モンベルのソックオンサンダルが優秀!アウトドア好きが選ぶ理由とは | フットウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • フットウェア

    2024.05.29

    モンベルのソックオンサンダルが優秀!アウトドア好きが選ぶ理由とは

    キャンプで気軽に履けるサンダルを探しているなら、モンベルのソックオンサンダルがおすすめです。アウトドアからタウンユースまで活躍する、多彩なラインアップを一気に紹介します。今の気分に合った、理想の一足を探してみましょう。

    キャンパーに人気!モンベルのソックオンサンダルの魅力

    キャンプに行くと、モンベルのソックオンサンダルをちらほら見かけることがあります。多くのキャンパーに支持される理由は、いったいどんなところにあるのでしょうか?

    軽くて履きやすい

    モンベルのソックオンサンダルを手に取ってみると、まずその軽さに驚くでしょう。サイズにもよりますが、重量は大人用の片足で約200g以下です。

    この軽さは、実際に履いてみるとより際立ちます。ソール部分に使われているのは、『EVAフォーム』と呼ばれる素材です。軽量で弾力性があり、足への負担を軽減できます。

    ストラップが細いためかさばりにくく、荷物に加えてもたいして負担になりません。脱ぎ履きもしやすく、出先で使うサブサンダルに最適といえるでしょう。

    実力の割に低価格

    サンダルに限ったことではありませんが、品質の高さとともに価格も高めになりがちです。しかし、モンベルのソックオンサンダルは、実力・機能の割に非常にリーズナブルです。

    アウトドアで使用する場合は汚れることが前提で、泥汚れが付いたりずぶぬれになったりすることもあるでしょう。高価なサンダルだと、汚れが気になって思い切り遊べません。

    その点モンベルのサンダルは、一般的なアウトドアブランドの商品と比較しても低価格です。気軽に買い直せるコスパの高さが、大きな魅力となっています。

    ファッションに取り入れやすい

    サンダルといえば夏の履物ですが、ソックオンサンダルは靴下に合わせて履けるため、春・夏・秋の3シーズン活躍します。

    露出する部分が広く、靴下の色やデザインを邪魔しません。無地の靴下を合わせてシンプルに仕上げる定番コーデも、柄物を合わせた難易度の高いコーデも自由自在に楽しめます。

    スキニーパンツ・ワイドパンツ・ロングスカートなど、タウンユースに使うファッションにもしっくりなじむので、自分らしいスタイルを追求できるでしょう。

    モンベルの定番ソックオンサンダル

    スリップオンサンダルから派生したのが、『ソックオンサンダル』です。ソックオンサンダルと、定番となっているそのほかのモデルもチェックしましょう。

    ソックオンサンダル

    「手間なく脱ぎ履きできるサンダルが欲しい」という場合には、『ソックオンサンダル』がおすすめです。

    細めのストラップが描くラインが独特で、両足分を並べて置くと、ハート型のように見えます。履き方はつっかけと同じなので足を通しやすく、手早く履けるのが特徴です。

    アウトドアでの履き替え用や、少し近所に出掛けるときのリラックスウェアとして、さまざまなシーンで活躍するでしょう。

    厚手の靴下を合わせれば、少し肌寒くなる季節にも履けます。ポップなカラーバリエーションで、足元に差し色を加えたいときにもってこいです。

      • 商品名:ソックオンサンダル
      • モンベル公式オンラインストア:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ソックオンサンダル

    ●サイズ/XS〜XXL
    ●重量/169g(Mサイズ・片足)

     

    ロックオンサンダル

    「アクティブに動けるサンダルが欲しい」という場合は、ソックオンサンダルにかかとストラップが追加された、『ロックオンサンダル』がおすすめです。

    かかとストラップは調節可能で、足のサイズに合わせてフィットさせられます。テントの設営や調理の準備など、あちこち動き回っても脱げてしまうことはありません。

    こちらも靴下を合わせて履けるので、3シーズン使い回せます。カラーバリエーションはソックオンサンダルより多く、お気に入りの一足を見つけられるでしょう。

      • 商品名:ロックオンサンダル
      • モンベル公式オンラインストア:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ロックオンサンダル

    ●サイズ/XS〜XXL
    ●重量/180g(Mサイズ・片足)

     

