やっぱり黒がいちばん!「ケルティ」の真っ黒デイパック | 日本の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • やっぱり黒がいちばん!「ケルティ」の真っ黒デイパック

    2016.11.04 b*p


    さまざまなフィールド系バッグを発売している「ケルティ」が、

    都市生活向けのアーバンラインをリリース。

    オールブラックのシリーズで、ボディもストラップも、

    そしてロゴマークもブラックに統一されている。

    容量18ℓの『アーバンデイパック』は、

    自然のなかで使うにはすこし違和感を感じるかもしれないが、

    都市部で使うにはむしろ使いやすい。

    旅行に行ったときのサブバッグにもいい。

    都市部をさっそうと歩く背中にこの「ケルティ」。

    アジアの都市部が似合いそうだ。

    荷物の少ない人なら、ふだん使いにもいい。

    黒いデイリーバッグはみんないくつか持っていることだろう。

    でも意外とここまでオールブラックにこだわった逸品はないのでは? 

    かなりクールな仕上がりになっているので、

    たまにはファッションもブラックでコーディネートして、

    “アーバンブラック”な日を楽しんでみよう。

    ★KELTYとは

    1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅でつくった

    29個のバックパック。それが「ケルティ」ブランドの始まりだ。

    現在では当たり前になっているウエストベルトで背部にテンションをかけるという

    基本概念はディック・ケルティによる発明である。

    熱狂的なアウトドアマンであった氏のこだわりは、機能性にも表れ、

    プロクライマーなどのプロユースを支えることになった。

    現在ではタウンユースとしても支持されている。

     

    KELTY|URBAN DAYPACK

    【スペック】

    縦48×横33×マチ幅18cm、容量約18ℓ。1260Dナイロン。フィリピン製。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 日本の旅 』新着編集部記事

    千葉県・勝浦を大きく一周!電車で行って「駅からハイキング」してみた

    2023.11.16

    一年のうちで最も気持ちがいい!心も体も温まる「秋の海」へのお誘い

    2023.11.14

    今が紅葉の見ごろ!心地良き森のトレイルを歩いて世界文化遺産・比叡山延暦寺をめぐる

    2023.11.03

    小谷村「勝手に観光大使犬」の柴犬メルと行く秋の里山の旅・後編【災害救助犬コアと家族の日記 Vol.9】

    2023.11.03

    無人島でキャンプがしたい!初心者・上級者向けおすすめ無人島11選

    2023.11.03

    東シナ海に沈むサンセットから漁火を眺めて過ごす平戸キャンプ旅、最後の夜

    2023.10.25

    ダイナミックな自然と歴史的建造物!長崎・平戸の特別な風景満喫旅のすすめ

    2023.10.21

    飛行機&レンタカーで遠くのキャンプ場へ~2泊3日で楽しむ長崎・平戸キャンプ旅

    2023.10.20