焚き火で「ネオ縄文土器」作ってみました! | 焚き火のコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火のコツ

    2017.03.17

    焚き火で「ネオ縄文土器」作ってみました!

    メイン

    1ランクアップの焚き火術! 焚き火で土器作り

    焚き火は秋のキャンプに欠かせないが、ただ火を燃やすだけではもったいない。イモ以外に焼くものはない? 

    てなわけで、思いついたのが、焚き火台で焼く縄文式土器だ。縄文文化に詳しい関根秀樹さんによると「勾玉(まがたま)などのアクセサリーや小皿、ぐい呑みなら、十分焼けます」とのこと。

    秋は(春も)気温も湿度も土器作りに最適。ただし成形は粘土が乾かないよう、風の当たらない場所で手早く行なおう。

    成形から乾燥、焼き上がりまでには待ち時間を入れて半日ほど。キャンプの遊びとしてももってこいだ。

    ネオ縄文式土器の作り方

    【材料】
    材料急冷に強い野焼き用粘土と粗めの砂を用意。砂の量は粘土の1~2割程度あればよい。

    NEW ARTICLES

    『 焚き火のコツ 』新着編集部記事

    知っておくと便利!着火剤代わりになるおすすめアイテム5選

    2024.05.31

    キャンプするなら知っておくべし!焚き火を成功させる「炭と薪の組み方」の基礎知識

    2024.05.26

    目指せカーボンニュートラル!「サステイナブルな焚き火術」を大公開

    2024.02.20

    でかいマシュマロを焼こう!キャンプでうまく焼くコツは?

    2024.01.29

    キャンプで簡単に火おこしする方法は?おすすめアイテム7選も紹介

    2024.01.28

    焼き芋のベストな焼き時間と温度は?4種類の焼き方でどれが一番美味しいかも検証!

    2023.12.25

    焚き火ができるテント4選。安全に使うための注意点も必ず押さえておこう

    2023.12.19

    Muthos Homuraブランドで話題の左右非対称刃「プロミネンス」に待望の左利き仕様が登場!

    2023.12.14