自分のアウトドアスタイルに合うものが見つかる! デュオ&ソロ向けテント傑作4選 | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • テント

    2023.06.11

    自分のアウトドアスタイルに合うものが見つかる! デュオ&ソロ向けテント傑作4選

    アウトドアに本気で取り組める時期がやってきた! 自然を慈しみ、ひとりでも家族でも楽しむためにキャンプのベストギアを揃えよう。BE-PAL編集部員が実際に使ってわかった「凄いキャンプ道具」から、今回は1~2名用テントをご紹介!

    キャンプ修行中の編集部員が選んだテントは?

    私が試しました! 編集部 タカセ

    image

    ソロキャンパーの激増で需要拡大中の小型テント。数ある中からデュオ向け2型、ソロ向け2型を選んだのは、ビーパルに異動して4年目となる編集者・タカセ。アウトドアとは無縁の部署から異動してきただけに、キャンプスキル自体はまだまだ修業中の身だ。
     
    そんなタカセの一番のお気に入りは、設営・撤収が超カンタンなケシュア。リーズナブルなのに遮光生地が使われていて、1泊ロケ時には朝までぐっすり眠れて寝不足を一気に解消できたとご満悦だ。
     
    上部のポールが上向きになっているシートゥサミットは、「えっこのポール、尻切れトンボじゃない?」と、やや戸惑いながらもその機能を理解すると、「おぉー、これは凄く画期的!」と大絶賛。
     
    ソロ用として選んだ2型は、その半端ない軽量性に驚愕。

    「これなら車がなくてもバックパッキングでキャンプに行ける。渋滞の心配もしなくていいし…」と、都会の喧噪を離れひとりでワイルドに過ごす休日を夢見つつ、羨望のまなざしでチェックに余念がない様子。
     
    かくして出揃った、タカセが自信を持ってお薦めするデュオ&ソロ向けテント。姿形や構造だけでなく収納サイズや重さも考慮して、自分のアウトドアスタイルに合うモデルを選ぼう!

    ※以下のテント紹介で掲載したタイムは、風速8メートルの中、男性1人での設営時間です。

    for デュオ

    2アクションで立てられるからデイキャンプでも大活躍

    A  ケシュア/2 SECONDS EASY FRESH&BLACK – 3人用
    ¥44,900

    1人で02:45

    image

    両側のロープを引っ張るだけでテント地ごと立ち上げられるので、設営は本当にアッという間でビックリ! テントのセットアップに時間を費やしたくないならコレでしょう。遮光性に優れたテント地は遮熱性も併せ持つので、暑い季節にもお薦め。

    ●収容人数/3人
    ●サイズ/約210×205×高さ128㎝
    ●重量/8.2kg

    問い合わせ先:デカトロンジャパン 0570-07-2345

    image

    自己ベストでました!

    image

    遮光生地だから朝までぐっすり。

    CHECK POINT

    設営だけでなく撤収もアッという間にできちゃう

    image

    設営時は紐を引っ張るだけ。撤収時は赤いボタンでロックを解除して、フレームをたためる。

    image

    フレームを中央に集めて、地面に接していたフロアが外側になるようにテント地をまとめる。

    image

    あとは収納袋に入れるだけ。開口部が大きく横に開くので、最後までノンストレスだ。

    天井が広くて快適。2人でゆったり過ごすならコレ!

    B  シートゥサミット/IKOS TR3
    ¥68,530

    1人で07:30

    image

    設営を楽にする小技が 盛りだくさん!

