【ナイフマスターへの道3】割る&穿つ | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【ナイフマスターへの道3】割る&穿つ

    2017.07.03 ナイフ

    ①木を割る!

    焚き火の際に、薪などを適度なサイズに割るのも、ナイフ1本で可能。この「初めコツコツ、後バンバン」テクニックを身につければ、もはや手斧要らずだ。

    ナイフの背の真ん中を叩き刃を食い込ませる

    手斧と違い、重量のないナイフを振り下ろして薪を割るのは愚の骨頂。落ちている木を活用して、ナイフ自体を叩きながら割っていけば、薪が割れる。「バトニング」と呼ばれる技だ。

    背の先端を叩いて割る!

    ②穿(うが)つ!

    あまり頻繁に使うテクニックではないかもしれないが、木を加工するほかにも、ジャガイモの芽を取るときなど、穿つテクニックを知っておいて損はない。

    切っ先を軸にして「すり鉢状」にえぐる!
    英語ではDrillだが、言葉どおりに刃先をグリグリしたら、あっという間にナイフがダメになってしまう。刃を寝かせ、刃先を中心にすり鉢状に削り出す感覚で作業する。イラストでは、反時計回りにえぐる。

    ◎監修/荒井裕介 ◎イラスト/西田真魚 ◎構成/櫻井 卓

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    モーラナイフを使ってフルーツカービングを楽しむ方法とは?始め方と注意点を紹介

    2022.11.16

    叩く目印付きで失敗しない!多喜火鉈は薪割りの頼れる相棒だ

    2022.11.01

    ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ

    2022.10.03

    土佐伝統の鍛冶工房とBE-PALがタッグ!伝統の小割り鉈がよみがえった

    2022.09.26

    愛用の包丁をキャンプでも!貝印トップブランド「関孫六」発のブレードガード

    2022.09.06

    夏休みにデビューしよう!子どものファーストナイフの選び方

    2022.08.11