風防ユニット」』構造は、同社によって特許登録済みです。

    炎の安定感を生み出す多孔式バーナー

    バーナー部は火足が短く、風の影響で火が消えにくい多孔式バーナーを採用。安定した火力を得ることができるので、五徳にのせた鍋はもちろん、フライパンやヤカンなどでも高いパフォーマンスを引き出すことができます。

    耐荷重はなんと20kg!

    カセットフー タフまるの耐荷重は20kg。ダッチオーブンを置いても破損してグラつくようなことはありません。もちろん、スキレットもOK。アウトドアクッキングの醍醐味を十分に楽しむことができます。

    専用キャリングケースがグッド!

    カセットフー タフまるには専用のキャリングケースが付いてきます。サイズぴったりの専用キャリングケースは、持ち運びはもちろん、収納時にも便利です。ケースが無いと、クルマに積む時や運搬時の破損が心配ですし、次に使うまでホコリをかぶったりするのも気になるもの。その点、カセットフー タフまるならケース付きなので安心です。

    このほかカセットフー タフまるには、熱に強くて頑強な脚部(アルミダイキャスト製スタンド)や、プレートの交換できるカセットフー専用アクセサリーシリーズ(別売)など、オプションによって使い勝手の幅が広がるのも魅力です。

    風に強く、ダッチオーブンも載せられるアウトドア仕様なカセットこんろ。外でも家でも使える屋内外両仕様は、普段使いはもちろん、レジャーでも非常用としても重宝します。

    キャンプデビューのビギナーさんにはもちろん、バーナー類をすでに持っているベテランキャンパーさんの買い足しにもオススメです。

    SPEC:

    本体サイズ:341(幅)×283(奥行)×129(高さ)mm
    ケースサイズ:372(幅)×362(奥行)×136(高さ)mm
    重量約2.4kg:(ケース込重量:約3.9kg)
    カラー:ブラック
    材質:本体・鋼板、トッププレート・ホーロー用鋼板、五徳・ホーロー用鋼板(ホーロー加工)、バーナー・鋼板(ステンレス)、器具せんつまみ・ABS樹脂
    ガス消費量:約236g/h (気温20-25度Cのとき、30分間のガス消費量を1時間換算したもの)
    連続燃焼時間:約75分 (気温20-25度Cのとき、強火連続燃焼にてカセットボンベを使い切るまでの実測値)
    点火方式:圧電点火方式
    安全装置:圧力感知安全装置、他
    容器着脱方式:マグネット方式
    使用ガス:イワタニカセットガス、イワタニカセットガスパワーゴールド
    使用できる鍋の大きさ:鍋底の直径が24cm以下(小さい鍋は鍋底が16cm以上)
    付属品:専用キャリングケース
    生産国:日本

    ※構成・文・写真/早坂英之

    紹介商品
    イワタニ
    カセットフー タフまる

    ▲ 商品一覧に戻る

    カセットコンロの関連記事

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 バーナー・燃焼器具 』新着編集部記事

    個性的なギアが欲しいならプラスマニア。固形燃料用超小型バーナー「can+ro Ⅱ」の魅力とは?

    2022.09.30

    カセットコンロ&ボンベをスマートに収納できる専用ケースがビックカメラにあった!

    2022.09.28

    熱効率がいいよ! 人類の知恵がつまった「かまど」をソロキャンでもどうぞ

    2022.08.15

    初心者におすすめはCB缶?OD缶?初心者こそ知っておくべきバーナーの選び方

    2022.07.17

    シングルバーナー級の高火力を実現!ドラフト効果を利用した高スペックなロケットストーブ

    2022.07.14

    ソロキャンプに最適のサイズ感!アウトドアで重宝するカセットガス式ホットプレート

    2022.06.27