キット要らずで簡単に作れる「お菓子の家」レシピを紹介!カステラと市販のお菓子でOK | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2023.12.04

    キット要らずで簡単に作れる「お菓子の家」レシピを紹介!カステラと市販のお菓子でOK

    クリスマスや誕生日にも最適なおうち。

    クリスマスにもおすすめ!お菓子の家の作り方はこちら

    ディズニーの世界に出てきそうなメルチックな「お菓子の家」。これを自作するのは難しいと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

    市販のカステラを使って作れば、夢のお菓子の家があっという間に完成!土台を作って、クリームを塗って、お好みのお菓子で飾りつけするだけ。火を使わないので、小さな子どもと一緒にテント内でもできます。世界にひとつだけのお菓子の家を、親子で作ってみませんか?

    材料

    カットされているカステラが便利!

    • 市販のカステラ 5切れ
    • 生クリーム 100g
    • 砂糖 5g
    • 飾り付け用のお菓子(お好みで)
    • いちごシロップやブルーベリージャム(着色したい場合お好みで)

    いろんな形のチョコが入っているので、装飾には明治のプチアソートがおすすめです。

    必要な道具

    お皿は平らでできるだけ大きめを用意!

    • まな板
    • ナイフ
    • お皿
    • ヘラ
    • ボウル
    • 泡立て器

    今回、生クリームは泡立てて使用しましたが、すでにホイップ状態になっている市販のホイップクリームや、スプレー缶に入ったホイップクリームでも作れます。

    その場合は、道具も工程も少なくて済みます。

    ホイップクリームを着色したい場合

    ホイップクリームを着色したい、という場合はフルーツのシロップやジャムを薄く伸ばしたものを、できあがったクリームに混ぜましょう。身近にある天然素材を使うなら、果実の色がはっきりしている苺やブルーベリーのシロップ・ジャムを活用。着色すればより個性的に作れますし、もちろんしなくても雪のイメージでかわいいおうちになりますよ!

    簡単!お菓子の家レシピ

    生クリームを泡立てる

    クリームを混ぜたり、塗ったりと小さめヘラが大活躍。

    まずは、ボウルに生クリーム100gと砂糖5gを入れ、泡立て器でかき混ぜます。植物性クリームを使えば、さらっとした仕上がり。動物性の乳脂肪生クリームは、濃厚なミルクの香りのクリームになります。

    夏の野外で生クリームを作るのは、温度が高く難しいですが、冬場にはぴったりです。外気でボウルも冷えているので、氷を当てたりしなくても作れます。ただし直射日光が当たったり、暖かいテント内で作ったりする場合は、適宜冷やしながら作ってくださいね!

    カステラを切る

    ひとつの厚さが4cmもある、大きめカステラを今回は使用しました。

    続いてまな板とナイフを用意して、カステラをカットしていきます。カットして作るのは、屋根の三角部分、窓、ドアの3パーツだけなので、簡単です。

    今回は、全部でカステラを5切れ使用しました。なお土台のカステラとして、3切れはカットせずにそのままとっておきましょう。

    まず半分にカット。

    カステラ2切れを、半分に切ります。

    半分に切ったカステラのうち3切れを、対角線で斜めにカットして三角にし、屋根パーツにします。

    残った半分サイズの1切れは、3等分に縦にカットします。

    縦に三等分します。

    その後さらに半分に切るなど、細かいサイズに切り分けていき、家の側面に貼り付ける窓やドアのパーツを作成します。

    これまでに切り分けたカステラの全パーツ。

    これで、カステラのパーツは完成です。子どもがナイフを使用する際は、くれぐれも怪我のないように気をつけて見守ってあげてくださいね。

    組み立てる

    クリームは薄めでOK。

    次は、カットしていない3切れのカステラの側面にクリームを塗ってくっつけ、家の土台を作ります。

    たっぷり塗ってはみ出ても大丈夫。

    斜めに切ったカステラは、屋根にするため側面にクリームを塗ります。

    クリームがついた面をくっつけていきます。

    三角同士をくっつけて、屋根のパーツを3つ作ります。ここまでくると、ワクワク感が増してきます!生クリームなので、失敗しても何度でも剝がしてつけ直せるので、安心です。

    さて、土台にこの屋根のパーツを乗せていきましょう。

    上から生クリームを塗ります。

    カットしないでおいた3枚の土台の上に3セットの屋根をのせ、家の形ができたら、全体にクリームをたっぷりと塗っていきます。

    クリームでデコレーションしたら雪化粧に!

    今回はカステラ5枚を使用して、長さ12cmの家ができました。4人家族の我が家は、長さ12cmでボリューム満点でした。

    装飾する

    想像力を膨らませてお菓子で飾りつけよう。

    最後に、お好みのお菓子で装飾を楽しみます。屋根には、ウエハースや源氏パイ、ココナッツサブレなど面積が大きいものが手軽に貼り付けられ、存在感が出るのでおすすめです。

    キレイに屋根を再現できました。

    今回はココナッツサブレを屋根に使用し、ペタペタ張り付けました。

    ちなみに以前、形が凝ったアイシングで家を作った際には、親が手を出すシーンが多くなりがちでした。子どもたちにとっては自分たちの手で作るほど、より愛着が湧き満足度も増すので、その点も考慮して装飾にしようする素材を選びましょう。

    お菓子の家が完成!

    子どもたちが可愛らしく装飾。

    先ほどカットしたカステラでドアや窓を生クリームをのりのようにして使い張り付け、思い思いにお菓子で装飾をしてすれば、あっという間に完成しました。おやつの時間の少し前に作り始めて、完成後は、みんなでパクパク食べましょう!

    意外と簡単!大人も楽しいお菓子の家づくりを楽しもう!

    装飾をメインに楽しめるので、小さな子どもと一緒でも失敗なく楽しめるお菓子の家作り。

    室内や、ベランダでの「おうちキャンプ」ではもちろん、テントの中で作って食べればハッピーな時を送れること間違いなし!親子でコミュニケーションをとりながら、わくわくとしたお菓子作りを楽しんでください。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    ムスカリ
    経験ゼロスタートの2児の母キャンパー。アウトドアブログ“ブッシュクラフトLIFEWORK”を運営する傍ら、アウトドアインストラクターのアシスタントとしても活動中。アウトドアで人生が変わる!をモットーに子どもと一緒にファミリーキャンプ&ブッシュクラフトキャンプを満喫。焚き火とキャンプ飯、そしてモノづくりが好きで、アウトドアグッズを商品化するのが夢。

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    簡単スモアの作り方!キャンプの新定番を美味しく食べるアレンジレシピも!

    2024.02.24

    サンドイッチの定番具材と変わり種!一押しのホットサンドメーカーも

    2024.02.24

    切って混ぜるだけの万能バーべキューソースレシピ9選

    2024.02.22

    キャンプ飯の醍醐味!極上の炭火焼レシピ12選

    2024.02.21

    チキンラーメンのアレンジ方法15選!ちょい足しから手の込んだレシピまで紹介

    2024.02.20

    さらにおいしさをプラス!日清のカレーメシをアレンジしてみた

    2024.02.19

    バーベキューを盛り上げるおしゃれで簡単な人気レシピ27選

    2024.02.18

    ダッチオーブンで作るアツアツ煮込みハンバーグ!寒さが続くフィールドで焚き火料理を楽しもう

    2024.02.18