やっぱり黒がいちばん!「ケルティ」の真っ黒デイパック | 日本の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • やっぱり黒がいちばん!「ケルティ」の真っ黒デイパック

    2016.11.04 b*p


    さまざまなフィールド系バッグを発売している「ケルティ」が、

    都市生活向けのアーバンラインをリリース。

    オールブラックのシリーズで、ボディもストラップも、

    そしてロゴマークもブラックに統一されている。

    容量18ℓの『アーバンデイパック』は、

    自然のなかで使うにはすこし違和感を感じるかもしれないが、

    都市部で使うにはむしろ使いやすい。

    旅行に行ったときのサブバッグにもいい。

    都市部をさっそうと歩く背中にこの「ケルティ」。

    アジアの都市部が似合いそうだ。

    荷物の少ない人なら、ふだん使いにもいい。

    黒いデイリーバッグはみんないくつか持っていることだろう。

    でも意外とここまでオールブラックにこだわった逸品はないのでは? 

    かなりクールな仕上がりになっているので、

    たまにはファッションもブラックでコーディネートして、

    “アーバンブラック”な日を楽しんでみよう。

    ★KELTYとは

    1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅でつくった

    29個のバックパック。それが「ケルティ」ブランドの始まりだ。

    現在では当たり前になっているウエストベルトで背部にテンションをかけるという

    基本概念はディック・ケルティによる発明である。

    熱狂的なアウトドアマンであった氏のこだわりは、機能性にも表れ、

    プロクライマーなどのプロユースを支えることになった。

    現在ではタウンユースとしても支持されている。

     

    KELTY|URBAN DAYPACK

    【スペック】

    縦48×横33×マチ幅18cm、容量約18ℓ。1260Dナイロン。フィリピン製。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 日本の旅 』新着編集部記事

    ファミリーにおすすめ!「晴天率80%」の長野スキー場なら子供とスノボ三昧だ

    2023.02.01

    寒い季節の内房といえば「夕陽ハント」と「水仙」。春先取りの千葉県鋸南町を旅してきた

    2023.01.19

    日本最南端の島「波照間島」に魅せられたシェルパ斉藤、18年ぶりの再訪!

    2023.01.06

    2022年最後の伊豆へ。グルメと温泉と絶景を味わいながら仲間たちと忘年!

    2022.12.29

    栃木・那須高原のおすすめ立ち寄りスポット4選と絶対買うべしお土産3選

    2022.12.15

    「そして日本海サーフトリップ」東田トモヒロの波乗り四方山話

    2022.12.12

    z