村上光太郎教授がレクチャー!「薬草」辞典【第1回】 | ナチュラルライフ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ナチュラルライフ

    2017.08.09

    村上光太郎教授がレクチャー!「薬草」辞典【第1回】

    「すべての食べられる野草は、なんらかの薬効があると思っていい! ただし、種類ごとに強弱はありますが」とは、熊本の崇城大学で薬用植物を研究する村上光太郎さん。

    「かじってみて、苦味、酸味、エグ味、渋味がある野草は薬効があるものが多い。たとえば、苦味を感じさせる成分のタンニン。タンニンは傷口に塗れば止血、濃いものを飲めば下痢止め、薄いものは反対に便秘に効果があります」

    【利尿・整腸】ドクダミ

    干したものの生薬名は「十薬」。利尿、整腸のほか、皮膚病などに薬効がある。蒸した葉を練って患部に塗ると化膿や吹き出物に効果あり。茹でてにおいを抜いてから、炒め物、味噌あえに。

     

    【子供の夜泣き・糖尿病】カキドオシ

    生薬名は「連銭草」。小児の夜泣きや疳かんに効果があり、「カントリソウ」の異名がある。鎮痛、利尿のほか、煎じた液を風呂に入れると、皮膚炎に効く。新芽や花はおひたしやかき揚げで。

    NEW ARTICLES

    『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

    禁じられた熊狩りに挑む『プロミスト・ランド』ほか6月に観たい映画2選

    2024.06.15

    グルテンフリー&おいしい「ZENB(ゼンブ)」キッチンカーが東京、神奈川、千葉を巡回中

    2024.06.01

    富士山を望む絶景を独り占めできる穴場サイトをBE-PAL編集部員が発見!

    2024.05.07

    焚き火の「灰」を使って洗剤作りに挑戦!今日からできるSDGs的社会貢献とは?

    2024.04.28

    パスタの茹で汁、捨てないで!アウトドアでの驚くべき活用法があった

    2024.04.16

    GWにおすすめの映画2選!美しい自然と人との関わり方について考えさせられる

    2024.04.12

    えっ!? あの「ほりにし」からスパイス…じゃなくて“クリーナー”が爆誕したって知ってた?

    2024.04.05

    レジャーだけじゃない!「大学×アウトドア企業」で切り開かれる新たな可能性

    2024.03.23