日産 セレナe-POWERとアウトドア、相性は抜群です! | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 日産 セレナe-POWERとアウトドア、相性は抜群です!

    2018.11.14 セレナ日産

    先日、日産自動車さんから「セレナe-POWERに乗ってアウトドア遊びしませんか?」とのお誘いがあり、BE-PAL本誌でクルマや自転車などの記事を手がける、私、ライター佐藤が参加してきました。

    アウトドア遊びの内容とは、日産グローバル本社のある横浜から朝霧高原までセレナe-POWERで走って、現地でバーベキュー&カヤックを楽しむというもの。しかし、当日は朝からまさかの雨。ときおり豪雨といっても差し支えないほどの激しい雨が降るコンディションで、お誘いしてくれた日産の広報さんも頭を抱えてがっくり……。

    気を取り直し、駐車場で本日お世話になる白のセレナe-POWERとご対面。じつはこのセレナ、いま日本でもっとも売れているミニバンとのこと。すべての月で販売台数1位を獲得※しています。そして今年の2月からラインナップに加わったe-POWERは、9月までの累計販売台数が2万5148台で、セレナ全体の販売台数の40%前後を占めるという。※日産調べ

    セレナe-POWERを実際に運転して気づいたこと

    出発してすぐ「おおっ!」と唸りました

    セレナe-POWERは1200㏄の比較的小さなエンジンで発電を行い、その電力でモーターを駆動させて走行する仕組みを採用しております。エンジンはあくまで発電のみを担い、動力として使われることは一切ないので走行感は他のクルマとはかなり異なります。

    唸った点その1
    発進加速がミニバンっぽくない

    セレナのような2000㏄クラスの7∼8人乗りミニバンはおおむね車重が1600㎏以上もあるのでもっさりとした発進になりがち。ところがセレナe-POWERはエンジン音が高まることなく、常に一段低いギアで走っているような元気な加速感。右足の動きに瞬間的に反応して加速するので、クルマがひと回り以上、軽く、小さく感じる。これは動き出しから最大トルクを発揮できる電気モーターの長所なのだとか。

    唸った点その2
    車内が静か

    一般的なミニバンだと登り坂や追い越し時にエンジンが唸ってうるさかったりしますけど、セレナe-POWERは電気モーターのみで走行するのでかなり静か~。まあ、高速道路に乗ると全高が高いので風切り音などはそれなりにしますが。

    唸った点その3
    燃費がかなり良い

    横浜から朝霧高原まで、一般道と高速道路を使って約150㎞を走りましたが、平均燃費は16㎞/ℓぐらい。これは私の普段乗っている1200㏄(車重1t)のコンパクトカーとほぼ同じ値。もっともカタログ値だと26.2㎞/ℓとなっているので、省燃費走行を意識すればさらに伸びるでしょう。

    唸った点その4
    ブレーキを踏まずにスイスイ走れる

    セレナe-POWERには「Sモード」、「ECOモード」、「Normalモード」という、3つの走行モードがあるのですが、そのうち「Sモード」、「ECOモード」はアクセルペダルを緩めるとかなり強い減速力が働く設定になっており、ワンペダルでストップ&ゴーの多い街中や、カーブの続く山道をスムーズに走ることができます。頻繁にアクセルとブレーキペダルを踏み変るのってじわじわと疲労がたまりますから、これはうれしいポイントです。

    さてさて、雨の高速道路を走行すること、およそ2時間で朝霧高原に到着しましたが、ここでは日産自動車が誇る「プロパイロット」機能が大いに活躍しました。プロパイロットはアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御してくれるという、この手のミニバンに搭載されるものとしてはもっとも進んだ運転支援システムです。速度を設定すれば車が自動的にレーンをキープして走ってくれるため、高速道路のロングドライブが驚くほど快適になります。

    ファミリーキャンプなんかだと往路復路の運転からサイトの設営までお父さんに負担が集中しがちなので、プロパイロットは大変ありがたい機能です。個人的には、その機能もさることながら、操作全般が簡単なのにも感心した次第。事前に操作を教わらなくても、直感だけで使いこなすことができました。

    セレナe-POWERで朝霧高原に行ってきました!

