ペグハンマーでキャンプをもっと快適に!選び方とおすすめ10選を紹介 | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    道具・ギア

    2023.03.15

    ペグハンマーでキャンプをもっと快適に!選び方とおすすめ10選を紹介

    キャンプの際、ペグ打ちに特化したハンマーがあれば、テントやタープの設営と撤収が楽になります。ヘッドの素材や持ち手の形、ハンマーの重量など、使いやすいペグハンマーを探しましょう。アウトドアにおすすめなペグハンマーを10商品紹介します。

    キャンプにはペグハンマーがおすすめ!

    キャンプを楽しむためには、テントやタープをスムーズに設営したいものです。ペグハンマーを使うと、設営や撤収が楽になり、時短や効率化につながります。なぜペグハンマーを使うと、テントやタープの設営が楽になるのでしょうか。

    ペグハンマーの必要性

    テントやタープを設営する際に、ペグの打ち込みが上手くいかずに苦労したことはないでしょうか。テントに付属しているプラスチック製のハンマーや、石などでペグ打ちを行っている場合は、ペグハンマーを見直すと改善される可能性があります。

    ペグハンマーとは、ペグ打ちに特化したハンマーのことです。石が多かったり凍っていたりして硬い地面でも、少ない力で打ち込みやすくなります。

    多くのペグハンマーには、ペグを抜くのときに便利な『ペグ抜き』が付いています。ペグ抜き付きのハンマーなら、設営が楽になるだけでなく、撤収のときも便利です。

    ペグハンマーを選ぶときのポイント

    テントやタープの設営を効率化するためのペグハンマーは、どのように選べばよいのでしょうか。素材や形など、注目ポイントを紹介します。

    ヘッドの素材ごとの特徴

    ペグハンマーには、さまざまな素材のものがあります。まずは、ペグ打ちに最も重要なヘッドの素材について解説します。

    • 鉄・ステンレス(金属):耐久性が高く、強く打てる。ペグを傷付けやすい
    • 銅:ペグ打ち時の衝撃をやわらげ、ペグを傷付けにくい。ヘッドが変形しやすい
    • ゴム:ペグを傷付けず打撃音が静かで、比較的安価。劣化が早い
    • プラスチック:軽量で持ち運びが楽。打撃が弱めなので硬い地面に向かない

    金属製のハンマーは強く打てますが、柔らかいプラスチック製のペグを打つと、ペグが傷付く可能性があります。また硬い金属製のペグをゴム製のハンマーで打つと、ゴムハンマーが傷付いてしまいます。使っているペグの材質と、ヘッド素材の相性を考えることも大切です。

    ヘッド部に『ペグ抜きフック』が付いているかどうかもチェックしましょう。ペグのフックを穴に通すホール型、ペグのホールを引っ掛けるフック型、ペグの根元に引っ掛けるかぎ爪型があります。

    柄の素材と持ち手の特徴

    ペグハンマーの使いやすさは、柄の素材や持ち手の形も大きく影響します。

    柄が金属製の場合、強度・耐久性があり、汚れにくいことが特徴です。木製の柄は打撃時のショックを吸収し、使っているうちに味が出てきます。

    また、指をかけやすいように凹凸加工が施されていたり、握りやすいカーブ設計だったりすると、手にフィットするでしょう。使用中に手からすり抜けないように、手首にかけられるストラップが付いているものが安心です。

    重量の目安は、およそ300gから600gです。軽いものは持ち運びやすいですが、打ち込む際に力がいります。重さがあれば地面が硬くてもスムーズに打ち込めますが、荷物が重くなってしまうというデメリットもあります。

    しっかり打ち込める!鉄・ステンレス製ハンマー

    頑丈でペグを強く打ち込める、鉄・ステンレス製ヘッドのハンマーを紹介します。打撃面が変形しにくいので、ヘッドを交換する必要がありません。

    スノーピーク「ペグハンマー PRO.S」

    打撃部分がオールスチール製の、耐久性に優れたペグハンマーです。ヘッド後部にはペグ抜き用のフックとホールが設計されているので、どんな種類のペグにも対応します。

    持ち手は使い込むほど味が出る木製で、ブランドアイコンの刻印があります。打撃時に安心な、すっぽ抜け防止のベルト付きです。

    約650gとほどよい重みがあり、硬い地面にもペグを打ち込みやすいでしょう。サイズは、約3.5×12×29cmです。

      • 商品名:スノーピーク「ペグハンマー PRO.S」
      • スノーピーク公式オンラインストア:商品はこちら

    スノーピーク
    ペグハンマー PRO.S

    サイズ:φ35×120×290mm 重量:670g


    ogawa「TANZO ハンマー」

    硬くて強度のあるクロムモリブデン鋼を使用した、こだわりの新潟燕三条産ペグハンマーです。クロムモリブデン鋼は錆に強く、自転車のフレームや航空機用部品にも使われる頑丈さを持っています。

