フジロック、サマソニを抑えて「ニューアコ」が日経新聞夏フェスランキング1位に! | イベント・フェス 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

フジロック、サマソニを抑えて「ニューアコ」が日経新聞夏フェスランキング1位に!

2017.06.09

2017年5月6日の「日経新聞 NIKKEIプラス1」の「何でもランキング」で、フジロックやサマーソニックを抑えて、「夏フェスランキング第1位」に輝いたのが「ニューアコースティックキャンプ」(以下「ニューアコ」)

みなさん、「ニューアコ」って、ご存じですか?

え!? あのフジロックや、あのサマソニよりも上位なの? 

ということに、まず仰天させられますが、この日経新聞のランキングは、音楽やアーティストの魅力だけでなく、「子連れでも快適に楽しめる」という点を重視して調査した結果。

そう、昨今は、音楽好きの若者だけじゃなく、小さな子どもや若いママパパも楽しめる、のんびりピースフルな雰囲気のフェスがたいへんな人気なんです。

そんな「New Acoustic Camp 2017」が、今年も9月16日(土~17日(日)、群馬県水上高原リゾート200 ゴルフコースで開催されます。栄えある2017年・夏フェスランキング1位の魅力とは何なのか? ビーパル編集部『b*p』取材チームは、以下の3つの理由があるのではないかと考えています。

 

【ニューアコの魅力1】子どもが全力で楽しめる。

「ニューアコ」のコンセプトは、「わらう、うたう、たべる、ねっころがる」。ハンモックや芝生広場など、子どもたちが遊べるスペースがたくさんあります。

芝生のうえで子どもがはだしで遊べるほか、ハンモックやお絵描き、ラフティング、ポップコーン作り、ナイトトレッキング、星座観察など、ワークショップもたくさん。

 

 

おまけに、犬連れのお客さんも多いんです。

緑のなかで、子どもたちと犬が楽しそうにしている風景は、とてもよいものですよね。

【ニューアコの魅力2】音楽演奏はすべてアコースティック。

ニューアコの音楽ステージはアコースティック(生楽器)での演奏が基本。さまざまなアーティストが、いつもとはちょっと違うアコースティック・セットで演奏するのが特徴です。

いつもエレキギターのアーティストも、ニューアコではアコースティックギターで演奏。音色もちょっとゆるやかな感じになって、大人も子どももいっしょになってもりあがれるのが素敵なんですよ。

【ニューアコの魅力3】キャンプで焚き火やBBQを楽しめる。

そして、なんたってキャンプが楽しいんです、このフェスは。

キャンプが楽しいフェスとしては『朝霧JAM』が有名ですが、「ニューアコ」のキャンプサイトの快適さもそれに負けず劣らずすばらしいんです。広々としていて、比較的フラットな芝生。周囲には木立もあって、陽射しをよける場所もあります。


焚き火台やグリルを使えば、キャンプサイトで焚き火やバーベキュー料理が楽しめます。テントを張るスペースがゆったりと広く、タープや大型テントを張って仲間と大人数で楽しむグループが多いのも納得です。

音楽ライブのスケジュールもゆったり組まれているので、ライブは少しで主にキャンプをメインに楽しむリピーターの人も多いとか。

フェスなんてもう卒業したし……という人は、友達や家族とキャンプを楽しむためにいってもよいのではないでしょうか?

オフィシャルサイトで詳細をチェックしてみてください!

 

New Acoustic Camp 
(ニューアコースティックキャンプ)

http://www.newacousticcamp.com/

◎フェス会場撮影=福山楡青(2014年)、高橋郁子(2015年)、松井 進(2016年)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 イベント・フェス 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。