    スリップオンサンダル

    日本の伝統的な履物である草履のようなサンダルです。鼻緒が足の甲全体をホールドする設計のため、草履と比べて安定感があります。

    靴下を合わせることはできませんが、鼻緒の肌触りが優しく、素足で気持ちよく履けます。親指に引っ掛けるだけで履けるので、夏の定番サンダルになるでしょう。

    色味もどことなく和の雰囲気があり、浴衣に合わせても浮きません。下駄を履くと靴ずれしてしまう人は、スリップオンサンダルを試してみてはいかがでしょうか。

      • 商品名:スリップオンサンダル
      • モンベル公式オンラインストア:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    スリップオンサンダル

    ●サイズ/XS〜XXL
    ●重量/172g(Mサイズ・片足)

     

    水遊びにおすすめなモンベルのサンダル

    水辺でのアクティビティには、足裏を保護するサンダルがあると安心です。水遊びに適した、モンベルのサンダルを2足紹介します。

    スプリットトゥ アクアグリッパー サンダル

    「水中で動きを制限されないサンダルが欲しい」という人にぴったりなサンダルです。足の甲とかかと部分のストラップに加え、親指を通すループがあるため、しっかりと足を固定してくれます。

    アウトソールに使用されているのは、モンベルが独自に開発した、『アクアグリッパー』です。グリップ力がとても高く、斜面やぬめりのある岩肌を十分にとらえてくれます。

    水中でも素足のように自由に動けて、同時に砂利や貝殻などから足裏を保護してくれるでしょう。カヌー・カヤック・SUPなどのアクティビティにもおすすめです。

      • 商品名:スプリットトゥ アクアグリッパー サンダル
      • モンベル公式オンラインストア:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    スプリットトゥ アクアグリッパー サンダル

    ●サイズ/XS〜XL
    ●重量/250g(Mサイズ・片足)

     

    キャニオンサンダル

    サンダルを履いていて、むき出しの指をケガした経験はありませんか?足指まで保護したい場合は、『キャニオンサンダル』を選ぶとよいでしょう。

    爪先までカバーされていると水はけが悪くなりがちですが、こちらのサンダルはサイドまで深く入った切り込みが複数あるため、効率的に水を逃がしてくれます。

    フィット感が欲しいときや、ゆとりを持たせたいときは、足の甲部分にあるベルクロを調節すればOKです。気楽なつっかけタイプがよければ、ストラップのない『キャニオンクロッグ』もあります。

      • 商品名:キャニオンサンダル
      • モンベル公式オンラインストア:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    キャニオンサンダル

    ●サイズ/22〜29cm
    ●重量/265g(25.0cm・片足)

     

    モンベルのキッズ向けソックオンサンダル

    履きやすく脱げにくいモンベルのサンダルは、活発に動き回る子どもにもぴったりです。さまざまなシーンでおすすめな、キッズ向けサンダルを3足紹介します。

    ソックオンサンダル Kid’s

    「素早く履ける子ども用のサンダルが欲しい」というときは、『ソックオンサンダル Kid’s』がおすすめです。手を使わずにさっと履けるので、急いでいるときに玄関でもたつかずに済みます。

    ポップなカラーと個性的なストラップが、子どもの小さな足をよりかわいらしく見せてくれます。足首に近い甲の部分を固定し、かかとのストラップがなくても脱げにくい仕様です。

    大人には難しい柄靴下×派手カラーの組み合わせも、子どもなら余裕で着こなせます。パパやママとおそろいの靴下にして、親子コーデに挑戦するのも楽しいでしょう。

      • 商品名:ソックオンサンダル Kid’s
      • モンベル公式オンラインストア:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ソックオンサンダル Kid’s

    ●サイズ/18.0(16.5~18.0cm)、20.0(18.5~20.0cm)
    ●重量/108g(20.0cm・片足)

     

    ロックオンサンダル Kid’s

    「ソックオンサンダルが気になるけれど、かかとも固定しておきたい」という人には、バックストラップをプラスした『ロックオンサンダル Kid’s』がよいでしょう。

    ベルクロを調節して固定すれば、かけっこや鬼ごっこをしても脱げません。サンダルだけ置きざりにはならないので、キャンプや川遊びでも思い切り遊ばせられます。

    Mサイズは片足約113gという軽さで開放感もあり、暑がりな子どもにはこれ以上ないサンダルといえるでしょう。靴下ありで履けるので、アウトドアだけではなく日常でも活躍します。