    フックとホールが設計されているので、ペグ抜き時も困りません。あたたかみのある木製の持ち手は、握りやすいようにカーブしています。

    約850gと重めですが、少ない力でペグを打ち込めるのはメリットです。金属部分は約13cmで、全長は約28cmあります。

    • 商品名:ogawa「TANZO ハンマー」
    • ogawa公式オンラインストア:商品はこちら

    コールマン「ペグハンマー」

    ペグ抜きホールが付いた、スチール製ヘッドのペグハンマーです。スチール部はシルバー、持ち手はブラックで、クールな雰囲気を醸し出しています。

    持ち手部分のグリップは緩くくびれた握りやすい設計です。柄にはすっぽ抜け防止用のストラップが付いていて、取り外し可能なので、好みの紐に変更してもよいでしょう。

    重量は約560g、サイズは約8×30cmです。

    • 商品名:コールマン「ペグハンマー」
    • コールマン公式オンラインストア:商品はこちら

    コールマン
    ペグハンマー

    サイズ:約8×30(h)cm 重量:約560g


    ロゴス「パワーペグハンマー」

    硬い地面のペグ打ちに最適な、鋼製のペグハンマーです。ペグ抜きフックとホールが付いているので、テントを片付ける際にも重宝されます。ヘッドとストラップには、ブランドロゴが入っているのが特徴です。

    持ち手部分は握りやすいように、指型のカーブが付けられています。オレンジとブラックのバイカラーは明るく、どこに置いても見つけやすいのがメリットです。重量は約680g、サイズは約11.5×30.5cmあります。

    • 商品名:ロゴス「パワーペグハンマー」
    • ロゴス公式オンラインストア:商品はこちら

    ロゴス
    パワーペグハンマー

    総重量:(約)680g サイズ:(約)11.5×30.5cm


    キャプテンスタッグ「ソリッドペグ抜きハンマー」

    頑丈な鍛造ペグも簡単に打ち込める、鉄製のペグハンマーです。ペグ抜きフックが付いているので、ホールの付いたペグをスムーズに引き抜けます。

    持ち手はあたたかみのある天然木でできており、中央部にはブランドロゴが刻印されています。すっぽ抜け防止の紐が付いているため、使用中にハンマーが飛んでいってしまうことはありません。重量は約600gで、サイズは約3.7×11.4×30cmです。

      • 商品名:キャプテンスタッグ「ソリッドペグ抜きハンマー」
      • キャプテンスタッグ公式オンラインストア:商品はこちら

    キャプテンスタッグ
    ソリッドペグ抜きハンマー

    製品サイズ:(約)32×115×全長232mm 商品(左): 製品重量:(約)700g


    MSR「ステイクハンマー」

    信頼の高性能アウトドアギアを作り続ける『Mountain Safety Research(MSR)』製のペグハンマーです。ステンレス製のヘッドとアルミ製の持ち手で、総重量は約312gと軽量な仕上がりです。

    ヘッド部分に付いているのは、ペグ抜きフックとホールだけではありません。打撃面の下のくぼみは、ボトルオープナーとして使えます。約28.5cmのスリムなシルエットとシルバーカラーが、スタイリッシュな雰囲気を演出しています。

    • 商品名:MSR「ステイクハンマー」
    • MSR公式オンラインストア:商品はこちら

    MSR
    ステイクハンマー

    サイズ:28.5cm 重量:312g


    ニーモ「メルダーハンマー」

    人間工学に基づいたデザインのステンレスヘッドが特徴のペグハンマーです。ヘッドに付けられたわずかな傾斜は、しゃがんで行うペグ打ち作業の際に最適な角度になっています。

    ヘッド上部が平らなので、ヘッドを地面に付けて立てられます。ヘッド下部に肉抜き加工が施されており、地面に埋まってしまったペグを掘り起こすときに便利です。

    木製の持ち手下部には、鷹をモチーフにしたかぎ爪型のペグ抜きが付いています。栓を引っ掛ければ、ボトルオープナーとしても使えるアイテムです。重量約710gでずっしりしており、サイズは約4×8×30cmです。

