アウトドアベストをキャンプで着用するべき3つの理由!コーデのポイントも | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアウェア

    2024.02.08

    アウトドアベストをキャンプで着用するべき3つの理由!コーデのポイントも

    キャンプ場で見かける、キャンパーが着ているベストは「アウトドアベスト」や「キャンプベスト」「フィッシャーベスト」などと呼ばれています。
    見た目は「デキるキャンパー感」があってかっこいいですが、実際の利便性も気になるところ。

    結論からお伝えすると、アウトドアベストは予想以上の優れモノで、気分が上がるアイテムです!
    今回はアウトドアベストの必要性と、かっこよく着こなすためのポイントをご紹介します。

    アウトドアベストをキャンプで着る3つのメリット

    私がアウトドアベストをキャンプで着るメリットと理由は3つあります。

    玄人感がでて、おしゃれを楽しめる

    TIGORAの難燃ベスト、人

    着るだけで一気に玄人感がアップします。

    アウトドアベストの最大の魅力は、“玄人感がでるところ”だと思っています。

    Tシャツの上に着用するだけでも一気にベテランキャンパーのような見た目になり、アウトドア感気分をアップさせてくれます。単に気分が盛り上がるだけ、と言ってしまえばそれまでですが、テンションが上がるのはとても大切なことだと思っています。

    TIGORAの難燃ベスト、人

    ユニセックスのアウトドアベストは重ね着を工夫できるので、さまざまな着こなしができます。

    男女問わず着用できますし、普段着として使いやすいモデルも登場しています。シンプルなウェアのアクセントとしても重宝しています。

    抜群の収納力

    TIGORAの難燃ベスト、人

    貴重品やサーチライトも肌身離さず持っておけます。

    アウトドアベストは収納ポケットが多いので、さまざまアイテムを入れておくことができます。サーチライトやガストーチ、ウェットティッシュといったよく使うアイテムを入れておけば、毎回バッグまで取りに行く手間もなくなります。

    ただし、ポケットが多いため、どこに何を入れたかわからなくなってしまうこともあるので、その点にはご注意を。

    難燃素材なら火の粉に強いので安心して焚き火が楽しめる

    TIGORAの難燃ベスト、人、炭火、焚き火台

    キャンプでしか着ないという方は間違いなく、難燃素材がおすすめです。

    アウトドアベストの中には燃焼しにくい「難燃素材」を採用しているものもあり、安心して焚き火を楽しむことができます。。このようなタイプのアウトドアベストは、「焚き火ベスト」とも呼ばれています。

    ただし、難燃素材は比較的重く、夏場には少し暑さを感じることも。

    そのようなデメリットはありますが、「おしゃれに、便利に焚き火キャンプを愉しみたい」という方には、打ってつけのアイテムです。

    アウトドアベストのコーデポイント

    TIGORAの難燃ベスト、人

    シンプルなコーディネートではアウトドアベストが良いアクセントになります。

    先ほどもお伝えしたように、アウトドアベストはさまざまな着こなしができます。

    私が考えるアウトドアベストの着こなし例を、筆者愛用のTIGORA「難燃ベスト キャンプ」を例にしてご紹介します。

    TIGORAの難燃ベストは、難燃加工されたコットン100%のツイル素材を使用しており、燃えにくく火傷も予防してくれます。大きめのポケットが備わっているので、ドリンクなどの大きめのアイテムも入れておけるのも特徴。そこまでゴツゴツしていないベストなので、ユニセックスで気軽に着用できるところものも気に入りポイントです。Tシャツやシャツとの相性もばっちりです。

    TIGORAの難燃ベスト、人

    TIGORAの難燃ベストはカジュアルなシャツとの相性も抜群。

    Tシャツやシャツは、アースカラーで統一するとスッキリ着こなせておしゃれ感もアップします。

    TIGORAの難燃ベスト、人

    パーカーと重ね着するとアウトドアベストをさり気なく着こなせます。

    また、パーカーと合わせるのもおすすめです。冷え込む冬場はジャケットの中に着用し、インナーとして着ることもできます。ポケットにカイロを入れておくと、より温かく過ごせます。

    アウトドアベストでキャンプの雰囲気を盛り上げよう!

    アウトドアベストは着るだけで、キャンプをよりワクワクさせてくれるアイテムです。作業効率とおしゃれさを兼ね備えたアウトドアベストは、一度使うと手放せなくなるかもしれません。アウトドアベストもさまざまなシルエットのものが登場しているので、自分なりの着こなしを開発してみてはいかがでしょうか。

    TIGORA|難燃ベスト キャンプ

    サイズ:フリー(ユニセックス)
    機能:難燃、UVカット
    カラー:カーキ、ベージュ
    素材:綿100%
    生産国:中国

    筆者、ゆるりえ

    私が書きました!
    アウトドアライター
    ゆるりえ
    毎月の夫婦キャンプが楽しみな転勤妻。かっこよくてお得なものが大好きで、頑張りすぎないキャンプがモットー!コスパ重視のキャンプギアレビューなど多数のアウトドア関連の記事を執筆。現在は九州でフリーライターとして活動中。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    SALOMON (サロモン) / アウターパス ウォータープルーフ プロ 2.5L ジャケット

    2024.06.20

    Black Diamond (ブラックダイヤモンド) / ハイライン ストレッチシェル

    2024.06.20

    登山やロングトレイルでの悪天候にも対応するタフな一着!レインウェアのハイエンドモデル7選

    2024.06.20

    雨の日も楽しくなる!最新レインウェアのおすすめエントリーモデル&アウトドア傘14選

    2024.06.19

    コロンビアのおすすめレインウェア10選!独自の防水透湿技術も紹介

    2024.06.17

    バーベキューに行く際の服装は?注意したいポイントからおすすめのコーデ例まで解説

    2024.06.15

    コットンだけどベトつかない!「ドビー織り」パンツで涼しい夏を楽しもう

    2024.06.13

    ナンガの2024年夏新作はファミリー向け水陸両用ウェアほか8アイテム!

    2024.06.11