小さな僕の、大きな冒険!父と息子のMTBダウンヒル体験レポートin 静岡・松崎町 | 自転車・MTB 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自転車・MTB

    2023.06.30

    小さな僕の、大きな冒険!父と息子のMTBダウンヒル体験レポートin 静岡・松崎町

    image

    MTBがあれば、山の中を駆け巡る快感が楽しめる。安全に遊ぶには、基本的なライディング術を身に付けるのが不可欠。インストラクターの下、父と小学3年生の息子がダウンヒルに挑戦した。

    西伊豆古道MTBトレイル in 静岡 松崎町

    image

    体験者の和田 大さん(左)は東京で生まれ、34歳のときに修善寺に移住した。MTBはほぼ初めて。今回は、軽くて取り回ししやすいカーボンのフルサスバイク「ロッキーマウンテン/インスティンクト」をレンタル。息子の和田 晴くん(小学3年生・中)はレスリングクラブにも通う元気いっぱい男子。ジュニアサイズのMTB「コナ/マケナ 20」は、エアスプリング式フォークを備えた本格モデルだ。そして指南役は、MTBツアーを主催する「ヤマブシトレイルツアー」代表の松本潤一郎さん(右)。「ヤマブシトレイルツアー」住所:静岡県賀茂郡松崎町松崎379-2 TEL:0558(36)3701  https://yamabushi-trail-tour.com/  ※休日やツアープランなどはホームページにて

    親子ではじめてのMTBダウンヒル

    伊豆半島の西側、駿河湾に面する松崎町は、海越しに富士山が一望できる景勝地として有名だ。多くのマリンスポーツ愛好者で賑わうこの地だが、実は町の64%は山林で、かつ、西伊豆エリア最大の平野を有する。そんな海も山も里も楽しめる絶好の場所に、山林の古道を再生させて、MTBツアーを主催するのが「ヤマブシトレイルツアー&西伊豆古道再生プロジェクト」代表の松本潤一郎さんだ。
     
    松本さんにガイドしてもらって、親子ではじめてのMTBダウンヒルに、同じ伊豆の修善寺に住む家具職人の和田大さんと小3の晴くんが挑む!

    「自信は80%ぐらいかな」と、始める前はワクワク感のほうが高い晴くんだったが、「あそこにも行くよ」と、牛原山の山頂を指さす松本さんに、「……。道とかあるの?」と、顔が徐々にこわばってきた。

    何はともあれ乗り方から学ぶ

    image

    足は平行に。

    image

    いつもとは違う乗り方に最初はとまどいつつも、徐々に慣れていく父と息子。「先生! こんな感じ ですか?」

    ショップでMTBをレンタルしたら、近くの平地で乗り方から教わる。普段の町乗りとは異なるライディングポジションをみっちり練習する父と息子。「お尻はもっと後ろにしましょう」と、松本さんの教えをしっかり反復練習した後は、主催側が用意したクルマにMTBを積んで、いざ牛原山へ。この山には松本さんたちが管理・整備するコースがあり、はじめてツアーに参加する人はここで練習するという。山の広場でコツをつかみ、自信が回復してきた晴くん。お父さんも「子供は慣れるのが早い」と、安堵している様子だ。

    牛原山の広場でコツをつかむ

    image

    展望台エリアには広場がありなだらかな斜面は練習にもってこい。教えてもらったことを何度も繰り返して、基本的なライディングを身につける。

    image

    ペダルは平行にしてバランスを取る(大事)。重心は後ろにかけて、ブレーキしても前につんのめんないように(とても大事)。

    【TIPS ダウンヒル、3つのポイント】

    1 足は平行に
    2 重心は後ろに
    3 ブレーキは右で

    普段のサイクリングとは違うので、 この3つは特に重要!

    image

    お尻はぐっと後ろに、後輪にかかるぐらいのイメージで。左のリアブレーキは走行中のバランス調整として使う。体がブレないよう中心を意識して。

     牛原山の第2ステージ、いよいよコースにチャレンジ! 全長360mのコースは、カーブや傾斜が連なる本格派。無理せず、ゆっくり進む和田親子を尻目に、地元の小学生がグイグイ攻めていった。それを見た晴くんは徐々にペースアップしていく。周回を重ねるにつれ、晴くんもお父さんも自信が確信へと変わりつつあった。気分は森林を駆ける、MTBライダーだ。ランチ休憩を挟んで挑む、古道トレイルが待ち遠しい!

