レクタタープおすすめ6選。人気のTC素材も!大型からソロ向けまで紹介 | タープ・シェルター 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    タープ・シェルター

    2024.03.30

    レクタタープおすすめ6選。人気のTC素材も!大型からソロ向けまで紹介

    タープは夏の日差しや突然の雨を防ぎ、キャンプでの団らんを快適にしてくれる。特に長方形のレクタタープなら、面積が広く開放的で、形状もシンプルで扱いやすい。張り方のアレンジ方法も豊富だ。そんな定番のレクタタープを、人気アウトドアブランドから厳選。正方形のスクエアタープのおすすめもあわせて紹介する。

    レクタタープとは?

    レクタタープ

    レクタタープは長方形のタープのこと。英語で長方形を意味する「レクタングル(rectangle)」から名付けられている。

    形状が単純なので、レクタタープはビギナーキャンパーでも立てやすく、たたむのも簡単。日陰の面積が広く、実用性に優れている。広い居住スペースを確保できるため、大人数でのグループキャンプにもおすすめだ。

    また、レクタタープは、四辺にポールを差し込むためのグロメット(穴)やロープで張るためのループベルトがついている製品が多く、さまざまな張り方を楽しめるのも特徴だ。ポールやロープの使い方次第で、雨の流れを変えたり影になる部分を広げたりできる。

    ▼参考記事
    “ヘキサ”と”レクタ”ってどう違う?意外と知らないタープの基本と選び方
    キャンプで快適リビングを作ろう!おすすめタープ完全ガイド
    焚き火ができるおすすめタープを厳選!素材の特徴と選び方を解説

    レクタタープの選び方をチェック

    レクタタープを選ぶときのポイント

    肝心な遮光性

    夏場のキャンプではタープが熱中症予防にもなるため、遮光性の高さも重要。素材では、コットンやポリコットンは遮光性が高い。

    難燃性の高い素材

    タープのそばで調理する場合や冬キャンプで焚き火をする場合、コットンやポリコットンなど難燃性の高い素材なら、火の粉がついても燃え広がりにくいため安心だ。ポリエステルやナイロンなどの合成繊維は、火の粉がつくと穴が空いたり、燃えてしまったりすることもあるため注意が必要。

    耐水圧1000mm以上

    タープの防水性を示す、耐水圧の数値もチェックしておこう。耐水性のある生地なら、急な雨でもタープに入って、雨をしのぐことができる。耐水圧は、1000~1500mm程度が目安。

    ▼参考記事
    ソロキャンプにおすすめのタープを厳選!メリットや選び方も解説

    明るくて涼しい!撥水加工TC素材の「フィールドタープ レクタT/C」

    ogawa(オガワ)
    フィールドタープ レクタT/C

    居住スペースが広く、アレンジ性能に優れたレクタタープ。TC素材を採用しているので、日差しを遮りつつ、適度な通気性が気持ちいい。

    ●サイズ:350×420cm
    ●収納サイズ:70×15×15cm
    ●重量:約3.5kg
    ●素材:T/C(撥水加工)

     

    ハリのある丈夫な生地を使用し、耐久性も抜群。

    張り方次第でさまざまなパターンが楽しめる汎用性の高いレクタタープ。夏の暑い日差しをしっかりカット。撥水加工が施されているので、汚れにも強く、水も弾いてくれる。張り綱、収納袋付きでポールは別売り。


    グロメットが豊富で、ポールの位置を変えれば多彩なスタイルが可能だ。


    明るくて涼しい!開放感もある。テントとの連結も◎。

    ▼関連記事
    ogawa(オガワ)/フィールドタープ レクタT/C

    ▼参考記事
    夏の終わりも大活躍!暑さと紫外線と雨から身を守る最新タープ 7

    厚手の生地と高い遮光性「フィールドタープレクタDX」

    ogawa(オガワ)
    フィールドタープレクタDX

    テントとの接続にも使いやすい、長方形のレクタ型タープ。大型のサイズでゆとりを持っての使用や、大人数での使用におすすめ。

    ●設営サイズ(約):350×420cm
    ●収納サイズ:72×19×19cm
    ●重量:約11kg
    ●素材:【幕体】ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)、【ポール】スチール(250cmx2本、180cmx4本)

     

    夏の強い日差しも生地の厚さと高い遮光性によってカット。タープ内は快適だ。

    遮光性を高めるピグメント加工を施した210デニールの厚手のポリエステル生地が二重に日差しをカット。しっかりとした影を地面に落としてくれる。サブポールを立てるグロメットを多く備え、設営方法の自由度も高い。

    ▼関連記事
    ogawa (オガワ) / フィールドタープレクタDX

    独自素材で軽量&耐久性バツグン!広々空間な「L.W.タープ ワイド」

    mont-bell(モンベル)
    L.W.タープ ワイド

    モンベルが独自に開発した新素材「バリスティック(R)ナイロン」を使用した軽量タープ。トレッキングポールなどでも設営できるループが付いており、状況に合わせた設営が可能。ポールは別売り。

    ●サイズ:340×280cm
    ●重量:440g(ペグ、スタッフバッグを含む総重量:650g)
    ●素材:20D・バリスティックRナイロン・リップストップ

