夏ダメージで髪の老化が進む!? 頭皮ケアはその日のうちに! | ナチュラルライフ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ナチュラルライフ

    2015.07.17

    夏ダメージで髪の老化が進む!? 頭皮ケアはその日のうちに!

    アウトドアで遊んだ後の傷んだ髪の、“駆け込みサロン”としても人気の「onhair dreesing」の智佳さんとNORIさんに、夏のダメージ対策について伺いました。

    「海や山などのアウトドアフィールドは、街と比べると強い紫外線を受けやすく、髪が傷みがち。たとえば、海や川では、塩分や照り返しによるカラーの褪色や乾燥が顕著。そして山では、帽子を一日中かぶっているため、毛穴のつまりや皮脂のベタつきが問題になります。これらのダメージをそのままにしておくと、髪を保護するキューティクルがはがれて、髪の内部にまでダメージが進行。切れ毛や枝毛など、さまざまなトラブルの原因になってしまいます」(智佳さん)

    髪は、修復にとても時間がかかるため、予防やその日のうちのケアがとても大切なのだとか。また、健康な髪が生まれてくることも重要なので、頭皮ケアで毛根から美髪に育むことも必要なんだそう。 では、具体的にはどのようなケアをすればいいのでしょうか?

    「マッサージやトリートメントで、老廃物や凝りをスムーズに取り除き、頭皮をやわらかく保ってください。頭の血行を促す簡単なツボ押しがおすすめです。日常的に取り入れれば、健康な髪を維持できますよ」(NORIさん)

    ■教えてくれたのはこの人

    DMA-WKTK4846

    on hair dressing
    (左)NORIさん(右)智佳さん
    流行に捉われず、本当にいいものを提案するヘアサロン「on hair dressing(オン ヘア ドレッシング)」のスタイリスト。確かな技術と親身な対応が人気。

    NEW ARTICLES

    『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

    富士山を望む絶景を独り占めできる穴場サイトをBE-PAL編集部員が発見!

    2024.05.07

    焚き火の「灰」を使って洗剤作りに挑戦!今日からできるSDGs的社会貢献とは?

    2024.04.28

    パスタの茹で汁、捨てないで!アウトドアでの驚くべき活用法があった

    2024.04.16

    GWにおすすめの映画2選!美しい自然と人との関わり方について考えさせられる

    2024.04.12

    えっ!? あの「ほりにし」からスパイス…じゃなくて“クリーナー”が爆誕したって知ってた?

    2024.04.05

    レジャーだけじゃない!「大学×アウトドア企業」で切り開かれる新たな可能性

    2024.03.23

    耕しながら旅をする!土に根ざす生き方を学ぶ「WWOOF」のファームステイ

    2024.03.23

    京都駅で2024年4月6日から開催!世界最高峰の自然写真家・高砂淳二さんの写真展

    2024.03.17