ケシュアのテントは設営カンタンで高コスパ!おすすめモデルやたたみ方も紹介 | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    テント

    2024.04.02

    ケシュアのテントは設営カンタンで高コスパ!おすすめモデルやたたみ方も紹介

    アウトドアブランド「ケシュア」が手がけるテントは、設営が簡単でリーズナブルなものばかり。

    設営・撤収があっという間にできることで人気のポップアップテント(ワンタッチテント)“2SECONDS”シリーズや、ポンプを使って空気を入れるだけで自立するエアーテントなどを紹介する。

    設営方法&たたみ方もしっかり解説。

    遮熱・遮光加工もうれしいお手軽ポップアップテント「2 SECONDS FRESH&BLACK」

    Quechua(ケシュア)
    キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS FRESH&BLACK XL

    簡単な3人用の前室があるポップアップテント(ワンタッチテント)。一瞬で開く事ができ、設営・撤収があっという間にできてしまう手軽さが魅力。2人用もラインナップ。

    ●設営サイズ(約):220×280(前室70)×H115cm
    ●収納サイズ:85×9cm
    ●重量:5.3kg
    ●素材:【フレーム】グラスファイバー、【フライ】ポリエステル、【インナー】ポリエステル、【フロア】ポリエチレン
    ●対応人数:3人用

     

    フランスの大型スポーツ用品店「デカトロン」が手がけるアウトドア用品ブランド「ケシュア」が展開する、2秒で設営できる“2SECONDS”シリーズ。バックルを外すだけで簡単に開く自立型のテント。前室付きになり、ゆとりあるデザインとなっている。ベッドルームは210×210cmあるので、寝るのにも最適。

    遮熱加工を施した生地を採用しており、内側は全面ブラック。高い遮光性を発揮し、朝までぐっすり眠ることができる。フライも遮熱・遮光加工を施しており、日中の暑さを大幅に軽減してくれる。また、専用ラボでは50km/hの耐風試験、200mm/㎡の防水試験を行なっており、タフな環境にも対応することを実証。


    両サイドのフライシートのベンチレーションは開き具合も調節が可能。


    インナーテントの両サイドにはメッシュ付きベンチレーションあり。虫の侵入を気にすることなく通気性を確保する。


    収納サイズは直径85cm×厚み9cm とコンパクト。ペグとガイロープ付き。

    実際の使い心地をレビュー!カンタン設営&撤収方法も紹介

    教えてくれたのは…
    寄り道ライター
    ふるや さおり さん

    福岡在住、1児の母。福岡をはじめ九州のローカル情報や自然、アウトドア、スローライフに関する情報をお届けし、皆さんの人生に「ワクワクの種」を撒くお手伝いができれば嬉しいです。18年半の会社員生活を経て、2021年10月からフリーランス。「正しい道より、楽しい道を。最短距離より、寄り道を楽しんで」がモットー。noteにて「寄り道な日々」を発信中! https://note.com/sao7878

     

    キャンプで一番大変なテント設営を簡単に

    円形の袋のジップを開いて中身を取り出し、バックルを外せば2秒で開いてテントの形になる。

    わが家のメインのポップアップテントは、Quechua(ケシュア)のキャップポップアップテント(3人用)だ。袋から出して固定具を外せば、2秒でテントが開く。本当にあっという間にテントができるから驚きだ。テントが開いたら、形を整えて、ペグでテントを固定する。

    130cmの子どもがひとり横たわるとこんな感じ。いつもは縦に3人で寝ている。

    ベッドルームは210×210cmあるので、大人2人、子ども1人は十分寝れる広さだと思う。テントの生地には、遮熱・遮光加工が施されているため、室内は思った以上に涼しい。


    テントの側面。カーテンをめくると、2重の窓がついている。

    テント側面の小窓を開けるとメッシュの窓にもできる。さらにメッシュの窓も開けて全開放もできる。

    テントの奥もメッシュにできるので、日差しや熱を遮りながら風を取り込み、涼しく過ごすことができる。

    テントの奥の窓をメッシュにして内側から外を眺める。電源をひく小窓もしっかりついていてありがたい。

    コットを縦に置くこともできる。内側が黒色で遮光のため、窓を全て閉めると日中でも暗くなるが、メッシュ窓にしておけば日中は明るさも確保できる。

    テントを撤収する

    ポップアップテントの撤収はうまくいけば、5分ほどでできる。今回わが家は、久しぶりのテント撤収に手こずった。それでも全部合わせて20分くらいで撤収することができた。同じ色のバックル同士をカチッとはめ込みながら、テントを畳んでいく。

    テント撤収!

     

    バックルを止めていく。


    テントが立体から平面になってきた。


    円形になるまでたたんだら、袋に入れて、撤収完了!

