フィールドにはまだいる!海外で話題のUSB充電式蚊よけアイテムを携行しよう | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

フィールドにはまだいる!海外で話題のUSB充電式蚊よけアイテムを携行しよう

2022.09.15


夏が過ぎ、もう蚊に刺されることはないだろう……と安心するのは早い。成虫の活動時期は意外と長く、人を刺すピークは9月下旬までといわれている。蚊よけアイテムを携行しておくに越したことはない。

そこでおすすめなのが、海外のクラウドファンディングで2,000万円以上の出資を獲得した携帯型電子蚊取り器「Light Repel (ライトリペル)」。日本初登場となる、手のひらに収まるコンパクトなサイズで、アウトドアでの使用に最適な機能が充実している。

使用シーンに適した効果範囲と設置方法

「Light Repel」で使用するのは、蚊取りシート。市販のものも使用可能で、蚊取りシートを加熱することで蚊が嫌いな匂いを放出し、撃退する。蚊除けの効果範囲は、キャンプモードの3mとウトドアモードの9m。電源ボタンを押すことで、2つのモードの切り替えが可能だ。

市販の蚊取りシートに対応し、2枚同時に使うことも可能。

市販の蚊取りシートに対応し、2枚同時に使うことも可能。

重量はわずか42gで、持ち運びも手軽。本体にはカラビナのようなフックがあるので、衣服やバッグに付けたり、テント内に吊り下げることもできる。そのフックはスタンド代わりにもなり、自立させることも可能だ。

バッグに付けたり自立させたりと自在な使い方が可能。

バッグに付けたり自立させたりと自在な使い方が可能。

Type-CのUSBポートを備えており、モバイルバッテリーなどから充電可能。キャンプモードでは最長15.5時間、アウトドアモードでは最長7.5時間、使用できる。

本体の外装シェルは、1.2mの高さからコンクリート床に落としても破損しない、耐久性に優れた素材を採用。さらに、IPX4の生活防水設計なので、水しぶきがかかったり急な雨に降られたりしても安心だ(完全防水ではありません)。

IPX4の生活防水設計なので安心。

IPX4の生活防水設計なので安心。

Light Repel

  • サイズ:98×48×28mm
  • 重量:約42g
  • 動作温度:キャンプモード約110度、アウトドアモード約165度
  • 有効範囲:キャンプモード3m、アウトドアモード9m
    ※換気や風などの環境により異なります。
  • 防水性能:IPX4(生活防水仕様)
  • 価格:4,400円

https://corp.yocabito.co.jp/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。