    アーバンキャンピング朝霧宝山では、屋内でBBQが楽しめます

    ドライブを終えて朝霧高原にあるキャンプ場「アーバンキャンピング朝霧宝山」に到着。雨が強く、残念ながら当初予定されていたグランピングサイトではなく、屋内バーベキュー場でのランチになりましたが、広々としたスペースは十分過ぎるほど快適。アーバンキャンピング朝霧宝山は昨年できたばかりのキャンプ場なので、すべての施設がとてもきれいです。

    アーバンキャンピング朝霧宝山は昨年オープンしたばかりの新しいキャンプ場。オートサイトのほか、写真のようなグランピングサイトもあり。ウッドデッキの上に設営された大型テントで快適なキャンプを楽しむことができます。

    今年作られたばかりの溶岩露天風呂。この日は残念ながら入浴することはできなかったが、ご覧のような解放感溢れるロケーションで入浴することができます。

    アーバンキャンピング朝霧宝山
    静岡県富士宮市根原371-5 TEL 0545-38-3646
    http://www.urban-camping.jp

    まかいの牧場で、チーズ作りが体験できます

    当初予定されていたカヤックは雨のため中止に。その代わりに近隣施設「まかいの牧場」で、チーズ作りを体験してきました。普段食べているチーズの成り立ちを知ることができ、子どもはもちろん、大人も楽しめます。各自お手製のモッツアレラチーズと裂けるチーズをお土産に、イベントは終了です。

    もちろん帰路もプロパイロットにお世話になりっぱなしでありました。

    まかいの牧場は、さまざまな牧場体験や自然体験、食事が楽しめる広大なテーマパーク。

    お土産コーナーも充実しており、自家製のパン屋やお菓子が販売されています。濃厚な富士山チーズケーキが個人的に超おすすめ。

    先生に教わりながらモッツアレラチーズと裂けるチーズを参加者全員で製造。牛乳を乳酸発酵させて作るチーズの原料「カード」を80度のお湯で温めながら成型していきます。表面がツルツルになるよう成型したら塩水につけてハイ完成。できたてのフレッシュなチーズはめちゃくちゃ美味です。

    まかいの牧場
    静岡県富士宮市内野1327
    TEL 0544-54-0342
    https://www.makaino.com

    セレナe-POWERとアウトドア、相性は抜群です

    頻繁に荷物の積み下ろしを行うキャンプ時に便利なのがこのデュアルバックドア。ちょっとしたものを積載するだけなのにいちいち大きな背面ドアを開閉するのって結構面倒なんですよね。これだと上半分だけ空くので少ない力で開閉ができます。

    手がふさがっていてもキーを持っていれば足をかざすだけでスライドドアを開くことができる「ハンズフリーオートスライドドア」という機能も搭載されています。

    大人数乗れて、荷物も詰める。静音かつ、安全設計も魅力。セレナe-POWERは、アウトドアユースとしても、とても魅力的なクルマでした。

    ◎構成・撮影/佐藤旅宇

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    テント泊で疲れたらフランス車で帰るなんてどう?シトロエンのクロスオーバー「CX5」レビュー

    2022.12.07

    ホンダ・ステップワゴンは外遊びグルマの永世定番になる!

    2022.11.22

    電動化&高級志向で人気沸騰! タフで遊べる新型エクストレイルをテスト

    2022.10.14

    ドアを開けると夢の世界が!超高級SUV「レンジローバー」をテスト

    2022.09.10

    アウトドアに寄り添う実用性!最新装備のルノー・キャプチャーをテスト

    2022.09.08

    日産アリアからフィアット、ボルボまで!2022年上半期登場のEVをテスト

    2022.08.15