標高が低いからとあなどるなかれ!セーフティ低山ハイクの8つのポイント | 山・ハイキング・クライミング 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 山・ハイキング・クライミング

    2023.11.15

    標高が低いからとあなどるなかれ!セーフティ低山ハイクの8つのポイント

    気軽に登れるのが低山の魅力だが、油断は大敵。毎年、不幸な事故は起きている。事前準備から装備まで、安全登山のポイントをプロに教えてもらいました!

    教えてくれた人 羽根田 治さん

    1961年、埼玉県生まれ。フリーライター。山岳遭難や登山技術に関する記事を登山雑誌や書籍で発表。アウトドアでの死亡事故の事例53とともに、安全知識について言及する『これで死ぬ アウトドアに行く前に知っておきたい危険の事例集』(山と渓谷社)が話題。

    口頭だけだと忘れちゃう!? 家族にはメモで残そう

    山やルートの情報収集、装備やウェアの決定、危険予測のイメトレなど、安全な登山は無理のない計画を立てるところからスタート。計画が決まったら、登山計画書(登山届)を地元の警察署に提出しよう。県によっては提出を義務付けているので、事前に確認を。アプリやネットで提出できる地域も増加中だ。提出できない場合は、登る山と通るルート、下山予定時刻をメモで家族や知人に渡すこと。紙に残すことで、山に詳しくない人でも迅速に救助要請ができる。

    早発早着は基本のキ! 余裕をもったスケジュールを

    低山ハイクでも、朝早く出発して、午後早くに目的地に到着するのが大原則。山の天気は変わりやすい。にわか雨や雷雨など、途中で足止めをくらうこともあるので、余裕をもって計画を立てよう。ガイド本などにコースタイムが記されているが、休憩時間は含まれていないので要注意。脚力に自信がない場合は、コースタイムの1.5倍ほどの時間をみておこう。

    低山での遭難原因第1位。道迷いは全力で回避!

    低山は樹林帯が多く、登山道以外に林業従事者の作業道などもある。もし道に迷ったら即座に来た道を引き返そう。「もう少し進んでみよう」は絶対ダメ! パーティの場合ははぐれないよう、ペースの遅い人に歩調を合わせること。登山地図などで休憩のたびに現在地を確認するのも鉄則だ。事前に「ヤマレコ」や「YAMAP」などの地図アプリをダウンロードするのもいい。地図やアプリは使いこなすのに慣れが必要なので、近所の低山で練習しておくと安心。

    石橋を叩いて渡る!? 普段の1000倍足もとに注意!

    転倒は、ケガはもちろん、下手をすると滑落事故につながる。とくに木製の階段や、岩や石が多かったり、木の根が露出している登山道は、雨のあとは非常に滑りやすくなる。足の置き場に注意しながら、一歩一歩、慎重に進むこと。トレッキングポールを使う手もあるが、岩に引っ掛けて転倒する場合もあるので、使い方をマスターしてから使用したい。

    休憩は疲れる前に! 水分&高カロリー携行食でエネルギーチャージ

    登山は激しい運動なので、携行食は"高カロリー食"が基本。装備が増えないよう、コンパクトで軽いエナジーバーやゼリー飲料がおすすめだ。羽根田さんはそれに加え、ナッツ類とドライフルーツをミックスしたものや、冬季はコンデンスミルクを持参するそう。塩飴など、塩分補給アイテムも必須だ。水分は出発前にまず500㎖の水を飲んでおくこと。道中は、体重60㎏の人の場合、1時間に300㎖の水分が必要(体重1㎏に対して1時間5㎖が原則)なので、計算して持っていこう。温度は冷たくても熱くてもOK。エネルギーや水分の補給は、疲れる前に摂り入れるほうが有効なことも忘れずに!

    めまい、集中力低下……ちょっと変かも?はかなりキケン!

    気温が高い日は熱中症に注意したい。脱水症状が引き金になるので、水分は積極的に補給しよう。初期症状は大量の汗、めまい、集中力低下など。症状が表われたら、涼しい場所へ移動し、首筋、脇の下、股の付け根に濡れタオルなどを当てて体を冷やす。その際、水分や塩分も必ず補給。症状が進むと素人では対処できなくなるので、体調不良は初期対処が要!

    出遭わないほうが互いのため。クマよけの鈴をつけて歩くべし

    クマはもともと臆病な動物だ。しかし、突然人間と至近距離で出くわすと、自分の身を守るために攻撃をしかけてくる。遭遇してしまった場合は、大声を出したり、慌てて逃げるのはNG。静かに後ずさりするのが良いとされるが、ケースバイケースなので正解はない。不幸な事故が起きないよう、熊鈴を身に付けて、人間の存在を知らせながら行動しよう。

    いざというときに役に立つ! プラスアルファ装備

    転ばぬ先の杖の装備としておすすめなのが、ツェルト&ロープ、ヘッドランプ、救急セット、エマージェンシーシート。救急セットには、ペットボトルのフタに穴をあけたものを入れておく。ケガをしたときは、飲料水のペットボトルのフタと入れ替え、傷を洗い流すことができる。傷口を保護するワセリンや、三角巾がわりに使える手ぬぐいもあると重宝する。エマージェンシーシートは防寒はもちろん、樹林帯で遭難したときに見つけてもらう目印にもなる。

    ※構成/松村由美子 漫画/キムコ玉川

    (BE-PAL 2023年11月号より)

    NEW ARTICLES

    『 山・ハイキング・クライミング 』新着編集部記事

    高さ2mながら富士山の魅力が詰まった江戸川区の富士塚とは?【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.65】

    2024.07.12

    長島香取神社内にある、100年以上前に築かれた長島富士へ【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.64】

    2024.07.01

    東野登山隊が残雪期の岩手山に挑戦!「なぜ山に登るのか」東野幸治さん・庄司智春さんを直撃

    2024.06.27

    江戸川区・桑川神社敷地内にある桑川富士を登はん【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.63】

    2024.06.27

    豊島区の住宅街に鎮座する豊島長崎の富士塚へ【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.62】

    2024.06.23

    「移転した富士山」こと目黒元富士を求めて【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.61】

    2024.06.19

    穴場の山、大野山を紹介!富士山を満喫できる西丹沢の名峰だ

    2024.06.17

    高尾山のその先へ。小仏城山・景信山を繋ぐ縦走登山で山登りの醍醐味を満喫

    2024.06.10