    • 商品名:ニーモ「メルダーハンマー」
    • ニーモ公式オンラインストア:商品はこちら

    ニーモ
    メルダーハンマー

    サイズ・30cm  重量:710g


    長持ちで味が出る!銅製ハンマー

    ヘッド部分が柔らかい銅製で、腕への負担を軽減できるペグハンマーです。使い込むほどに味が出てくるので、長く愛用できます。

    スノーピーク「ペグハンマー PRO.C」

    スノーピークが打ち込みやすさ・叩きやすさに徹底的にこだわった一品です。ヘッドの打撃部に銅素材、そのほかの部分にはスチール素材を使用し、衝撃を吸収してくれます。

    ペグ抜きフックとホールが付いているので、ペグを打ち込みやすいだけでなく、抜くときにも便利です。持ち手には樫の木を採用し、ローレット加工で滑りにくく仕上げられています。

    ブランドロゴがおしゃれな、すっぽ抜け防止のストラップが付いているのもうれしいポイントです。重量は約670g、サイズは約3.5×12×29cmです。

    • 商品名:スノーピーク「ペグハンマー PRO.C」
    • スノーピーク公式オンラインストア:商品はこちら

    スノーピーク
    ペグハンマー PRO.C

    サイズ:φ35×120×290mm


    軽くて安全!ゴム・プラスチックハンマー

    リーズナブルな価格で購入しやすく、静かにペグを打てるゴムハンマーと、ペグを傷付けにくいプラスチックのハンマーを紹介します。耐久力は低いですが、比較的安全に使用できるペグハンマーです。

    ロゴス「ダブルヘッドハンマー」

    ソフトなゴム製とハードなスチール製のヘッドが付いているペグハンマーです。ペグの素材や地面の硬さなど、打ちたいものに合わせて打撃面を選べます。

    スチールヘッドは本体に一体化しているので、安定して使えます。ゴムヘッドは回すと取り外しでき、変形してしまったときは交換可能です。

    持ち手の底はキャップ式になっていて、中にフックを内蔵しています。ペグに付いた汚れや土をそぎ落としたいときに便利です。重量は約615g、サイズは約8.2×29cmあります。

    • 商品名:ロゴス「ダブルヘッドハンマー」
    • ロゴス公式オンラインストア:商品はこちら

    ロゴス
    ダブルヘッドハンマー

    総重量:(約)615g サイズ:(約)幅8.2×奥行29×高さ3.5cm


    キャプテンスタッグ「プラスチックペグハンマー」

    軽量でペグを傷付けにくい、ポリプロピレン製のペグハンマーです。プラスチック製のペグを打ち込むのに適しています。サイズは約4.5×8.7×26.5cmと一般的なペグハンマーと変わりませんが、重量が約140gとかなり軽量なのがメリットです。

    また、金属製のペグハンマーと比べて価格が低いのも魅力といえます。荷物を軽量化したい人や、試しにペグハンマーを購入してみたい人に適しているでしょう。

      • 商品名:キャプテンスタッグ「プラスチックペグハンマー」
      • キャプテンスタッグ公式オンラインストア:商品はこちら

    キャプテンスタッグ
    プラスチックペグハンマー

    サイズ : (約)87×45×長さ265mm 重量 : (約)140g


    まとめ

    テントやタープをスムーズに設営するために、ペグハンマーを見直してみましょう。

    ペグハンマーは名前の通り、ペグ打ちに特化したハンマーです。ヘッドや持ち手の素材ごとに特徴があり、ペグを打ち込みやすくなるので、設営の効率化につながります。ペグ抜きが付いたものなら、撤収の際にペグを抜くのも簡単になります。

    テントやタープの設営・撤収を効率化できれば、キャンプが一層楽しくなるでしょう。自分が使用しているペグと、設営スキルに合ったペグハンマーを選びましょう。

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    テントシューズおすすめ5選!モンベルほか人気ブランドのアイテムを紹介

    2024.07.23

    LOGOSのボディエアコンに手のひらサイズの最小モデルが登場したっ!

    2024.07.23

    グリップスワニーのテントなら焚き火もOK!タフでかっこいいソロ向けモデルを紹介

    2024.07.22

    サバティカル「モーニンググローリー」に注目!人気のシンセティックモデルを紹介

    2024.07.22

    BROOKLYN OUTDOOR COMPANYの新作は、サスティナブルかつスタイリッシュなチェア&テーブル

    2024.07.22

    ルーメナーのLEDランタンはここが凄い!商品ラインナップから特徴まで紹介!

    2024.07.21

    快適性も収納性も抜群!RATELWORKSのリクライニングチェア5つの魅力的なポイント

    2024.07.21

    フォールダーカップとお皿、カトラリーがセットに!ウィルドゥの便利な「パスファインダーキット」

    2024.07.21