ワークマンの名品「綿防風防寒カーゴパンツ」徹底レビュー | 防寒ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 防寒ギア

    2023.03.11

    ワークマンの名品「綿防風防寒カーゴパンツ」徹底レビュー

    ワークマンカーゴパンツ

    筆者私物。

    リーズナブルな価格で高クオリティなプロダクトを輩出し続けるワークマン。キャンパーの皆さんでも愛用している方は多いのではないでしょうか。

    私もワークマンの綿防風防寒カーゴパンツを愛用しているのですが、寒い日に焚き火するときにとても便利です。

    • 綿素材なので火の粉が燃え広がりにくい
    • 防風撥水に加え中綿も入っていてしっかり防寒可能
    • ポケット多数でDカンがついている

    などの特徴を持っており、寒い日のキャンプにぴったりなカーゴパンツです。

    また防風撥水仕様かつ、厚みがあって頑丈なのでサイクリングやバイクでキャンプに出かける人にもおすすめ。

    この記事では、ワークマンの「ディアマジックダイレクトグラミテック綿防風防寒カーゴパンツ」について徹底レビューします。

    綿防風防寒カーゴパンツの特徴

    燃え広がりにくい綿素材

    綿素材で燃え広がりにくい。

    綿素材で燃え広がりにくい。

    キャンプでは必須と言ってもいいアクティビティといえば「焚き火」です。

    焚き火をする際には火の粉が飛んでくることもあり、それが服に付くと生地が燃えてしまうこともあります。火の粉が発生するかどうかは、薪の状態(水分量)に左右されるため、自分でコントロールするのにも限度があるでしょう。

    したがって、焚き火の際には化学繊維の服ではなく、燃え広がりにくい綿素材のものを身に付けておくのがベターです。

    火の粉がついても燃え広がりにくい。

    火の粉がついても燃え広がりにくい。

    どんなに気を付けていてもやはり火の粉は飛んできてしまいますが、このカーゴパンツなら上の写真のように、燃え広がることがないので安心です。

    しかも、中綿入りの多層構造になっているので、火の粉で表面の生地が燃えて穴が空いても、すぐさま肌が露出することはありません。火傷する心配も少なく、やがて火の粉はそのまま鎮火する構造になっています。

    安全に焚き火したいキャンパーには大変うれしい仕様でしょう。

    防風撥水に加え中綿も入ってしっかり防寒

    防風撥水加工が施されている。

    防風・撥水加工が施されている。

    このカーゴパンツには防風と撥水の機能も備わっています。風の強い日でのキャンプでも心強く、突然の雨に焦ることもありません。雨具を準備する程度の間は、雨水を弾いてくれます。

    中綿入りで温かい。

    中綿入りで温かい。

    さらに中綿入りで温かいため、寒い日のキャンプに最適です。生地は分厚く頑丈なので、筆者もこれを穿いてバイクにまたがり、房総半島の風となってキャンプに出かけています。

    ポケット多数でDカン付き

    ポケットも多数ついていてキャンプ向き。

    ポケットも多数付いていてキャンプ向き。

    こちらのカーゴパンツ、ポケットも多数ついており、左サイドには大きめのメッシュポケットがついています。カラビナやマッチ、自在金具など、ちょっとした小物をいれておくことができます。

    Dカン付きのポケットもある。

    Dカン付きのポケットもある。

    右サイドにはボタン付きのポケットがあり、そこにはDカンも取り付けられています。ここにピンチ付きのカラビナをぶら下げて、軍手や焚き火用の革グローブを挟む、という使い方ができます。

    バックル付きでベルトいらず。

    ベルトいらずの仕様。

    内包されているベルトでウエストのサイズは調整できるので、別途ベルトを用意する必要がない点も便利です。

    寒い日のキャンプに最適なカーゴパンツ

    寒い日のキャンプに最適なカーゴパンツ

    寒い日のキャンプに最適なカーゴパンツ。

    カーゴパンツ単体で見ると無骨そうな印象を受けますが、実際穿いてみると意外にシンプル、スタンダードなストレートパンツとしても着用できるアイテムです。

    私は、秋から新春にかけての肌寒い時期には普段着としてもこのパンツを穿いています。日常生活でも、キャンプでも穿いている。つまり、毎日穿いています。そのくらい溺愛しています。洗濯するタイミングがないほどです。そこが、この製品唯一の欠点かもしれません。

    肌寒い日のキャンプはもちろん、日常生活でも使えて非常に便利なアイテムなので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

    それでは、次はキャンプ場でお会いしましょう。

    ワタナベ
    私が書きました!
    ライター・編集者
    渡邉彰大
    元製薬企業研究職・農家生まれの自然を愛するサイエンスライター。独立後、自然豊かな千葉県外房・海岸エリアに移住し、週1回ソロキャンプにでかける日々。多くの人が気軽にキャンプを始めて欲しい想いから、わかりやすい初心者向け記事執筆に情熱を注ぐ。完全初心者が手軽にキャンプを始めるためのキャンプコンサル、ソロに挑戦したい人向けのソロキャンプコンサルも行い、キャンプのハードルを下げるために活動中。キャンプにも役立つ?料理のYouTubeチャンネルも運営中。これまでの執筆記事一覧はこちらから。

    NEW ARTICLES

    『 防寒ギア 』新着編集部記事

    オールウェザーブランケットは超万能シート!使い方を紹介

    2024.05.09

    防寒グッズおすすめ14選!アウトドアも室内も暖かく過ごせるアイテムを紹介

    2024.03.06

    冬キャンプよりお手軽なのだ!「雪中ピクニック」の楽しみ方をご紹介

    2024.01.20

    冬はほっこり雪さんぽ! 大人の外遊びウェアはこれが正解だ

    2024.01.19

    寒さ対策を万全にしておうちキャンプ&お外ご飯を楽しんでみませんか?

    2024.01.17

    ワークマン「洗えるフュージョンダウン」があれば冬キャンプもぬくぬくだ!

    2024.01.10

    ダイソー湯たんぽのアウトドアでの実力は?セリアと3COINSの湯たんぽとの比較も

    2024.01.07

    欲しい!高品質&エコフレンドリーなMOSS TENTSのデザイナー生誕100周年記念限定ブランケット

    2023.12.11