ボードウェアのおすすめ11選!おしゃれなウェアでスノボを楽しもう | スキー・スノーボード 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    スキー・スノーボード

    2023.12.13

    ボードウェアのおすすめ11選!おしゃれなウェアでスノボを楽しもう

    スノーボードを定期的にする予定なら、自前のボードウェアを持っておいた方が経済的です。おすすめのボードウェアや、自分に合った1着を選ぶためのポイントを解説します。おしゃれなウェアを着こなし、コーデを楽しむとともに、写真映えを狙いましょう。

    自分に合ったボードウェアの選び方

    ボードウェアは一般的に、レンタルよりも購入する方が、おしゃれなものが多い傾向にあります。しかし、デザイン以外にも注目すべきポイントがいくつかあるので、詳しく見ていきましょう。

    つなぎ?セット?求める機能でタイプを選ぶ

    ボードウェアの種類は、以下の三つです。

    • セパレート
    • つなぎ
    • 上下セット

    『セパレート』は上下別々のタイプで、デザインを自由に選べるのが特徴です。おしゃれさを重視する人にはうってつけのタイプでしょう。ただしジャケットとパンツがつながっていないため、すきまからの雪の侵入や防寒対策が重要です。

    『つなぎ』は上下が一体になっているタイプです。色が統一されており、ウェアの中に雪が入りづらくなっています。ただし着脱が面倒で、トイレの際に不便を感じることがあります。

    『上下セット』はジャケットとパンツがセットになっているタイプで、初心者におすすめです。コーデを気にする必要がなく、無難に着こなせるのが強みです。

    防水透湿性能をチェック

    ウェアの防水性は『耐水圧』が1万mmあると安心です。耐水圧とは、水分が生地に染み込むのを防ぐ力の数値のことです。耐水圧1万mmは大雨でも耐えられる水準のため、急な天候不良に見舞われたときも体を雨雪から守ってくれるでしょう。

    『透湿性』とは、ウェア内の水分を外に逃がす性能のことで、ウェア内部の蒸れを防ぐ能力を意味します。透湿性は5,000〜1万g以上を目安にしましょう。

    有名な防水透湿素材はゴアテックスです。少々高価ですが、品質を重視する人におすすめです。

    雪山で便利な機能をチェック

    ボードウェアには、以下の機能があると便利です。

    • パウダーガード・ハンドゲーター
    • ベンチレーション
    • ポケット
    • フード

    『パウダーガード』とは、ジャケットやパンツにある、雪の侵入を防ぐよう二重構造になっている部分のことです。『ハンドゲーター』は、袖から伸びている手を覆うグローブのような装備で、袖からの雪の侵入を防ぎます。

    『ベンチレーション』はジャケットの脇や胸の部分にあるファスナーのことで、開閉することで湿気を逃がせます。

    『ポケット』はあればあるほど便利です。財布やスマホなどの貴重品を入れられるポケットや、リフト券を入れられるものなどが付いているかもチェックしましょう。止水ファスナーになっていると、中身を守れて安心です。

    急な雨や風から体温を守れる『フード』は、ヘルメット対応のものだとより便利です。

    【セパレート】おすすめのボードウェア

    まずは上下が別々でそろえられるボードウェアを4着紹介します。組み合わせを自分で考える必要がありますが、自分だけのおしゃれな着こなしができるため、考えるのが楽しくなるでしょう。

    ミレー「ティフォン ウォーム スティープ ジャケット」

    耐水圧2万mm、透湿性5万gと高い防水透湿性を持ち、立体裁断とストレッチ素材による高い運動性を持つジャケットです。この『ドライエッジ ティフォンウォーム』の3層構造により、常にドライな状態でスノーボードを楽しめます。

    取り外し可能なスノースカートや、サイズを調整できる裾により、雪の侵入もブロックできます。左腕にはリフト券を収納できるホルダーもあり便利です。フードはヘルメット対応で、面ファスナーやドローコードで調節が可能です。

    • 商品名:ミレー「ティフォン ウォーム スティープ ジャケット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ミレー
    ティフォン ウォーム スティープ ジャケット

    サイズ:S〜XL


    モンベル「パウダーグライド パーカ」

    左胸のロゴのワンポイント以外は無地のシンプルなデザインで、着こなしの幅が広がるジャケットです。『ウィンドストッパーファブリクス』と独自技術の『エクセロフト』を搭載し、高い防水透湿性や保温性を確保しています。

    ウィンドストッパーファブリクスとは、冷気を遮断しつつも防水性と透湿性を両立するゴアテックスの素材です。エクセロフトは3種類の繊維を混紡することで、保温性とはっ水性・速乾性をかなえたモンベルの独自技術です。

