Google製OSを搭載!アウトドアでの使用もバッチリな「TicWatch Pro 3 Ultra GPS」を試してみた | 時計 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • Google製OSを搭載!アウトドアでの使用もバッチリな「TicWatch Pro 3 Ultra GPS」を試してみた

    2022.10.27

    商品を身につけているところ
    スマートウォッチの進化が止まらない! 近年は独自OSを搭載したモデルが続々と登場し、なおかつ価格も有名ブランドのものを比べると控えめに設定されていることから買いやすくなってきた。運動やアウトドアでの使用に特化したモデルも増えている。
    そんな中、ついにGoogle(グーグル)が開発したWear os搭載のスマートウォッチも登場。今回はいち早くそのモデルを借りる機会があったので、実際に使ってみた。

    Wear osを搭載した、使いやすさを重視したスマートウォッチ

    商品を身につけたところ

    Movvoi「TicWatch Pro 3 Ultra GPS」¥35,999

    今回紹介するのは、中国・北京に拠点を置くMobvoi(モブボイ)という会社が開発したスマートウォッチ。同社はAI技術を活用した家庭用電子機器や音声認識、スマートウォッチを手かげるスタートアップ企業で、Googleから出資を受けて作られたモデルがこちらだ。

    アプリを開いたところ

    元々のデータと紐づけられるWear OSアプリ。

    一番の特徴が、Googleのサービスを連携させられること。TicWatchにGoogleアカウントを連携させれば、非接触型決済のNFC Type A/Bが搭載されているため、930日からVisaのタッチ決済やMastercardコンタクトレスなどを活用したGoogle Payが利用できるようになったほか、スマホアプリで健康状態を管理できる。

    設定したアプリ画面

    自分で運動の目標設定ができ、それに向けてサポートしてくれる。

    計測した内容が表示されたアプリ画面

    具体的な数値がアプリで見られる。

    実際に1週間使ってみた。運動不足である筆者は、運動目標を「強め」に設定して、それが平均としてどのくらい達成できるかをチェック。結果、1週間のうち2日しか目標を達成できていなかった(笑)。

    Googleアシスタントの画面

    ホーム画面から横にスワイプすれば立ち上がるGoogleアシスタント。

    また、Googleアシスタントがバッチリ使えるのも嬉しいポイント。オーディオやライトなどスマートホーム設定にしているものが声で操作できるほか、音声検索などもでき、ハンズフリーでいろんなことができてしまうのだ。

    以上はGoogleの機能を普段から使っている人にとって魅力的なポイントだが、そのほかにもいろんな機能を備えている。

    (1)心拍センサーによる具体的な健康管理

    心拍センサーの寄り

    裏に備えられた心拍センサー。

    心拍センサーは、いまや多くのスマートウォッチに搭載された健康ツール。同商品にも備えており、疲労スコアとエネルギー消費量の傾向から、現在の疲労度合いや精神状態を計測してくれる。

    計測中の画面

    血中酸素濃度の計測中。

    計測結果が表示された画面

    100%であれば十分に酸素を吸収できている証拠。

    心拍数の計測画面

    心拍数の計測中。

    計測を終えた画面

    休憩中や時間がある際に気軽に使える。

    家やオフィスにいるときはもちろん、運動後や健康診断前などにチェックして、自分の健康状態が正常であるか手軽に確認できるのは嬉しい。

    (2)運動モードは自動で計測が可能

    アプリ一覧の画面

    健康状態を計測できるデフォルトのアプリ。

    健康ツールとしてスマートウォッチを使う人も多いはず。TicWatchは、室内運動やウィンタースポーツ系など100種類もの運動モードがあり、シチュエーションに合わせて最適な運動チェックができる。

    測定中の画面

    ウォーキングモードで測定中。

    個人的に驚いたのが、家と編集部を行き来する際に、自動的にウォーキングモードが発動して距離と運動時間を計測してくれたこと。モデルによって毎回アプリを立ち上げる必要があり、「面倒だな〜」と感じることがあったが、同商品を使っていたら意図せず計測が始まり、感動を覚えた。

    (3)防水防塵性、そして耐久性は最高峰

    水を弾く時計

    犬のシャンプー時に身に付けてもバシバシ弾く。

    アウトドアウォッチの定番とも言える防水防塵性は、TicWatchにもしっかり備えられている。等級はIP68で、防水防塵性ともに最高レベル。ディスプレイのガラスは、アメリカのコーニング社が製造するゴリラガラスを採用し、優れた耐擦傷性と耐落下性を持つ。

    さらに、アメリカ国防総省が制定するMIL規格(810G)に準拠した厳しいテストをクリアし、高い標高や豪雨といった悪環境での使用も問題なし。アウトドアだと、急な天候変化や気温の変動でメカニック類が壊れないか心配になることがあるが、これなら問題なく使用できる。

