【長野修平の青空工房 第26回】森に「ウッドデッキ」をつくろうvol.2 | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

【長野修平の青空工房 第26回】森に「ウッドデッキ」をつくろうvol.2

2017.02.04

束を作る

DMA-_DSC7600

DMA-_DSC7611

 

束材2本を蝶番で連結。蝶番の取り付け位置を蝶番の大きさにナイフで削って凹みを作る。

DMA-_DSC7605

削った部分はサンドペーパーをかけて磨く。角材に巻きつけて使うと、磨きやすい。

DMA-_DSC7633

削った状態。接する3辺の角もナイフで落としておくと、欠けたりするのを防げる。

DMA-_DSC7641

蝶番を取り付ける。まずつける位置におき、ネジ留めをする部分に目打ちで印をつける。

DMA-_DSC7645

細いドリルの刃でガイドラインをあける。ネジ留めする場合、すべてこの前準備を行なう。

DMA-_DSC7665

木ネジを打って留める。スムーズに打ち込めないときは、ガイド穴を大きくするといい。

DMA-_DSC7738

束の連結が完成。溝を彫っておくと連結部が平らになり、ピッタリとたためる。

デッキができてきました!次回では、デッキの仕上げまで紹介します。

◎教えてくれた人

DMA-_DSC2188

長野修平さん
木を扱うことに長けた、ネイチャークラフト作家。山菜&焚き火料理も得意とする。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。