    ポケットは左胸や左袖のチケットホルダーを含む6カ所あり、シンプルながら高い機能性をそなえています。

    • 商品名:モンベル「パウダーグライド パーカ」
    • 公式サイト:商品はこちら

    コロンビア「バガブーIVパンツ」

    コロンビアの独自技術『オムニヒート』により、高い保温性を誇るパンツです。オムニヒートは体温の熱を反射して保温する技術で、効果的にウェア内を温めてくれます。

    裾の内側には、インナーゲイダーが付いており、雪の侵入をブロックします。ポケットはファスナー付きで貴重品を入れても落とす心配がありません。

    カラーは主張が控えめのデルタ(ベージュ)・ブラック・グレーの3色展開で、デザインはシンプルなため少々派手目のジャケットと合わせるのもよいでしょう。

    • 商品名:コロンビア「バガブーIVパンツ」
    • 公式サイト:商品はこちら

    Columbia
    バガブーIVパンツ

    サイズ:S〜XL


    ザ・ノース・フェイス「RTG ゴアテックスビブ」

    ゴアテックスを搭載したユニセックスのビブパンツです。ビブパンツとはオーバーオールのパンツのことで、転倒しても雪がウェア内に入りにくいことから人気のアイテムです。

    本製品に採用されているゴアテックスは表地・裏地・メンブレンの3層構造になっており、基本の2層よりも透湿性を高めています。

    生地には70デニールのリサイクルナイロンを使用しており、転倒時に地面にこすりつけても簡単に破れにくくなっています。両胸と両ももにポケットが付いており、ジャケットと併せて収納性を高めているのもポイントです。

    • 商品名:ザ・ノース・フェイス「RTG ゴアテックスビブ」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ザ・ノース・フェイス
    RTG ゴアテックスビブ

    サイズ:M〜XL


    【つなぎ】おすすめのボードウェア

    つなぎは上下のカラーの統一感があり、どことなく玄人の雰囲気を演出できます。そんなつなぎのおすすめボードウェアを紹介します。

    バートン「ウィメンズ Burton カーボネート GORE-TEX 2L ワンピース」

    ゴアテックスを搭載することで、全身をカバーしていることにより生じる蒸れを効果的に解消しています。ゴアテックス持ち前の防水性能で雨や雪をしっかりとブロックし、さらに透湿性によりドライな着心地を保ちます。

    ウェアのいたるところにポケットを配しており、ウェア1枚だけで必要な貴重品はもれなく収納可能です。生地には伸縮性があり、スノーボード中の動きやすさもしっかりと確保しています。

    着地したときの雪の入りにくさは、つなぎならではです。

    • 商品名:バートン「ウィメンズ Burton カーボネート GORE-TEX 2L ワンピース」
    • 公式サイト:商品はこちら

    【上下セット】おすすめのボードウェア

    気に入った組み合わせを選べる上下セットのおすすめを紹介します。無難な着こなしをしたい初心者やセットアップでかっこよく決めたい人におすすめです。

    DC SHOES「AW VISTA JACKET」「AW SHADOW BIB」

    ジャケットとパンツは別売りですが、セットアップが可能なウェアです。ポップアーティストのアンディー・ウォーホルの作品を全面に打ち出したユニークなデザインが特徴です。

    ネイビーを基調とし、フロントジッパーのラインやフードの内側にはレッドを配し、シックなデザインに仕上がっています。機能性については、耐水圧1万mm・透湿性5,000gと十分な性能です。

    パンツはビブパンツで、1万5,000mmの耐水圧と1万gの透湿性を誇ります。ジャケットのポケットは最低限ですが、ビブパンツと合わせれば必要な貴重品は収納できるでしょう。

    DC SHOES
    AW VISTA JACKET

    サイズ:S〜L


    DC SHOES
    AW SHADOW BIB

    サイズ:S〜L


    デサント「【SKI】S.I.Oインシュレーションジャケット」

    防水透湿技術『Tech Stretch』を搭載したジャケットです。耐水圧は2万mm、透湿性は4,000gと性能は十分で、しっかりと水分の侵入を防いでくれます。

    脇部分のベンチレーションやベルトクロージャーなど、ウェア内の快適性を保つ工夫が多く取り入れられています。フードは取り外し可能で、晴天時には見た目をすっきりとさせられるでしょう。

    • 商品名:デサント「【SKI】S.I.Oインシュレーションジャケット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    デサント
    【SKI】S.I.Oインシュレーションジャケット

