2年かけて開発!アウトドアで美味しいお茶を飲むなら「紙の急須」しかない! | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2023.03.01

    2年かけて開発!アウトドアで美味しいお茶を飲むなら「紙の急須」しかない!

    急須を使って淹れることで、芳醇な味や香りを楽しむことができる日本茶。そんな本格的な日本茶を、急須を使わず、場所を選ばず、気軽に堪能できるのが「紙の急須」だ。

    数回折るだけで急須と同じ構造に

    「紙の急須」は、文字通り「紙」でできた急須。A4サイズの1枚の紙で、折り目に沿って数か所を折るだけで使用可能となる。素材のミルクカートン紙は牛乳パックと同じ素材なので防水性に問題なく、使用後の片付けも簡単。1回(3煎まで)使い切りなので、衛生的だ。軽くてかさばらず、割れないので、アウトドアなどシーンを選ばず、ティーバッグとは一味違う日本茶を味わうことができる。

    山折りと谷折りを数回繰り返せば完成(左端が完成した状態)。

    山折りと谷折りを数回繰り返せば完成(左端が完成した状態)。

    「紙の急須」を手掛けたのは、プロダクトデザイン事務所「UO」、コミュニケーションデザイナーの坪野健二郎、そして創業120年を越える静岡県の製茶問屋「丸松製茶場」。急須内で起こる茶葉の対流によって葉がきちんと開き、風味や香り、成分を十分に抽出できるよう、2年の歳月をかけて研究・開発されたという。

    ティーバッグと異なり、急須内で茶葉の対流が起こる(イメージ)

    ティーバッグと異なり、急須内で茶葉の対流が起こる(イメージ)

    商品パッケージ。

    商品パッケージ。

    紙の急須

    • 価格:1枚入り550円、3枚入り990円、5枚入り1,500円
      ※別途送料(オフィシャルECサイトの場合140円~)

    オフィシャルECサイト

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    最大2mの水中で2時間使える!水辺アクティビティにもおすすめの骨伝導イヤホン発見

    2024.05.22

    トレッキング中ちょっとした雨をしのぐ、晴雨兼用の傘&レインハット16選!

    2024.05.20

    キャンプに必携!マダニに噛まれたら…電気ショックで気絶させる「エレクティック」

    2024.05.19

    約175gと軽量かつ丈夫!晴雨兼用の折りたたみ傘はトレッキング仕様がおすすめ

    2024.05.18

    「SNS映えする」と人気上昇中!キャンプに連れていきたくなる萬古焼の「蚊やり豚」

    2024.05.17

    100均のセリアで発見した「香りで虫除けシリーズ」を屋外で試してみた

    2024.05.16

    ダイソーの「圧縮バッグ」にどれくらい入るのか検証してみた!

    2024.05.13

    浮く、大容量、暗闇で光る…!? 使い方に合わせて選べるおすすめ防水スマホケース6選

    2024.05.12