      • 商品名:ロックオンサンダル Kid’s
      • モンベル公式オンラインストア:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ロックオンサンダル Kid’s

    ●サイズ/XS(16.0~17.0cm)、S(17.5~18.5cm)、M(19.0~20.0cm)、L(20.5~21.5cm)
    ●重量/113g(Mサイズ・片足)

     

    スリップオンサンダル Kid’s

    海や川で子どもを遊ばせるとき、親が気になるのはビーチサンダルの行方です。水流に持って行かれて、あわてて追いかけたことがある人も多いでしょう。

    『スリップオンサンダル Kid’s』なら、簡単に脱げることはありません。足の甲全体を覆う鼻緒が、しっかり足とサンダルを固定してくれます。

    また、歩いているときにかかとが浮かないため、長時間歩いても疲れにくいでしょう。ペタペタという足音も軽減されるので、静かな場所でも人目を気にせずに済むはずです。

      • 商品名:スリップオンサンダル Kid’s
      • モンベル公式オンラインストア:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    スリップオンサンダル Kid’s

    ●サイズ/18.0(16.5~18.0cm)、20.0(18.5~20.0cm)
    ●重量/108g(20.0cm・片足)

     

    まとめ

    モンベルのソックオンサンダルを筆頭に、ロックオンサンダル・スリップオンサンダルといったモデルが注目を集めています。

    いずれも軽量で履き心地がよく価格も手頃であるため、キャンプや川遊びなど、アウトドアアクティビティに履くサブサンダルに最適です。

    靴下と合わせて履けるモデルは、ファッションアイテムとしても人気があります。アウトドアのみならず、日常使いにも適したモンベルのサンダルは、幅広いシーンで活躍するでしょう。

    あわせて読みたい

    【キホアル中村の大人買い!】濡れた石の上でも滑らないサンダル

    【キホアル中村の大人買い!】濡れた石の上でも滑らないサンダル

    【コスパ最強】ワークマンのサンダル「ボーンサンダル」がキャンプにぴったりな理由

    「ギョサン」は日本の良心だ!50年ぶりのニューモデルをレビュー

    「つま先保護サンダル」のなかでも、いちばん涼しく、いちばん軽い!

    「つま先保護サンダル」のなかでも、いちばん涼しく、いちばん軽い!

    “世界一のパリピ島”スペインのイビサ島でマラソン大会参戦!クラブ音楽で難コースを乗り切れるか!?

    BE-PAL FOREST CAMP 2019 おしゃれ&個性派キャンプサイトをスナップ!

    BE-PAL FOREST CAMP 2019 おしゃれ&個性派キャンプサイトをスナップ!

    【森道市場SNAP】日本一ピースフルなフェスでいろいろ聞いてきました!(前編)

    【森道市場SNAP】日本一ピースフルなフェスでいろいろ聞いてきました!(前編)

    Chacoサンダルの人気の秘密は?選び方とおすすめアイテムを紹介

    mont-bell|ソックオンサンダル

    mont-bell|ソックオンサンダル

    NEW ARTICLES

    『 フットウェア 』新着編集部記事

    アウトドア向けのスニーカー15選|普段も履ける高機能シューズが勢ぞろい!

    2024.06.18

    水際のおしゃれ番長!MERRELLの新作サンダル「HYDRO SLIDE 2」は快適度がさらにアップ

    2024.06.17

    軽量登山靴・スカルパ「ラッシュトレックGTX」レビュー!初トレッキングシューズにもおすすめ

    2024.06.12

    水陸両用シューズ13選|海・川などの水辺レジャーに履いていきたい靴特集

    2024.06.10

    夏サンダルの定番「BIRKENSTOCK」から簡単に水洗いできるアウトドア向けサンダルが登場!

    2024.06.06

    水陸両用サンダルは今季もトレンド!大注目のホカ「HOPARA 2」を試してみた

    2024.05.28

    ブームのスニーカーサンダルがコロンビアからも登場!メンズもレディースもあり

    2024.05.18

    アウトドアタイプのリカバリーサンダルを探している人に!SIDASの春夏モデルはいかが?

    2024.05.13