    サイズ:M、L、O


    デサント「【SKI】S.I.Oフルジップインシュレーテッドパンツ」

    先述のインシュレーションジャケットとセットアップが可能なビブパンツです。カラーはブラックとホワイトの無地でシンプルなため、他のウェアとも組み合わせやすいでしょう。

    ファスナーはシューズを履いた状態でも着脱しやすいよう、斜めに設計されています。耐水圧は2万mm、透湿性は4,000gとジャケットと変わらない性能を持っています。4wayのストレッチ素材により、スノーボードでは自由自在に体を動かせるでしょう。

    • 商品名:デサント「【SKI】S.I.Oフルジップインシュレーテッドパンツ」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ミズノ「ブレスサーモ ミズノスノースキースーツ」

    4パターンのカラーバリエーションで自分に合う色が選べるウェアです。ミズノの独自技術である『ブレスサーモ』を搭載しており、効果的にウェア内の保温が可能です。

    ブレスサーモは体内から発生する水分を吸収して発熱する技術で、透湿性も兼ねそなえているため着心地もドライに保てます。パンツの裾にはインナーゲイダーがあり、雪の侵入をしっかりと防げます。

    耐水圧は1万mmで、デザインはユニセックスで着る人を選びません。ジュニアサイズもあるので、親子での着こなしも可能です。

    出典: ブレスサーモ|ミズノ公式オンライン

    • 商品名:ミズノ「ブレスサーモ ミズノスノースキースーツ」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ミズノ
    ブレスサーモ ミズノスノースキースーツ

    サイズ:S〜XL


    【レディース】おすすめのボードウェア

    おしゃれなボードウェアを着て、SNS映えを狙いたい女性は多いでしょう。そんな人におすすめのボードウェアを2着紹介します。

    686「GEODE THERMAGRAPH PANT」

    シンプルなデザインでさまざまなジャケットと合わせやすいパンツです。カラーはパステル系のものが多く、明るい印象を出したい人におすすめです。

    転倒時に地面に接触しやすい臀部とひざの部分には、140gのインサレーションパネルを挿入することでしっかりと保温性を確保しています。

    耐水圧は2万mm、透湿性は1万5,000gと機能性も申し分ありません。人間工学に基づいたシルエットは、ジャケットとのコーディネートをよりおしゃれなものにしてくれるでしょう。

    686
    GEODE THERMAGRAPH PANT

    サイズ:S〜L


    コロンビア「ウィリバードIVインターチェンジジャケット」

    ジャケットと内側のライナーがセットになったアイテムです。ジャケットとライナーはファスナーで連結・分離が可能で、それぞれ単体とセットの3wayで着こなせます。

    アウターにはコロンビア独自の防水透湿技術『オムニテック』を、ライナーには『オムニヒート』を搭載しており、それぞれ単体でも十分な性能を発揮してくれるはずです。

    豊富なポケットにパウダースカートなどの、ボードウェアに必要な機能を搭載しながら、旅行にも着ていけるカジュアルさも兼ねそなえています。カラーバリエーションが豊富で、コーディネートを考えるのが楽しくなる1着です。

    • 商品名:コロンビア「ウィリバードIVインターチェンジジャケット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    コロンビア
    ウィリバードIVインターチェンジジャケット

    サイズ:S〜XL


    まとめ

    おしゃれなボードウェアで滑ることは、スノーボードの楽しみの一つです。おしゃれなものを選ぶのが第一ですが、機能性にも目を配りましょう。ボードウェアに求められるのは防水透湿性をはじめ、雪や水分の侵入を防ぐ能力です。

    リフト券やスマホなどの貴重品が入れられるポケットも要チェックです。デザインと機能性に優れた1着を見つけ、スノーボードを楽しみましょう。

    NEW ARTICLES

    『 スキー・スノーボード 』新着編集部記事

    バックカントリーとはどんなスポーツ?魅力や注意点、持ち物を解説

    2024.03.01

    スノーシューハイクとは?初心者におすすめの理由やギアを紹介

    2024.02.26

    お手頃価格の小物も多数登場!「H&M Move」のスノーウェアコレクション

    2023.12.22

    冬のほかほかキャンプ飯46選!簡単にできる鍋、煮込み、ラーメン、デザートまで

    2023.11.17

    フェニックスとホンダがコラボしたスキーアイテムがめちゃカッコいい!

    2023.09.17

    スノーボードがパカっと真っ二つに!「スプリットボード」で楽しむバックカントリー

    2023.04.04

    雪の旅、そしてスノーサーフという世界

    2023.03.02

    登山地図アプリ「ヤマップ」に学ぶ、雪山で遭難しないための事前準備3か条

    2023.02.21