アウトドア好き必見!世界が注目する「ポートランド」が部屋になった! | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ニュース

    2017.03.09

    アウトドア好き必見!世界が注目する「ポートランド」が部屋になった!

    01_メイン画像のコピー

    都市部に暮らしながら、アウトドアを楽しむ。
    そんな理想の暮らしをテーマにした賃貸ルーム「アーバンアウトドアルーム」が完成した。リフォーム・リノベーション会社の朝日リビングと、コロンビアスポーツウェアジャパンの共同開発により誕生した、とっておきの2部屋だ。

    「新しさ」と「古さ」、「都市」と「自然」がコラボする街=ポートランド

    「『コロンビア』ブランド発祥の地、オレゴン州ポートランドは、自然と共存するスローライフの街。全米で一番住みたい街とも言われています。DIYやクラフトビールなど独自のカルチャーを持っていて、日本でも注目が高まっています。そこで、ポートランドの街並みやカルチャーをデザインに反映してもらいました」(株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン マーケティング部 新井春菜さん)

    マウント・フッドが見守るポートランドは人口約60万人、面積は約375平方キロメートル。日本の都市と比較すると、栃木・宇都宮市をややコンパクトにしたイメージだ。

    大都市ではないが、ポートランドからシアトルにかけては“シリコン・フォレスト”という別名を持つハイテク産業の中心地。一方、市内にはサイクリングコースが整備され、ウィラメット川ではカヤックを楽しめるという、アウトドア好きにはたまらない環境が広がる。

    02-PDX_1016

    快適さを追求した最新ハイテク施設ばかりではなく、自然はもちろん、古いものがしっかり残るポートランドの街並み。クリエイターが集うのは古い倉庫街を再開発したエリアだし、ポートランド国際空港にあるカーペットは30年以上前から同じ柄で補修を重ねてきたもの。新しいものと古いもののコラボが生み出す居心地のよさが、人々を魅了する。

    03-PDX_1635

    サイクリングを楽しむ人が多いため、カフェには自転車用スタンドも当然用意されている。

    「アーバンアウトドア」がテーマの部屋

    そんなポートランドをイメージした「アーバンアウトドアルーム」が、こちら。

    01_メイン画像のコピー

    古びたレンガをイメージした壁紙、錆びたパイプを模した棚など、リノベーションしたばかりの新しさではなく、エイジングの魅力を打ち出しているのがおもしろい。

    04-BLK_3016

    ポートランドらしい“新旧コラボ”を表現するためにレンガ風壁紙を一から作成。寂れた雰囲気は、木製のコットやテーブルはもちろん、メタルのボックスとも相性よし。

    05-IMG_3548のコピー
    スイッチプレートもこの通り。壁紙になじませ、悪目立ちしないようにデザインしている。

    06-BLK_2992
    作り付けの棚。鉄パイプを使っているように見えるけれど、壁の強度を考慮した樹脂製パイプだ。ここに、エイジング加工を施した棚板を渡している。ランタンや古いシングルバーナーなんかを飾りたくなる。

     

    07-PDX_0438

    ないものは作る!
    DIYゴコロをくすぐる仕掛けも

    「ないものは作る」というDIY精神が根付いたポートランドでは、手作り&リサイクルが生活の一部となっている。

    ポートランドのDIY精神は、ファニチャーやウエア造りにとどまらず、クラフトビールやカフェなど「食のDIY」へと進化中だ。

    PDX_1636DSC_1508

    写真の「Coava」は、家具工房と協業するなど「クラフト&ホスピタリティ」がテーマに掲げ、ポートランダーたちから熱く支持されている人気のカフェ。

    「アーバンアウトドアルーム」の一面は、手軽に自分らしくアレンジできるように「有孔ボード」を設置している。じつは、これもポートランドのDIYカルチャーを反映させた結果だ。

    09-BLK_2978

    かつて「コロンビア」のマザー、ガート・ボイル会長が、夫のために「マルチポケットフィッシングベスト」を発明したように、ポートランドでは「ないものは作る」のが当たり前。ポートランド的なDIYカルチャーを、この部屋でも体験できるというわけ。

    08-PDX_0419
    日本の賃貸ルームは壁への穴開けなどもってのほかだが、「アーバンアウトドアルーム」で採用した有孔ボードなら、気軽にDIY気分を楽しめるのだ。

    フックを使ってお気に入りのウエアや写真を飾るのはもちろん、ペグハンマーや寝袋を飾ってもサマになる!

    コロンビアが提案するコンセプトルームは、快適で便利な暮らしも、アウトドアもあきらめないポートランドの文化がギュッと詰まった部屋になっている。

    春からの新生活、ここからはじめるのも悪くない!

     

    ◎「アーバンアウトドアルーム」の物件情報はこちら!

    コンセプト賃貸に住もう
    https://consumo.jp/concepts/columbia_collabo/

    ◎文=大森弘恵

    NEW ARTICLES

    『 ニュース 』新着編集部記事

    NEWS・小山、よゐこ・濱口のキャンピングカー展示も!「TOKYO OUTDOOR SHOW 2024」追加情報出たっ

    2024.06.20

    いまハニワが熱い!史上最大の特別展「はにわ」の必見埴輪7選

    2024.06.13

    BE-PALでもおなじみの人気絵本作家・村上康成さんの個展が静岡県・三島市で開催!【6月15日~佐野美術館】

    2024.06.07

    BE-PAL7月号付録「コンパクト・アウトドアチェア」の組み立て方&たたみ方を徹底解説!

    2024.06.07

    無印良品の「キッズサマーキャンプ」が復活!夏休みに本気の外あそび、体験してみよう

    2024.06.05

    公用語は英語!この夏、子供サマーキャンプ「CAMPLIFIRE」で一生の思い出つくりませんか?

    2024.06.02

    アウトドアフィールドを巡る移動本屋さん登場!CAMP with BOOKSプロジェクトがスタートしたぞ

    2024.05.13

    6月に観たい映画2選!『アニマル ぼくたちと動物のこと』『告白 コンフェッション』

    2024.05.13