数量限定販売!いステンレス鋼材で扱いやすい「LOGOS ブッシュクラフト フルタング・ナタ」 | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2023.12.22

    数量限定販売!いステンレス鋼材で扱いやすい「LOGOS ブッシュクラフト フルタング・ナタ」

    「LOGOS ブッシュクラフト フルタング・ナタ」

    LOGOSでは老舗鍛冶屋「トヨクニ」と共同開発によるフルオーダーメイド製のアウトドア用ナタ「LOGOS ブッシュクラフト フルタング・ナタ」を数量限定で発売した。サビに強くて研ぎやすく、コストパフォーマンスに優れたバランスの良いステンレス鋼材を採用し、場所を選ばず使いやすい形状を追求。薪割りやブッシュクラフト、調理などさまざまなアウトドアシーンで活躍しそうだ。

    先行販売のクラウドファンディングでは達成率782%で完売!

    LOGOS ブッシュクラフト フルタング・ナタ」もともとはクラウドファンディングで先行販売されているが、開始後約5時間で目標金額を突破。達成率782%で完売した注目のナタだ。

    「LOGOS ブッシュクラフト フルタング・ナタ」¥19,800

    「LOGOS ブッシュクラフト フルタング・ナタ」¥19,800

    一般的なブッシュクラフトナイフとは異なり、キャンプ場や山などフィールドを選ばずに使える安全性を重視。ブレードの先端が尖っていない「角ナタ」を採用し、さらに細かな作業でも使いやすくなるよう、ブレードに人差し指をかけられる窪み(フィンガーチョイル)を搭載。持ち方を変えるとフェザースティック作成などの細かな作業にも対応できる。さらに怪我防止用のヒルト(ストッパー)付きなので、安全に使用することも可能となっている。

    ブレードに人差し指をかけられる窪み(フィンガーチョイル)搭載。

    ブレードに人差し指をかけられる窪み(フィンガーチョイル)搭載。

    ブレードを構成する1枚の金属の板がナイフの先端から後端まで通った「フルタング構造」を採用しているため、強い衝撃を与えても破損しにくい。さらに5.5mm厚のブレードと500gの重量が生み出すパワーで、豪快なバトニングが楽しめる。鋼材はコストパフォーマンスに優れたバランスの良いステンレス440を使用しており、耐摩耗性や疲労強度も抜群だ。

    ブレードの左右に刃がついた両刃構造。

    ブレードの左右に刃がついた両刃構造。

    さらにブレードの左右に刃がついた両刃構造になっており、利き手を選ばず薪をまっすぐ割ることが可能。ハンドルにはガラス繊維入りで軽量かつ耐久性に優れた人気素材「G10」を採用しており、耐衝撃性や湿度変化への耐性も優れている。

    別売りのファイヤーストライカーセットを取り付けられるホルダー搭載

    別売りのファイヤーストライカーセットを取り付けられるホルダー搭載。

    (シース)には、軽くて丈夫で汚れても丸洗いができる「カイデックス」を採用。ハンドルを握って親指で押せばロック解除できるので、ナタを確実にホールドしつつ片手で簡単に抜き差しができる。ベルトホルダーを取り付ける向きが変更できるので、左利きにも対応。別売りのファイヤーストライカーセットを取り付けられるホルダーも搭載している。

    ステンレス素材なので、メンテナンスは汚れを拭き取るだけでいい。

    ステンレス素材なので、メンテナンスは汚れを拭き取るだけでいい。

    「LOGOS ブッシュクラフト フルタング・ナタ」は12月7日よりロゴスショップ直営店(アウトレット除く)ほか全国の量販店にて数量限定で順次発売中だ。

    製品名 : LOGOS ブッシュクラフト フルタング・ナタ
    価格 : ¥19,800
    総重量:(約)650g
    サイズ:(約)縦30×横5×厚さ2.5cm
    鋼材 : SUS440
    刃厚 :(約)5.5mm
    刃体長 :(約)12.7cm
    硬度 : HRC58~60
    収納サイズ :(約)縦32×横8×厚さ3.5cm
    構成:本体、シース
    主素材:ステンレス鋼、G10、カイデックス

    ロゴス公式サイト

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12