    そのほかの良かった機能

    音楽モードの画面

    運転中に音楽モードに。

    健康と運動の機能や耐久性のほかに気になったポイントもご紹介。まずは運転中に流している音楽を、TicWatchの画面で操作できること。カーナビに目を下ろして操作すると、前方不注意になり心配な人は、腕を横にすればすぐにチェック・操作できる点で便利だろう。

    また、運転だけでなくスマホで流す音楽もこちらから操作が可能。特に、音楽ストリーミングサービス「スポティファイ」は同商品内のアプリからダウンロードができ、スマホを介さなくても同商品にBluetoothイヤホンを繋げばダイレクトで音楽を聴ける。

    電卓アプリ画面

    デフォルトで搭載されている電卓。

    次に、筆者にとってマスト機能の電卓アプリもあった。これをショートカット画面に入れておけば、ホーム画面で左にスワイプするとアプリを起動できるので、スマホや電卓を立ち上げなくてもすぐに計算できる。

    バンドの内側の寄り

    触り心地良好のバンド。

    使用するバンドは、高密度なゴム素材を使ったプレミアムフルオロゴム。長時間身につけても違和感を覚えず、耐熱性や酸化抵抗性、化学薬品などによる劣化防止に優れているため、アウトドアや旅行で快適に過ごせる。

    電池はどのくらいもつ?

    常時点灯モードの画面

    常時点灯モード。

    常時点灯モードを使い続けたところ、TicWatchは2日目の昼くらいにバッテリーが切れそうになった。公式ページによると、スマートモードで72時間(3日間)、基本モードで45日もつとされているので、おおむね合っていた。
    筆者はApple Watch、Amazfit3台を使った経験から、Amazfitはいずれも電池の持ちが非常に良く、一方でApple Watchは2日持たないくらいなので、順位としては同商品は中間にあたる。

    電波や使用環境によるが、1泊のキャンプなら問題ないが、2泊だとちょっと心配になるので、長期宿泊の場合はモバイルバッテリーを用意したほうがいいだろう。

    給電中の寄り

    裏面の片側に給電ポートを備える。

    なお、専用の給電コードで充電してみたところ、20%の残量からフルに戻るまで1時間と少しで終わり、給電スピードは速いと感じた。すぐに使いたい人にとっては、これは嬉しい要素だと言える。

    気になったところ

    英語表記の画面

    場合によっては英語表記に。

    TicWatchの良かったポイントを紹介したので、反対に気になったところも伝えておきたい。まず、Googleアカウントがない人が同商品と紐付けるためには、Mobvoi IDを作る必要がある。その際、日本語表記がないため厄介に感じる人が多いかもしれない。

    また、「TicHealth」や「TicExercise」といった同商品に備わるオリジナル運動アプリの記録を保存するためには、このMobvoi IDの登録がマストになる。

    通知画面の寄り

    ホーム画面から上にスクロールした通知画面。

    次に、同商品の中身をアップデートするためには、同商品をWi-Fiに直接繋ぐ必要がある。最新状態を維持したい人もいると思うので、場合によっては面倒と感じてしまうだろう。

    MobvoiやTicWatchと聞いてピンとこない人はいるかもしれないが、GoogleのOSが入っていると聞くと興味をそそられるだろう。もちろんGoogleを使っていない人でも手軽に使えるアイテムなので、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

    商品詳細

    Movvoi「TicWatch Pro 3 Ultra GPS」

    価格:¥35,999
    CPU:12nm クアッドコア A53 プロセッサー
    OS:Wear OS by Google
    GPU:1GB + 8GB

    Mobvoiの公式サイト
    https://www.mobvoi.com/jp

    私が書きました!
    『ロウホウ』代表
    小川迪裕
    アウトドア&ファッションメディアの編集者、ライター、コンテンツディレクター。雑誌、WEBメディアの編集と執筆に加え、ブランドのホームページやブックレットの製作も行う。日産・エクストレイルの上にルーフトップテントを載せて車上泊をするのがキャンプスタイル。愛犬のジャック・ラッセル・テリアと旅をするのが今の夢。https://www.michihiro-ogawa.com

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 時計 』新着編集部記事

    いざ冒険へ!マムートとプロトレックのサステナブルなコラボウオッチ

    2022.11.05

    デザインのモチーフはブッシュクラフト!PRO TREKの最新モデルがかっこいい

    2022.09.22

    1週間使ってみてわかった、新作スマートウォッチ「Amazfit T-Rex 2」の魅力とは

    2022.07.12

    充電不足を知らせてくれる、光を当てればすぐ動く! シチズンの「エコ・ドライブ」はとっても親切

    2022.07.09

    山やアウトドアで大活躍!アップルウォッチの便利な機能3選

    2022.05.21

    トレッキング用の時計おすすめ8選。求める機能や選び方を紹介

    2022.05.07