暮らしの道具 松野屋|北海道産タモ材の懐かしちゃぶ台 | キャンプ用品 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

暮らしの道具 松野屋|北海道産タモ材の懐かしちゃぶ台

2015.12.09

シンプルでモダンだけど、どこか懐かしい。

その姿はまさにザ・ちゃぶ台。全国の熱血オヤジがひっくり返すアレだ。

小さめサイズなので、ひとり暮らしのテーブルにもいいし、来客時にも使える。

庭や縁側に出して、コーヒー&読書というちょっとした時間も、優雅に演出してくれそうだ。

天板は北海道旭川の天然タモ材。

かたくて粘りがある。天然木ならではの自然な風合いを楽しみたい。

【スペック】

直径62×高さ26㎝(収納時5㎝)、約4.5㎏。国産タモ材、鉄。日本製。※天然木のため、ひとつひとつ木目や風合いが異なります。

★松野屋について
1945年創業の荒物問屋。荒物とは、ほうき、ちりとり、ざるなどの簡単なつくりの日用品のこと。国内やアジアの町に直接足を運び、町工場や閑散期の農家などでつくられる日用品を仕入れると同時に、生産者とともに今の時代のニーズにあったオリジナル商品を開発している。

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプ用品 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。