ミニマムで経済的なキャンプを叶えるならコレ!軽自動車&コンパクトカー7選 | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 試乗記

    2023.10.25

    ミニマムで経済的なキャンプを叶えるならコレ!軽自動車&コンパクトカー7選

    たっぷり積めて走りも軽快。そして飽きのこない見た目が魅力の個性派モデルばかりを、発売予定も含めて徹底チェック!

    軽自動車&コンパクトカー

    コスパに優れ、取り回しが楽なだけじゃない。最近の"小さなクルマ"は、荷物だって積めちゃうんです!

    人気トップの常連が大変身

    ホンダ/N-BOX

    ¥1,648,900~2,362,800

    クルマ旅やアウトドアユースとしても人気が高い「ホンダN-BOX」が、この秋に6年ぶりの大変身を遂げて発売。丸目の表情や向上した居住性、アイデアたっぷりの収納など、人気はさらに加速しそうだ。

    【N-BOX 予想スペック】
    ●ボディーサイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,790㎜ 
    ●車両重量:――㎏ 
    ●最低地上高:――㎜ 
    ●最小回転半径:――m 
    ●WLTC燃料消費率:21.0㎞/ℓ〜

    室内各部の材質も上質に進化している。

    上下に薄いヘッドライトの顔もある。

     

     

    外遊びで使い倒すハイトワゴンならこれ!

    スズキ/ハスラー

    ¥1,365,100〜1,817,200

    image

    ハイトワゴンの機能性とSUVテイストの遊び心を1台で表現したクロスオーバー。全車速追従機能付きのACC(アダプティブクルーズコントロール)と車線逸脱抑制機能を130万円台からの全グレードに標準装備する充実ぶり。

    【HYBRID X/FF】
    ●ボディーサイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,680㎜ 
    ●車両重量:820㎏ 
    ●最低地上高:180㎜ 
    ●最小回転半径:4.6m 
    ●WLTC燃料消費率:25.0㎞/ℓ

    image

    大きな特徴である丸目の表情もヒットの要因。荷室には長物なども楽々と収納できる。

    ゴツさと可愛らしさが絶妙にマッチしたエクステリア

    ダイハツ/タフト

    ¥1,320,000〜1,644,500

    ボクシィでスクエアな外観デザインは、一見するだけで優れた居住性や積載性を想起させる。事実、ラゲッジの床下に装備した収納スペースは想像以上に広く確保され、利便性が高い。また大径タイヤのおかげで悪路もたくましく走る。

    【G/FF】
    ●ボディーサイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,630㎜ 
    ●車両重量:830㎏ 
    ●最低地上高:190㎜ 
    ●最小回転半径:4.8m 
    ●WLTC燃料消費率:21.4㎞/ℓ

    フロアボードには、汚れが付きにくい加工も施されている。

     

    モーターの上質で力強い走りが癖になる

    日産/キックス

    ¥2,998,600〜3,670,700

    image

    日本導入から3年あまり、途中で4WDモデルが追加され、e-POWERのパワートレインが改善。さらにはインテリアの質感が向上したりと、確実に進化している。コンパクトなSUVボディーに日産の安全快適装備がぎっしり。なお
    ’24年、新型登場の情報あり。

    【X スタイルエディション/FF】
    ●ボディーサイズ:全長4,290×全幅1,760×全高1,605㎜ 
    ●車両重量:1,360㎏ 
    ●最低地上高:170㎜ 
    ●最小回転半径:5.1m 
    ●WLTC燃料消費率:23.0㎞/ℓ

    image

    力強く個性的な表情が魅力。荷室の広さや使い勝手に不満を感じることがない仕上がり。

    俊足を活かして都市からフィールドへ、快適移動

    トヨタ/ヤリスクロス

    ¥1,896,000〜2,936,000

    image

    燃費の良さで人気のヤリスをベースに全長や全幅を拡大し、ボディーをひと回り大きくしたコンパクトSUV。変更はホイールベース、トレッドの拡大だけでなく、最低地上高のアップでは170㎜を確保。

    【ハイブリッド Z/FF】
    ●ボディーサイズ:全長4,180×全幅1,765×全高1,590㎜ 
    ●車両重量:1,190㎏ 
    ●最低地上高:170㎜ 
    ●最小回転半径:5.3m 
    ●WLTC燃料消費率:27.8㎞/ℓ

    image

    image

    通常時の荷室奥行きは820㎜、幅は1,400㎜で使い勝手抜群。

    アイデアが詰まった遊べる商用バン

    ホンダ/N-VAN

    ¥1,337,600〜1,959,100

    運転席以外のシートを床下に収納できるため、遊び道具をたくさん積むことができる。また、多彩なシートアレンジで、車中泊は快適そのもの! 全グレードに先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備しているのもうれしい。

    【+STYLE FUN/FF】
    ●ボディーサイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,945㎜ 
    ●車両重量:960㎏ 
    ●最低地上高:155㎜ 
    ●最小回転半径:4.6m 
    ●WLTC燃料消費率:19.2㎞/ℓ

    選べるボディーカラーは8色。フィールドで映えるものも!

     

    スポーツ心にあふれた専用装備がいっぱい

    VW/T-ROC

    ¥4,172,000〜6,644,000

    image

    VWブランドとして初のコンパクトSUV。ゴルフをベースにした仕上がりの良さで輸入SUVとしては高い人気を誇る。ガソリンエンジン2種、ディーゼルエンジン1種のラインアップで、走りを支える。

    【TSI Style/FF】
    ●ボディーサイズ:全長4,250×全幅1,825×全高1,590㎜ 
    ●車両重量:1,320㎏ 
    ●最低地上高:――㎜ 
    ●最小回転半径:5.0m 
    ●WLTC燃料消費率:15.5㎞/ℓ

    image

    image

    荷室の容量はVDA計測で445ℓ。床面の高さは2段階調整可。

     

    問い合わせ先:

    トヨタ自動車  TEL:0800-700-7700 
    日産自動車         TEL:0120-315-232 
    ホンダ                 TEL:0120-112-010 
    ダイハツ             TEL:0800-500-0182 
    スズキ                 TEL:0120-402-253 
    フォルクスワーゲン      TEL:0120-993-199 

    ※車両価格はすべて取材時点のものです。ただし、ホンダ・N-BOXのみ正式価格を反映しています。
    ※構成/佐藤篤司

    (BE-PAL 2023年10月号より)

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    太平洋に浮かぶ楽園=八丈島をスバルのSUV「クロストレック」「アウトバック」で走ってきた

    2024.06.13

    スバル「レヴォーグ レイバック」試乗レビュー!"地面から200㎜"の余裕が行動範囲を広げるぞ

    2024.06.02

    オフロードで実感!ヨコハマタイヤ「ジオランダーA/T4」は週末のソト遊びにフィット

    2024.05.22

    北京のSUVがヤバいです! 仰望(ヤンワン)の「U8」は1200馬力でドローンまで搭載

    2024.05.20

    フォルクスワーゲンで一番人気の「T-ROC」、アウトドアフィールドでの使い勝手&走りはどう?

    2024.05.12

    ランドクルーザー250にランクル300のオーナー(ピストン西沢)が乗ってみた!

    2024.04.27

    夢はでっかくポルシェでキャンプ!「カイエン」ってこんなに楽しいぞ~

    2024.04.23

    キャンプにもレクサスがGOOD!コンパクトSUV「LBX」なら、どんなときもノンストレスだ~

    2024.04.19