    カラー展開はイエローとグリーンの2色。

    居住空間が広い長方形型で、5~6人での使用に適した広々サイズながら、440gと超軽量。両サイドには10か所のループがあり、さまざまなスタイルで設営が可能。

    紡糸の過程で延伸加工を施すことで、従来のナイロンに比べ約2倍の強度を持たせることを可能にし、軽量性と耐久性を両立。保水しにくく伸びにくいので、生地の垂れ下がりが少なくハリを保つことができる。


    一般的なナイロンに比べて軽量で極めて保水しにくい新開発のナイロンを使用している。

    片側にトレッキングポールのみを使用した使用例。

    ▼関連記事
    mont-bell (モンベル) / L.W.タープ ワイド

    焚火との相性も◎。難燃性&遮光性にすぐれた「TCタープ 4.0」

    NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)
    TCタープ 4.0

    約400cm四方のスクエアタープ。難燃性に優れ焚火と相性がいいTC素材。薪ストーブなどの煤汚れが目立ちにくいカラーで、高い遮光性がある。耐水圧は350mmで、完全防水というわけではないが、水を含むと膨張して空気を通さなくする性質で、ある程度水を弾いてくれる。4~8人が中に入れるサイズ。

    ●展開サイズ(約):縦400×横400cm
    ●収納サイズ(約):長さ70×高さ15cm
    ●重量(約):6kg

     

    自在付きガイロープが16本付属している。グロメット16個の数に合わせたかたちだが、グロメットはポールの先端に通す用として使い、その外側についたループにガイロープを通して使うのがおすすめ。グロメットが付いたところには、破れ防止用に生地が補強されている。これのおかげで、強風でタープが破れる事態が軽減される。

    メインポールを設営したとき

    設営したときの四角

    TCタープ 4.0はポールとペグが付属していて、買ったらすぐに使用できるのも◎。もちろんすでに持っているアイテムでの代用も可能で、それを使えば様々なアレンジスタイルを作ることができる。人数や環境によって使い分けられる。

    4本のポールがあれば普段とは異なったスタイルにすることも可

    ▼参考記事
    冬キャンプにおすすめ!「薪ストーブOK」の新作テント&タープ

    実用性もデザインも!涼しく快適な「cotton KOKAGE tarp WIDE “BIG SHADOW”ARMY GREEN」

    SotoLabo(ソトラボ)
    cotton KOKAGE tarp WIDE “BIG SHADOW”ARMY GREEN

    遮光性、防水性に優れた100%コットンの透湿防水素材を使用し、メイドインジャパンで作られる「cotton KOKAGE」シリーズ。シリーズ最大の居住空間を誇る。

    ●設営サイズ(約):450×500cm
    ●収納サイズ:27×15×63cm
    ●重量:約5.5kg
    ●素材:コットン100%透湿防水

     

    「木陰(コカゲ)」の名の通り、木陰にいるように涼しく、快適なキャンプ時間を過ごすことができる。

    その名のとおり、「木陰」のような涼しげな影を作り、真夏の炎天下でも快適に過ごすことができる。張り姿の直線的なフォルムの美しさや、コットン素材の自重で美しいドレープを表現し、実用性とデザイン性を兼ね備えたスクエア型タープだ。

    サブポールを使用すれば、張り方もアレンジできるので、レイアウトの楽しみ方も広がる。ガイロープを付ける箇所はシリーズ最多数となっている。


    ガイロープを付ける箇所が多数設けられているので張り方もさまざまにアレンジが可能。

    ▼関連記事
    SotoLabo (ソトラボ) / cotton KOKAGE tarp WIDE “BIG SHADOW”ARMY GREEN

    ソロ向けの軽量&コンパクトな「アース・ミニマリスト・タープ」

    Whole Earth(ホールアース)
    EARTH MINIMALIST TARP(アース・ミニマリスト・タープ)

    20Dナイロンを使用して軽量化し、長さ約330cmとソロテントを入れてカンガルースタイルにすることも可能。ポイントは付属のポール。8分割して折りたたむことができ、収納すると長さ約20cmととても短くできる。バックパッカーやツーリングキャンプなどで活躍しそうだ。

     

    付属のポールを使うと高さは約160cm。

    ▼参考記事
    【展示会速報】ホールアースが人気のソロ&デュオ向けキャンプギアを拡充

    あわせて読みたい

    "ヘキサ"と"レクタ"ってどう違う?意外と知らないタープの基本と選び方

    [おすすめ46選]キャンプで快適ベッド生活!どれを選んでも正解な三ツ星コット総まとめ

    [おすすめ46選]キャンプで快適ベッド生活!どれを選んでも正解な三ツ星コット総まとめ

    「あなたのキャンプスタイル、見せて見せて」コンテスト結果発表!

    NEW ARTICLES

    『 タープ・シェルター 』新着編集部記事

    コールマンのヘキサタープ特集!カンタン設営や遮光性バツグンのモデルも紹介

    2024.07.14

    【おすすめタープテント4選】ワンタッチで簡単設営&保管も便利

    2024.07.08

    レクタタープのアレンジ方法を解説!基本的な張り方やおすすめタープも紹介

    2024.07.06

    サンセットクライマックス特集!注目の純国産タープ&テントを紹介

    2024.07.06

    おしゃれなタープテント4選!お庭でもキャンプでも活躍するおすすめモデル

    2024.07.01

    スノーピークの人気「メッシュシェルター」を解説!連結できるエントリーパックもおすすめ

    2024.06.30

    WAQ(ワック)/焚き火陣幕TC

    2024.06.27

    MSRのタープおすすめ3選!コンパクトな超軽量から大型モデルまで厳選

    2024.06.24