オフラインでも地図が使える!日本製の超高機能「スマートアウトドアウォッチ」登場 | 時計 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • オフラインでも地図が使える!日本製の超高機能「スマートアウトドアウォッチ」登場

    2017.08.08 PRO TREK Smartカシオスマートウォッチ

    カシオから第2弾のスマートウォッチ
    日本製も世界に負けていない!

    去る4月21日、カシオのスマートウォッチ第2弾として、プロトレックブランドから「WSD-F20」が発売された。

    アウトドア活動時でも安心して使える5気圧防水で、しかもアメリカの国防総省による規格(落下、振動、湿度、高温&低温保管、温度衝撃など)にも準拠。精悍なルックスに相応の堅牢さを併せもったスマートアウトドアウォッチだ。

    なんと、スマートフォンの電波が届かないフィールドでもカラー地図機能が使えちゃう。ここが従来の類似デバイスとの最大の違いであり、「WSD‐F20」最大の売りだ。

    目的地周辺の地図を、あらかじめダウンロードしておけばOK。電波の届かない現地でも、「WSD-F20」の内蔵GPSとの組み合わせで自分の位置を確認でき、地図上に軌跡や地点登録のためのマークが残せるのだ。

    事前に地図アプリから地図をダウンロードしておけばスマホが使えない地域でも地図が使え、もちろん軌跡表示も可能だ(写真は登山アプリ『YAMAP』の地形図)。

     

    また、地図上にマークやメモを残しておけば、つぎに同じ場所へ行きたいときでもナビ設定が簡単。地図に目印のない自分だけの秘密の場所を記録しておくことができる。

    アウトドア活動に必須のコンパスや高度計、気圧計などの計測機能も充実。各表示画面には消費電力の少ないモノクロ画面も用意され、フィールドでの利便性が十分に考慮されている。

    このスマートさには感服です。

    【次ページからより詳しい機能を解説します】

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 時計 』新着編集部記事

    いざ冒険へ!マムートとプロトレックのサステナブルなコラボウオッチ

    2022.11.05

    Google製OSを搭載!アウトドアでの使用もバッチリな「TicWatch Pro 3 Ultra GPS」を試してみた

    2022.10.27

    デザインのモチーフはブッシュクラフト!PRO TREKの最新モデルがかっこいい

    2022.09.22

    1週間使ってみてわかった、新作スマートウォッチ「Amazfit T-Rex 2」の魅力とは

    2022.07.12

    充電不足を知らせてくれる、光を当てればすぐ動く! シチズンの「エコ・ドライブ」はとっても親切

    2022.07.09

    山やアウトドアで大活躍!アップルウォッチの便利な機能3選

    2022.05.21