やっぱり黒がいちばん!「ケルティ」の真っ黒デイパック | 日本の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 日本の旅

    2016.11.04

    やっぱり黒がいちばん!「ケルティ」の真っ黒デイパック

    b*p


    さまざまなフィールド系バッグを発売している「ケルティ」が、

    都市生活向けのアーバンラインをリリース。

    オールブラックのシリーズで、ボディもストラップも、

    そしてロゴマークもブラックに統一されている。

    容量18ℓの『アーバンデイパック』は、

    自然のなかで使うにはすこし違和感を感じるかもしれないが、

    都市部で使うにはむしろ使いやすい。

    旅行に行ったときのサブバッグにもいい。

    都市部をさっそうと歩く背中にこの「ケルティ」。

    アジアの都市部が似合いそうだ。

    荷物の少ない人なら、ふだん使いにもいい。

    黒いデイリーバッグはみんないくつか持っていることだろう。

    でも意外とここまでオールブラックにこだわった逸品はないのでは? 

    かなりクールな仕上がりになっているので、

    たまにはファッションもブラックでコーディネートして、

    “アーバンブラック”な日を楽しんでみよう。

    ★KELTYとは

    1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅でつくった

    29個のバックパック。それが「ケルティ」ブランドの始まりだ。

    現在では当たり前になっているウエストベルトで背部にテンションをかけるという

    基本概念はディック・ケルティによる発明である。

    熱狂的なアウトドアマンであった氏のこだわりは、機能性にも表れ、

    プロクライマーなどのプロユースを支えることになった。

    現在ではタウンユースとしても支持されている。

     

    KELTY|URBAN DAYPACK

    【スペック】

    縦48×横33×マチ幅18cm、容量約18ℓ。1260Dナイロン。フィリピン製。

    NEW ARTICLES

    『 日本の旅 』新着編集部記事

    気分はすっかり坂本竜馬!?アウトドア派も大満足な長崎・風頭山をめぐる幕末歴史探訪ハイキング

    2024.06.18

    香川・金刀比羅宮(ことひらぐう)の長~い階段を家族で何倍も楽しむ方法

    2024.06.08

    キャンプ飯に、お土産におすすめ!国井律子が教える外房・勝浦のマストバイなグルメ10選

    2024.05.23

    シェルパ斉藤、愛犬と軽バン「N-VAN」に乗って四国・徳島をめざす!

    2024.03.08

    マイナス10度の服装が知りたい!北海道の「北見厳寒の焼き肉祭り」で実感した必要装備と知識

    2024.02.28

    犬と雪遊びするのも楽しい!スノーハイキングのすすめ【災害救助犬 コアと家族の日記 Vol.13】

    2024.02.17

    日本のパワースポット10選。最強神社から癒しの自然スポットまで!

    2023.12.30

    シェルパ斉藤、1日1ℓの燃料でスーパーカブと中山道を旅する

    2023.12.07