    ▼関連記事
    Quechua(ケシュア) / キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS FRESH&BLACK XL – 3人用

    ▼参考記事
    【実録】猛暑の中、ソト遊び好きファミリーはどうやってキャンプを楽しんだか?

    独自システムでさらに設営カンタン&スピーディー!「2 SECONDS EASY FRESH&BLACK」

    Quechua(ケシュア)
    キャンプ ワンタッチテント 2 SECONDS EASY FRESH&BLACK – 3人用

    両側のロープを引っ張るだけでテント地ごと立ち上げられるので、設営はあっという間。テントのセットアップに時間を費やしたくないならコレ。遮光性に優れたテント地は遮熱性も併せ持つので、暑い季節にもお薦め。

    ●サイズ:約210×205×高さ128cm
    ●重量:8.2kg
    ●収容人数:3人

     

    『BE-PAL』編集部員がレビュー!

    テントを試したのは…
    『BE-PAL』編集部
    タカセ

    ビーパルに異動して4年目となる編集者・タカセ。アウトドアとは無縁の部署から異動してきただけに、キャンプスキル自体はまだまだ修業中の身だ。

     

    2アクションで立てられるからデイキャンプでも大活躍

    設営・撤収が超カンタンなケシュア。風速8メートルの中、男性1人で2分45秒で組み立てられた。

    自己ベストでました!

    遮光生地だから朝までぐっすり。

    設営だけでなく撤収もアッという間


    設営時は紐を引っ張るだけ。撤収時は赤いボタンでロックを解除して、フレームをたためる。


    フレームを中央に集めて、地面に接していたフロアが外側になるようにテント地をまとめる。


    あとは収納袋に入れるだけ。開口部が大きく横に開くので、最後までノンストレスだ。

    ▼参考記事
    自分のアウトドアスタイルに合うものが見つかる! デュオ&ソロ向けテント傑作4選

    天井高も◎!大型エアーテント「AIR SECONDS FAMILY 4.2 FRESH&BLACK」

    Quechua(ケシュア)
    キャンプ ファミリーテント エアーテント AIR SECONDS FAMILY 4.2 FRESH&BLACK – 4人用

    テントポールでフレームを組む必要がなく、チューブに空気を入れることでフレーム(骨格)にするエアーフレーム型テント。ポンプを使って空気を入れるだけで自立または半自立するので、設営が圧倒的に簡単なのが特徴。リビングの両サイドに寝室を配したユニークな形の大型モデルだ。フライシート、インナーテント、底面シート一体型。ポンプは別売り。(写真はいずれも旧カラー)

    ●室内高:195cm
    ●対応人数:4人

     

    丈夫なエアーフレーム素材


    TPUという、強くて丈夫な素材をチューブに採用している。

    エアーを入れるだけで自立する

    注入口は4か所。2か所だけでも写真(上)のとおり、自立する。

    天井の高さも十分確保

    補助ポールにより、天井部がたるまない。

    ▼参考記事
    ロゴスとケシュア、話題のエアーフレーム型テントを徹底チェック!

    あわせて読みたい

    Quechua(ケシュア) / キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS FRESH&BLACK XL - 2人用

    Quechua(ケシュア) / キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS FRESH&BLACK XL - 3人用

    ロゴスとケシュア、話題のエアーフレーム型テントを徹底チェック!

    ロゴスとケシュア、話題のエアーフレーム型テントを徹底チェック!

    1万円以下のテント【ケシュア/ポップアップテント】

    1万円以下のテント【ケシュア/ポップアップテント】

    ポップアップテントのおすすめ11選!選び方のポイント・目的別に紹介

    自分のアウトドアスタイルに合うものが見つかる! デュオ&ソロ向けテント傑作4選

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    テントとシェルターの2WAY仕様!コールマンからコンパクトなトンネル型2ルームテントが登場だ

    2024.04.18

    スノーピーク「エントリーパックTT」は高コスパで初心者に最適!使い勝手も抜群だ

    2024.04.16

    スノーピークのアメニティードームSは初心者から安心して使える!おすすめのポイントや設営方法まで解説

    2024.04.13

    【2024年】TCテントおすすめ11選!ソロ用からファミリー向けまで人気モデルを一挙紹介

    2024.04.07

    ムラコのおすすめテント3選!大型2ルームから山岳用まで人気モデルをピックアップ

    2024.04.04

    キャンプが楽しくなるおすすめファミリーテント17選! サイズ、形、特徴、ペグダウンの数まで丸わかり

    2024.04.03

    チャムスの人気テントを紹介!大型2ルームや便利なワンタッチ式も

    2024.04.01

    一人用テント13モデルをアウトドアの達人がレビュー!軽さで選ぶか、快適性を重視するか

    2024.03.31