めちゃ軽で収納力バッチリのスタッフサック!「ウルトラライトスクエアサック」のおすすめポイント5つ | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2024.03.24

    めちゃ軽で収納力バッチリのスタッフサック!「ウルトラライトスクエアサック」のおすすめポイント5つ

    登山やアウトドアで荷物を細かくまとめるために使う、スタッフサック。スタッフサックには、素材やサイズなど、様々なものが存在します。

    そんな中で今回紹介するのは、LAST FRONTIER DESIGN(ラストフロンティアデザイン)というブランドの「Ultra Light Square Sack(ウルトラライトスクエア サック:以下ULスクエアサック)」です。

    このスタッフサックの魅力を、レビューしていきます。

    スタッフサックとは

    そもそもスタッフサック(または、スタッフバッグ)とは、登山やキャンプなどのアウトドアにおいて、アイテムを整理収納するための袋のことを指します。

    英語で「スタッフ」は「もの」、「サック」は「袋」という意味。つまり、「ものを入れるための袋」です。

    アウトドアで、着替えやギアを種類別などで分けて収納する際に役立ちます。

    そんなスタッフサックは、サイズや素材、そして形状が多種多様です。購入する際は、何を入れるかといった目的を明確にして選ぶ必要があります。

    Ultra Light Square Sackの魅力

    2つのULスクエアサック

    ULスクエアサックは8Lと4Lの2サイズがあります。

    今回紹介するULスクエアサックは、8Lと4Lの2種類のサイズがあり、筆者はどちらも使っています。

    それでは、ULスクエアサックの魅力を紹介していきます。

    重さはわずか11g

    4LサイズのULスクエアサックを計量

    4Lサイズはわずか11g。

    ULスクエアサックは、その名の通りウルトラライト。超軽量です。

    その重さは4Lサイズのものだと、わずか11g(実測、公称値ともに11g)。例えば筆者が所有している他メーカーの5Lサイズのスクエアサックは26gなので、半分以下の軽さということになります。

    8LサイズのULスクエアサックを計量

    8Lサイズもわずか16g。

    8Lサイズでも、実測でたったの16g(公称値は17g)です。

    筆者所有の他メーカー10Lサイズのスタッフサックは36gでしたので、やはりこちらも半分以下の軽さになります。

    超軽量・防水素材のシルナイロンを使用

    畳まれたULスクエアサック

    超軽量の秘密は素材のシルナイロンにあり。

    超軽量の秘密の一つは、20デニールの超軽量シルナイロンを使っていることにあります。

    シルナイロンとはシリコンを染み込ませたナイロン生地のことで、この素材は超軽量でも高い防水性と強度を備えているのが特徴です。

    劣化しにくく長く使える

    ULスクエアサックの素材

    非常に薄いシルナイロンですが防水性が高く劣化しにくい。

    通常、防水仕様のスタッフサックは、素材にPUコーティングという加工がされたナイロンを使用しているものが多いのですが、ULスクエアサックに使われているシルナイロンは、PUコーティングのナイロンに比べると劣化が起こりにくいです。

    縫い目にはシームテープなどの防水処理はされていないため、ULスクエアサックは完全防水ではありません。しかし、防水性が高く、劣化しにくいシルナイロンを使ったULスクエアサックは、アウトドアでの使用にぴったりだと言えるでしょう。

    角形、底浅で整理しやすい

    縦型のスタッフサックとULスクエアサック

    左が一般的な縦型のスタッフサック。

    一般的なスタッフサックは口が狭く深底タイプのものが多いですが、ULスクエアサックは開口部が広くて底が浅いです。

    荷物を入れたULスクエアサック

    角形なので整理しやすい。

    開口部が広くて底が浅いことにより、荷物の出し入れが簡単にできて使いやすいのも筆者のお気に入りポイントです。

    口を開いたULスクエアサック

    開閉がとてもスムーズ。

    開口部に指を入れて開くだけで、簡単に口を開けることができるのもありがたいポイント。

    閉じる時もコードストッパーを引っ張るだけなので、とてもスムーズ。ストレスなく開閉動作を行なうことができます。

    収納力も抜群

    靴を入れたULスクエアサック

    8Lは、ランニングシューズが入るサイズ。

    ULスクエアサックは、もちろん収納力も抜群。

    4Lサイズには、Tシャツ2着・薄手パンツ・ソックス・アンダーウェアなどの1日分の着替えが入ります。

    クッカー・バーナー・カトラリーなどの調理用具一式や、衛生用品などを入れるのにもちょうどいい大きさです。

    8Lサイズは、Tシャツ2着・フリース・パンツ・ソックス2足・アンダーウェア2セットが一度に入れられます。また、ランニングシューズや、2人用の山岳テントも入れられる大きさです。

    筆者は、ULスクエアサックを着替えなどの衣類を入れるのによく使っています。ただし完全防水ではないため、汚れ物や濡れものはビニール袋に入れてからULスクエアサックに入れるようにしています。

    使えばきっとハマります

    2つのULスクエアサック

    ぜひ、お気に入りのアイテムを入れて。

    超軽量で、使いやすい素材を採用したULスクエアサック。一度使ってみると、ストレスフリーの便利さに驚くと思います。

    ぜひ、新たな収納体験にハマってみてください。

    私が書きました!
    アウトドアガイド・ライター
    すー(鈴木 隆)
    日光市生まれ日光市育ち。40代で脱サラ後に、カナダに留学して退職金を使い果たす。帰国後は観光関係の仕事をしつつ、アウトドアガイドとしても働く日々を送っています。キャンプ、登山、ロードバイク、トレランなど外遊びが趣味で、楽しく働いて生活することをモットーとしています。

    あわせて読みたい

    スタッフバッグ、上手に使ってる?収納の効率化に役立つ魅力をご紹介

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    付録のNANGAテーブルにぴったりの寝袋型ケース!軽くてクッション性抜群だぞ

    2024.07.13

    キャンプで活躍するおすすめシート18選|防水・防寒・コンパクトなど名品シート特集

    2024.07.09

    おすすめの蚊除けスプレー8選|大人も子供も安心して使えるナチュラル処方スプレーを厳選!

    2024.07.07

    虫除け対策アイテム16選|天然素材のボディスプレーなどイチ推しアイテムを紹介!

    2024.07.04

    蚊取り線香ホルダーおすすめ12選。夏キャンプの必需品!おしゃれで実用的なホルダー

    2024.07.02

    超~軽量33gの電動空気入れ登場!もう口でふくらましてる場合じゃないぞ

    2024.06.30

    ポータブル電源の寿命はどのくらい?長持ちさせるコツやおすすめ商品

    2024.06.29

    おしゃれなシルバーミラーに変化!? かけっぱなしOKのおすすめ調光サングラス「BAATARA」

    2024.06.29