アウトドアで麺料理を楽しめるお弁当箱!? サーモスが「そと麺」を新提案 | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ニュース

    2023.08.15

    アウトドアで麺料理を楽しめるお弁当箱!? サーモスが「そと麺」を新提案

    お弁当に麵料理を持っていきたいけれど、麺が伸びることや温度管理の問題であきらめていませんか。

    つけ麺タイプなら麺が伸びてしまう心配は少なく、そうめんをお弁当にすることもありますが、ラーメンやうどん類をお弁当にするのはハードルが高いですよね。

    そんな麺好きにうれしいお弁当箱がサーモスから新登場です。発表会で、その魅力をチェックしてきました。

    サーモスが「そと麺」を提案する理由

    サーモス「ヌードルコンテナー」の特徴について説明するサーモス株式会社 マーケティング部 商品戦略室 企画課 企画第1グループ リーダー 佐々木新さん。

    今までお弁当として持ち運びがむずかしかったものを、おいしい状態で持ち運べることで新たなランチスタイルを提案したいと考え、新しいお弁当箱の開発に着手したサーモスの新提案が「そと麺」です。

    その名の通り、外で麺料理を楽しめる画期的なお弁当箱。

    サーモスで実施した「お弁当を作るうえでの悩み」の調査結果で、「おかずを数種類用意する」「メニューを考える」ことが上位だったことから、準備が手軽かつ1品で満足できる麺料理に着目したそう。

    以前から麺をお弁当箱に入れ、保冷・保温のジャーにスープを入れて持ち歩いていた人もいると思いますが、筆者の経験からすると、温かいスープを麺が入った容器に移すと、結構温度が下がります。あつあつの麺料理を期待していると、残念なことに…。もちろん、初めからスープに麺を入れた状態で持ち歩くと、ふやけてしまい、もっと残念なことに…。

    そんな、外で麺を食べるための問題をクリアして誕生したのが、サーモス「ヌードルコンテナー JEC-1000」です。そこには、麺を外でおいしく食べる工夫がいっぱい詰まっていました。

    温度だけでなく、食べるときの快適さにも配慮された設計

    サーモス ヌードルコンテナー(JEC-1000) スープジャー実用量 0.36L/容器容量 0.7L カラー ベージュ・ネイビー 9,900円(消費税込み)※2023年8月21日発売。

    「サーモス ヌードルコンテナー(JEC-1000)」は、保温・保冷ができる360mLのスープジャーと、常温で1人前の麺約200gが持ち運べる容器本体、トッピングやおかずを入れるうち容器、それらを入れられる断熱構造のポーチがセットになっています。

    容器本体の表面には持ちやすい凹凸があり、口元は、口当たりを考えネジが当たらない設計になっています。

    スープジャーは、通常のタイプより口径を狭くすることで、つゆの温度を高く保ち、麺とつゆを合わせたときに温かく、おいしく感じられる温度を実現したそうです。

    容器本体は、ちょっと大きめのスープジャーのように感じます。一般的に生麺のうどん1人前が120gのため、麺にスープを注いでも十分なサイズです。

    サイズは大きいですが、持ちやすいように表面が凸凹になっていました。これなら、汁物をこぼしにくいですね。

    また、食べるときの口当たりにもこだわり、容器本体の口元にネジが当たらない形状に。スープジャーで食べるときに直接口をつける部分が、ステンレスのネジになっていることが気になっていた筆者にとって、これはうれしい。

    ちょっとした違いかもしれませんが、グラスを変えることでビールがおいしくなるように、口当たりは重要で、麺料理をよりおいしく食べられるのではないかと感じています。

    ヌードルコンテナーの使い方。

    使い方は、簡単。本体容器に麺類を入れます。

    内容器には、トッピングやおかずを入れ、麺の上にセット。スープジャーには熱々のつゆを入れ、ポーチに入れれば準備OKです。食べる直前に、つゆを麺にかけ、トッピングをのせればでき上がりです。

    麺料理だけでも、さまざまなアレンジができるため、お弁当のメニューに悩んできた人にとっては画期的な商品。麺好きの人も、今までよりおいしく、手軽に麺料理を楽しめますよ。

    ステンレスボトルの回収サービスにも注目

    ステンレス魔法びんの回収、リサイクルを行っています。回収場所は、二子玉川ライズ店(東京都)、マークイズみなとみらい店(神奈川県)、テラスモール湘南店(神奈川県)の3店舗。※2023年8月現在。

    また、サーモスでは、ステンレス製魔法びんの回収も行っています。

    回収場所は、関東エリアのサーモス直営店3店舗です。回収されたステンレス魔法びんは、リサイクルされ、新たな製品へと生まれ変わります。

    今回の新製品発表会の会場でも回収ボックスが設置されていました。新たなステンレス製品を購入するときに、今まで愛用してきたステンレス製品を不燃ごみに出すのではなく、回収ボックスに入れることで循環が生まれます。

    筆者はヌードルコンテナーを自宅に迎え入れようと考えているため、10年以上ヘビーユースしたステンレスボトル数本を、回収ボックスに入れてきました。

    循環の仲間入りをすることで、やさしい気持ちで、アウトドアで麺を楽しめる気がします。

    サーモス「ヌードルコンテナー JEC-1000 」
    価格:4,950円(税込)
    容量・サイズ:1L
    カラー:ベージュ、ネイビー

    サーモス
    https://www.thermos.jp/

    私が書きました!
    ロハスジャーナリスト。フリーアナウンサー。
    林ゆり
    関西を中心にテレビ、ラジオ、舞台などで活動後、東京に拠点を移し、執筆も始める。幼いころからオーガニックに囲まれて育ち、MYLOHASに創刊から携わる。LOHASを実践しながら、食べ物、コスメ、ファッションなど、地球にやさしく、私たちにもやさしいものについてWeb媒体やブログで発信中。

    NEW ARTICLES

    『 ニュース 』新着編集部記事

    NEWS・小山、よゐこ・濱口のキャンピングカー展示も!「TOKYO OUTDOOR SHOW 2024」追加情報出たっ

    2024.06.20

    いまハニワが熱い!史上最大の特別展「はにわ」の必見埴輪7選

    2024.06.13

    BE-PALでもおなじみの人気絵本作家・村上康成さんの個展が静岡県・三島市で開催!【6月15日~佐野美術館】

    2024.06.07

    BE-PAL7月号付録「コンパクト・アウトドアチェア」の組み立て方&たたみ方を徹底解説!

    2024.06.07

    無印良品の「キッズサマーキャンプ」が復活!夏休みに本気の外あそび、体験してみよう

    2024.06.05

    公用語は英語!この夏、子供サマーキャンプ「CAMPLIFIRE」で一生の思い出つくりませんか?

    2024.06.02

    アウトドアフィールドを巡る移動本屋さん登場!CAMP with BOOKSプロジェクトがスタートしたぞ

    2024.05.13

    6月に観たい映画2選!『アニマル ぼくたちと動物のこと』『告白 コンフェッション』

    2024.05.13