東京のベイエリア「晴海ふ頭」「大井ふ頭」で焚き火が体験できるプランが登場したぞ! | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ニュース

    2024.01.13

    東京のベイエリア「晴海ふ頭」「大井ふ頭」で焚き火が体験できるプランが登場したぞ!

    レインボーブリッジの夜景を焚き火とともに楽しむ。

    東京都心にある「晴海ふ頭」と「大井ふ頭」。東京湾で貨物船などが荷下ろしを行うスポットである一方、都会の喧騒から離れた夜景が美しいデートスポットとしても人気が高い場所だ。

    そんなスポットに、このたび手軽に焚き火を楽しむことがきる施設がオープン。都会で楽しむ焚き火は、新たなアウトドアの楽しみ方への可能性を広げそうだ。

    晴海ふ頭と大井ふ頭、まったく異なる焚き火プランを用意

    晴海ふ頭公園内「O.GARDEN GRILL」

    晴海ふ頭公園内「O.GARDEN GRILL」。

    必要な道具がなくても手軽に焚火が楽しめるプランが体験できるのは、中央区にある晴海ふ頭公園内「O.GARDEN GRILL」と大田区にある「大井ふ頭はぜつき磯バーベキュー場」。いずれも東京湾沿いの公園で、都心からのアクセスもいい場所だ。

    FIRE SIDEのウッドグリル「ヤグーナ ファイヤーボウルφ100」とプランのメニュー。

    FIRE SIDEのウッドグリル「ヤグーナ ファイヤーボウルφ100」とプランのメニュー。料金は1名税込 7,700円

    O.GARDEN GRILL」で用意されているのは、都会の景色と焚き火を見ながらBBQが楽しめる「焚き火GRILLFIRESIDE TALKSプラン」。薪火のライフスタイルブランド「FIRE SIDE」とのコラボレーションとなっており、同ブランドのウッドグリル「ヤグーナ ファイヤーボウルφ100」を使用。調理はもちろん焚き火を使用しており、現地スタッフのサポートも可能だ。また子ども連れの人にはファイヤースターターを無料レンタルしているので、火育体験にもおすすめ。

    ファイヤースターターで子どもの火育体験も!

    ファイヤースターターで子どもの火育体験も!

    「焚き火GRILL~FIRESIDE TALKSプラン」メニュー内容
    トルティーヤチップス / シーフードスープ / 焚き火で炙って楽しむソーセージ&ベーコン / US産豚肩ロースステーキ / US産牛肩ロースステーキ / 4種のグリル野菜 / 海鮮アヒージョ&バケット / 本日のデザート / ソフトドリンク飲み放題付き(アルコール飲み放題に変更可能)

    予約可能日: 2024年3月17日まで
    営業時間:11〜16時、17〜21時
    定休日:火水
    O.GARDEN GRILL 予約はこちらから

    「大井ふ頭はぜつき磯バーベキュー場」のプラン料金は1名税込 2,750円

    「大井ふ頭はぜつき磯バーベキュー場」のプラン料金は1名税込 2,750円

    「大井ふ頭はぜつき磯バーベキュー場」で用意されているのは、BBQレンタルセットに焚火台をプラスした、焚火をしながらBBQが楽しめるシンプルなプラン。20241月末までに予約すると、BBQ器材レンタルセットにジョンソンヴィルソーセージがついているキャンペーンを実施している。

    今なら器材レンタルセットにジョンソンヴィルソーセージが付いている。

    今なら器材レンタルセットにジョンソンヴィルソーセージが付いている。

    「大井ふ頭はぜつき磯バーベキュー場」セット内容
    炭火BBQグリル(アミ・炭3kg・着火剤・マッチ・炭ばさみ付) ・トング・包丁・まな板・テーブル・折りたたみイス(人数分)
    焚火台セット(薪約3kg・着火剤・焚火専用ベース)
    *調味料、カトラリーは含まれていない。 当日販売あり。

    利用条件
    ※焚火台の使用には焚火専用ベースが必要。必ずベースの上で使用すること。
    予約可能日:2024年2月29日まで
    営業時間:11〜17時
    定休日:火水

    東京湾岸沿いにそびえるビル群を眺めながら楽しむ焚き火は最高!

    東京湾岸沿いにそびえるビル群を眺めながら楽しむ焚き火は最高!

    大井ふ頭はぜつき磯バーベキュー場予約はこちらから

    アウトドアブームで焚き火に興味を持つ人が増えているが、気軽に焚き火ができる場所はそれほど多くない。焚き火OKのキャンプ場へ足を運ばないと体験できないとなるとビギナーにとってはハードルが高くなるが、こういった場所で気軽に焚き火が体験できるのなら、やってみたいという人は多いだろう。都内に務めている人は、会社帰りなどでも良さそうだ。

    NEW ARTICLES

    『 ニュース 』新着編集部記事

    アークテリクス史上最大規模のエクスペリエンスイベントが4月20日~5月5日に開催決定!

    2024.03.03

    トップランナーと走れるチャンス!初の都市型トレイルエンターテインメント「KOBE TRAIL 2024」開催

    2024.02.27

    「お米の学校」が星野リゾート リゾナーレ那須で今年も開催!種まき、稲刈り、脱穀も体験

    2024.02.22

    東出昌大の山暮らしを追う狩猟ドキュメンタリーほか、この冬注目の映画3選

    2024.02.13

    リペアトラックがやってくる!パタゴニアが北海道の7会場を訪問する「Worn Wear Snow Tour」開催

    2024.02.11

    5月6日まで!「映画ドラえもん のび太の地球交響楽」の世界感を楽しめるメニューが神保町の「Cafe Lish」に登場だ

    2024.02.10

    霊長類学者・山極寿一の人気連載がついに新書化!ゴリラの目を通して、人類が進むべき道を探る

    2024.02.07

    「ドライレイヤー」でお馴染みのfinetrackが今年創業20周年!記念の特設サイトは要チェックだ

    2024.02.02