暖かい場所に未知のあの虫を探して…極北には不思議な古事が起きて…読み始めたら完読必至の良書2選 | 本 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 2024.03.24

    暖かい場所に未知のあの虫を探して…極北には不思議な古事が起きて…読み始めたら完読必至の良書2選

    北から南まで、地球には未知の生き物や不思議なできごと、感動の源泉がいっぱい。今回は、そんな一面を知ることができる新刊書をご紹介!

    BOOK 01

    まだ見ぬGを探す旅。そうだ彼らも虫だった

    『愛しのゴキブリ探訪記  ゴキブリ求めて10万キロ』

    柳澤静磨著 ベレ出版 ¥1,980

    愛しのゴキブリ探訪記  ゴキブリ求めて10万キロ

    間違いなく多くの人に嫌われているゴキブリ。最近は「ゴキブリ」とフルネーム?ですら呼んでもらえず、「G(ジー)」などと略されることもしばしばだ。黒っぽいボディーに素早い動き、それが一般的に知られている彼らの姿。だが、世界には知られているだけで4800種以上いる(ちなみに日本国内には64種)。青みがかったルリ(瑠璃)の名を冠したものや、カブトムシのような堅牢なものなど多種多様だ。我々が知っているのは、ほんの一部。
     
    本書はまだ見ぬゴキブリに思いを馳せ、それを見つけるべく旅をするゴキブリ探訪記。自らをゴキブリストと名乗る著者は、普段は昆虫館で働きながら公私にわたって虫探しの旅に熱心に出かける。行き先は国内外ともに南方の地域。やはり温かい場所には未知なる虫が多い。旅の記録とともに虫の探し方や使っている道具なども詳細に紹介される。思うように見つからず一喜一憂しつつもすぐに自らを戒めたり、著者の真面目な人柄が全編に感じられる。これまでに日本産ゴキブリの新種2種を記載するなどその熱量は凄まじい。「住む世界は一緒だが、見えている世界は一人ひとり違う」Gの世界、試しにちょっと覗いてみては?

    BOOK 02

    自然に触れるようにありのまま受け止める

    『ツンドラの記憶  エスキモーに伝わる古事』

    八木 清編訳・写真 閑人堂 ¥2,420

    ツンドラの記憶  エスキモーに伝わる古事

    エスキモーに伝わる話と極北の風景やそこに暮らす人々の写真で構成された本書。収録されている15篇の話はとても不思議な展開をしたり突然終わったり、中にはホラーめいたものも。「これは何かの教えがあるのでは……」とつい深く考えてしまうが、そのままを受け入れてみると新鮮な感覚が生まれる。写真家でもある著者が切り取った風景の一枚一枚が、物語の脳内映像化に一役買ってくれる。

     

    ※構成/須藤ナオミ

    (BE-PAL 2024年4月号より)

    NEW ARTICLES

    『 本 』新着編集部記事

    シマフクロウの生態、ミミズなどの生物も含めた複雑な組成の土中…知らない世界を学べる2冊

    2024.02.19

    霊長類学者・山極寿一の人気連載がついに新書化!ゴリラの目を通して、人類が進むべき道を探る

    2024.02.07

    発酵食品のルーツはどこに?熊との死闘の先には…読み応えのある新刊書2選

    2024.01.26

    シンプルライフの名著、ソロー『森の生活』を読みなおそう!

    2024.01.03

    春が来る前に読んでおきたい!自然を見る目や考え方が養われる良書4選

    2023.12.19

    寒い時期は読書で冒険してみない? 大自然での旅、環境調査をつづった良書2冊

    2023.11.23

    生き物の不思議が楽しく学べる秋のおすすめBOOK2選

    2023.11.08

    ナチスは「良いこと」もしたのか? 話題の本を読んでアウトバーンとフォルクスワーゲンで検証してみた

    2023.09.22