    牛原山マウンテンコースで特訓だ!

    image

    「なかなかの ヘアピンカーブですよね(汗)」という父の前で、コツをつかみ、怖さもなくなってきた晴くんはグイグイと進む。飲み込みが早い!

    image

    「けっこうできるかも! 超楽しいよ~」と、気分はMAX。いやいや、本番の古道トレイルはこれからだぞ!

    image

    汗かいた後に飲む水は最高! 山のなかで空気も美味しい。「お父さんにも水をちょうだいよ」。

    待ってました! 海の幸のお昼ごはん

    image

    訪れたのは「民芸茶房 」。住所:静岡県賀茂郡松崎町松崎495-7  TEL:0558(42)0773 営業時間:7:30~15:00、17:00~20:30   定休日:不定休

    image

    新鮮な魚料理に舌鼓! お腹ペコペコの晴くんは、お父さんのおかずにも手を伸ばす。

    いよいよ本番、古道トレイルに挑戦だ!

    ツアーで使用する古道は、いにしえの人たちが生活道として使っていた場所で、行政が所有する森林や私有地を走る特別なコースだ。松本さんは古道の再生が地域の活性化につながることや、昔の人たちがどのようにしてこの道を使っていたかをふたりに教えてくれた。晴くんも遊びを通じて学びを得る、絶好の機会となったようだ。

    image

    再びクルマに乗って、一同、古道トレイルへ。

    image

    ここも絶景! 見晴らしサイコーだ。スタート前にラムネをもらってうれしい晴くん。

    image

    image

    険しい山道を生活道として使っていた昔の人ってスゴい! 古道トレイルでは、常にガイドの松本さんが先導する。その後をトレースするように進めば安全だ。

    image

    「転ぶなよ~」「 怖いけど楽しい!」

    image

    たまに転んだり (テヘ)。

    image

    何年も人が通ってできたのが、この深い谷!

    image

    かつて、馬やそりが通って切り開かれた道。自然と深い谷あいになっている。歴史を感じる場所だ。

    image

    難しい場所は無理せず歩こう。

    雨後のタケノコ発見!

    image

    前日の雨で、タケノコがにょきにょき出てきていた。危ないので整備(収穫)しよう。「晩ごはんに食べよう〜」。

    様々な古道コースがある中で、小学生でもチャレンジできるルートを選び、歴史を感じながらMTBで駆け下りる。難所は無理せず押して歩いて安全第一。コース上にあったタケノコは思いがけないお土産だ。古道整備にもなるし一石二鳥! お昼は海の幸、晩ごはんは山の幸だ。
     
    楽しい古道トレイルも、気づけばあっという間。ドキドキだったMTBダウンヒルは「また来たい!」という晴くんと、「このMTB、いくらぐらいするものなんですか?」というお父さんのハマりようで、幕を閉じた。

    山を下りたら里でポタリング

    image

    古道トレイルを駆け下りたら、のどかな田園をのんびり進む。

    image

    松崎町には旧家や歴史的建造物があり、見どころたっぷり。アップダウンがない道で6㎞ほどのポタリングを堪能した。

    歴史建造物で休憩

    image

    伊豆文邸は休憩所として開放されており、足湯もある。

    image

    訪れたのは「伊豆文邸 」住所:静岡県賀茂郡松崎町松崎250-1  開館時間: 9:00~16:00  入館料:無料  定休日:不定休

    山から海へ到着だ!

    image

    ゴールは松崎港。山と海、どちらの景観も楽しめるのがツアーの魅力だ。晴くんはまだまだMTBに乗って駆け回りたい様子。恐るべし体力!

    【MTBトレイルを楽しむポイント】

    トレイルコースでは無理な走りはしない

    コース上には私有地もあるのでガイドの指示で走行

    勢いだけでなく、ゆとりを持った走りを楽しむ

    ※構成/早坂英之(編集部) 撮影/三浦孝明

    (BE-PAL 2023年6月号より)

    NEW ARTICLES

    『 自転車・MTB 』新着編集部記事

    スポーツ自転車を楽しみつくせ!日本最大級のスポーツサイクルフェスティバル「CYCLE MODE RIDE2024」が3月大阪・4月東京で開催

    2024.02.09

    GORIXの自転車用フロントバッグはスマホやペットボトルをスマートに収納できる!

    2024.01.31

    マウンテンバイクとロードバイクの違いって何?クロスバイクとの違いもチェック

    2024.01.30

    アウトドアギアみたいな道具感と使いやすさに感動!あさひの電動アシスト自転車「LOGワゴンe」

    2024.01.24

    ロードバイクに乗るなら使ってみたい「ビンディングペダル」。普通のペダルとどう違う?

    2024.01.21

    スマホアプリで自転車を借りる「シェアサイクル」で千葉県印西市を走ってみた

    2024.01.09

    通勤にツーリングに。「ルートワークス」のハンドルバーバッグが多機能すぎ!

    2024.01.04

    ミズタニ自転車がメッセンジャーバッグブランド「クローム」とコラボ!バックパックは自転車と相性抜群

    2024.01.03