    上部の「テンションリッジ」という斬新なフレームは、先端を上に向けることでテント地を大きく外側に押し広げてくれる。出入り口もほぼ垂直に立ち上がるので、出入りがとても楽だ。別売りのポール(¥6,270)があればフライだけの立ち上げも可能。

    ●収容人数/3人
    ●サイズ/約230×200×高さ127㎝
    ●重量/3168g

    問い合わせ先:ロストアロー https://www.lostarrow.co.jp/store/

    image

    image

    CHECK POINT

    フライの固定にペグは不要

    image

    フライはポールの石突きにセットするタイプ。インナーさえ固定しておけばフライのためのペグダウンが必要ない。

    結びのスキルが不要なガイライン

    image

    ガイラインのフライ側接続部は、結ぶ手間のないトグル式。やじろべえのような形状で、しっかりと留まる。

    自動で立ち上がるベンチレーター

    image

    フライ上部2か所にあるベンチレーターは、支柱でしっかり開口できるので、空気の流れがとてもスムーズ。

     

    for ソロ

    身軽に歩いて広々休みたい山岳キャンパーは購入必須!

    C  ライペン/SLドーム 
    ¥64,900

    1人で05:30

    image

    設営も超カンタン!

    シンプルなクロスドームで、ポールスリーブの片側が袋状になっているからひとりでもスムーズに設営可能。しかもこのモデルは2人用なのに980gという軽さ! テント内でもゆったりくつろぎたい山系ソロキャンパーにぴったりです。

    ●収容人数=2人 
    ●サイズ=210×120×高さ95㎝ 
    ●重量=980g

    問い合わせ先:アライテント 04(2944)5855

    CHECK POINT

    極薄生地の採用で大幅軽量化に成功!

    image

    インナー生地は、中から手を当てると透けるほど薄い12デニール地。

    フレームをしっかり固定できる

    image

    ガイラインはフライシートではなく、フレームから引っ張れるタイプ。

    圧倒的に入り口が広いから張り出し下でワイルドに遊べる

    D  プロモンテ/BOKUNO-KICHI-1 
    ¥50,600

    1人で06:45

    image

    まさに秘密基地の ような空間。

    本体はトレッキングポールだけで設営できるから、バックパッキングでの持ち運びも楽ちん。張り出しの下でも安心して焚き火できるよう、張り出し裏に付ける別売りの難燃シート(¥8,250)が用意されている。

    ※張り出しを張るには別途ポールが必要。

    ●収容人数/1人
    ●サイズ/
    約205×90×高さ105㎝
    ●重量/約860g

    問い合わせ先:HCS 03(5200)0770

    image

    CHECK POINT

    超ミニマルにパッキング可能

    image

    幕体はバックパックのポケットに収納できるサイズだから、荷物がコンパクトにまとまる。

    難燃シートの着脱もすごく簡単!

    image

    張り出し裏の角に、難燃シートを取り付けるためのガイドループが付く。

    小さくて軽いは正義! 収納サイズと重さ比べてみた

    A

    image

    横71㎝x縦22㎝ 、8200g

     

    B

    image

    横50㎝x縦20㎝ 、3168g

     

    C

    image

    横25㎝x縦15㎝ 、980g

     

    D

    image

    横38㎝x縦21㎝、 約860g

     

    ※構成/坂本りえ 撮影/中村文隆 協力/影山盛太、木村泰河

    (BE-PAL 2023年5月号より)

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    ポップアップテントのたたみ方は?簡単な方法とコツを紹介!

    2024.04.23

    コールマンのタフスクリーン2ルームハウスで快適なキャンプ!メリットデメリットから設営方法まで紹介

    2024.04.21

    テントとシェルターの2WAY仕様!コールマンからコンパクトなトンネル型2ルームテントが登場だ

    2024.04.18

    スノーピーク「エントリーパックTT」は高コスパで初心者に最適!使い勝手も抜群だ

    2024.04.16

    スノーピークのアメニティードームSは初心者から安心して使える!おすすめのポイントや設営方法まで解説

    2024.04.13

    【2024年】TCテントおすすめ11選!ソロ用からファミリー向けまで人気モデルを一挙紹介

    2024.04.07

    ムラコのおすすめテント3選!大型2ルームから山岳用まで人気モデルをピックアップ

    2024.04.04

    キャンプが楽しくなるおすすめファミリーテント17選! サイズ、形、特徴、ペグダウンの数まで丸わかり

    2024.04.03