眠るときも着ていられるミレーの「ティフォン50000」で山キャンプを快適に【PR】 | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドアウェア

    2023.04.06

    眠るときも着ていられるミレーの「ティフォン50000」で山キャンプを快適に【PR】

    全天候型レインウェア「ティフォン50000」の魅力

    フランスの総合アルパインブランド「ミレー」が今年打ち出した"山キャンプ"。快適かつ安全に楽しむには、「ティフォン50000」のウェアが欠かせません!

    私がご紹介します!
    モデル&ジュエリー作家
    吉岡更紗(さらさ)さん
    CMや雑誌などで幅広く活躍。天然石を使ったジュエリーも製作&販売。登山と車中泊の旅が趣味。

     

    「山に登ってるときって、自然と深く呼吸をしている気がするんです。だからかな、歩くほど気分がスッキリしてくる。山のなかでひとりになる瞬間、木々や土との一体感を覚え、瞑想に近い気分を味わえるのも、私が山にハマってしまった理由です」

    と話してくれたのは、モデルの吉岡更紗さん。

    山登りをはじめたのは昨年の9月からで、まだまだ初心者。とはいえ、今年は南アルプスでのテン泊を目指し、毎週のようにひとり山に登り、トレーニングに励んでいる。

    「友人と一緒に行くのも楽しいんですが、仕事柄、いつ休みが取れるかわからない。思い立ったらすぐに行きたいので、ひとりのほうが計画を立てやすいんです」

    そんなとき頼りになるのが、自分の身を守ってくれる山道具。吉岡さんの道具選びは、第一に使いやすさ、そして軽量コンパクト。

    「最初は重量にはあまりこだわってなかったんですが、登山を重ねていくうちに、軽くて小さいモノは気分も楽になるんだって気づきはじめて。でも、ウェアに関しては着心地重視! 一日中身につけているものなので、快適性が大切ですよね」

    そんな吉岡さんがオススメするのが、ミレーのティフォン50000を使ったレインウェア。高い防水透湿性と快適な着心地を両立した高透湿防水ジャケットだ。独自に開発されたティフォン50000は、あらゆる天候で衣服内を常にドライに保つ。

    「手にした瞬間、思わず“軽い!”って声に出ちゃいました。レインウェアっていうと、ガサガサしたイメージなんですが、ミレーのティフォン50000ストレッチジャケットは、レインウェアらしからぬ“しなやか”という表現がピッタリ。薄くて動きやすいので、一日中着続けていられるのも魅力。まるでストレスがなくて、ホントに着心地がいいんです」

    イスに座っての休憩中も!

    風が強くてもカサカサ音がせず、寒くなってきたら上から防寒着を羽織ることもできる。そのまま寝袋に入って寝落ちしても違和感なし。細身のすっきりとしたシルエットは、タウンユースにしても遜色がない。

    ゴロリと寝転がっても! !

    ミレー/ティフォン50000 ストレッチ ジャケット¥31,900
    ミレー/ティフォン50000ストレッチトレック パンツ¥21,890

    適度なストレッチ性を備え、アクティブな動きに対応。高い防水透湿 性を備えるので、汗冷えの心配もない。全5色(ジャケット)/立体裁断とストレッチ性で動きやすさも抜群。スリムなシルエットでトレッキングパンツとしても活躍する(パンツ)

    50,000g/ ㎡ /24h と一般的なレインウェアの2~3倍もの透湿性を実現。耐水圧も20,000mmと十分な防水性能を持つ。

    ふんわり、しなやかでありながらストレッチが効いており、腕の上げ下ろしや足捌さばきも良くアクティブに動ける。

    裏地には15デニールのニット素材を採用し、シルクタッチで心地いい肌触り。滑らかで袖を通しやすいのも特徴。

    フードはサイズ調節が可能。ツバの下にフラップがあり、帽子の上からも引っ掛けられ、風雨の浸入を防ぐ。

    クルクルたたんでフードの中にコンパクトに収納可能。フードのコードで留めればザックにも収納しやすい。

    ハーネスに干渉しないよう、やや高めに配置されたポケット。内部がメッシュでベンチレーターの役目も担う

    また、ミレーが今年提案するのが“山キャンプ”。キャンプを頂上を目指すための手段としてではなく、山そのものを楽しむための遊びとして紹介する。

    「それ、いいですね。私の登山も登頂を果たした達成感というより、自然を感じて得られるスッキリした気分やリフレッシュ感を大切にしているので。今年の夏は、ティフォン50000のウェアを着て“山キャンプ”に挑戦したい。緑に包まれ、満天の星を見上げながら眠りたいですね」

    いろいろなアウトドアシーンに対応してくれる万能型ウェア、ティフォン50000で自然の中に出かけてみませんか。

    ミレーの提案する「山キャンプ」とは

    頂上を目指すための手段ではなく、山そのものを楽しむ「山キャンプ」。自然観察するもよし、コーヒータイムを楽しんだり、夜は星見と、山にいる時間を自由に過ごすのが醍醐味。山のなかで長い時間を過ごすことで、自然を身近に感じ、ダイレクトに向き合える。

    提供/ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン
    https://www.millet.jp/

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    「DOD」「niko and …(ニコアンド)」人気ブランド同士のスペシャルコラボが帰ってきた!

    2024.05.25

    「ユニクロ」で登山服はそろえられる?コスパ抜群のアイテムも紹介!

    2024.05.24

    大定番VS最新製品どっちがおすすめ?ウィンドシェルをプロがチェック

    2024.05.18

    春夏の登山にうれしい!finetrackのベースレイヤーに新色&半袖タイプが登場

    2024.05.18

    大雨にも耐える耐水圧10000㎜!GRIP SWANYのレインウェアで雨の日もソト遊びを楽しもう

    2024.05.17

    プリマロフトはどんな素材?特徴やおすすめジャケット・手袋を紹介

    2024.05.11

    アウトドアウェアはおしゃれで機能的!人気ブランド11選&おすすめアイテムを紹介

    2024.05.09

    【決定!】2024年7月7日(日)「BE-PAL SUV試乗会」をPICAさがみ湖で開催します

    2024.05.09